ちょっと旅に出ていまして…



更新が一日遅れました。



すいませんm( _ _ )m

2005-08-16 10:24:54

イリーガル・パワーゲーム

テーマ:エッセイ

そういやここは裏の世界。


のほほんとしていると、
ついつい忘れそうになるけどね。







その日―ある土曜の夜の事。

土曜の夜といえば、
庶民的娯楽施設のかきいれ時。

「藤沢」も例に漏れず、
満卓という混雑振りだった。


「おーい、澤ちゃん、コーヒーちょうだい」


「はーい、ただいまー」


次から次へと入る注文をさばきながら、
山の様に溢れかえる洗い物を片付けていく。


洗い終わったグラスを積み上げていたその時、
店内の喧騒に怒声が混じった。



やっべー、喧嘩かよ…。



他のメンバーや店長と目配せし、
皆で喧嘩を止めに入る。



口論をしていたのは、
川村さんと向井さんという二人の常連さんだった。


川村さんはガタイのいい建設業のおにいちゃん。


対して向井さんは、初老といってもいい年齢の、
小柄なおっちゃんである。
しかしこの向井さん、
暴力団関係に顔が利くとかで、
非常に血の気が多い困ったおっちゃんなのである。


どちらも、
ナメられたまま黙って引くような人種じゃない。
全く、やっかいな状況だった。


どうやら、麻雀中の態度について、
川村さんが向井さんに注文をつけたらしく、
向井さんは「若造の分際で」と喚いている。


そのまま、
あぶなっかしい睨み合いがしばらく続いたが、
店長が間に入って仲裁し、
向井さんが店を出て行ったので、
どうにかその場は収めることができた。


店内中に「はぁ~」という安堵の吐息が充満する。







もしかしたら意外に思われるかもしれないが、
「藤沢」ではこういうトラブルは少なかった。


まず、レートが低いので、
金銭的なトラブルが起こることはまずない。


小銭の受け渡しを間違えたくらいで大騒ぎするような人は、
初めからギャンブルなんてしないんだから。


そして何より、
雀荘の深夜営業は違法だという事を、
客も承知なのだ。


警察沙汰になるような面倒を起こしたら、
深夜の雀荘で賭博に参加している、
客自身も警察のごやっかいになるのである。


そんなワケで、
収集がつかなくなるような事態になることはまず無い。


しかしまぁ、それでもごく稀に、
事件性を含んだ事態に発展することもある。


そんな時に「警察」という力を頼むことはできないので、
そこはやはり違法営業をしている店、
裏稼業の人達とも繋がっている。
その力を揉め事に対する抑止力としているワケだ。


藤沢グループのバックは、
東京に本部を構えている、とある組だった。


藤沢グループの会長が、
以前その組の代打ちだったそうだ。
(代打ちとは、簡単に言うと、
 組の麻雀での稼ぎを請け負う人の事)


違法な組織の力が抑止力になるなんて、
何とも皮肉な話だが。


とはいえ、繰り返しになるが、
大きな揉め事なんてほとんど無いので、
バックの組の存在が表に出るような事は
まずありえないのである。


店で働いていたオレ自身、
その存在を感じたことはほとんど無かった。






その夜も、
向井さんが店を出て行った時点で、
普通なら問題は終わったはずだった。


ところがその一時間ほど後。


帰ったはずの向井さんが、
勢い込んで店に入ってきたのである。


向井さんは、
川村さんを店の外に連れ出そうとしだした。



嫌な予感…。



どうにか向井さんをなだめ、
オレ達メンバーがビルの一階まで降りていくと…。


案の定、どう控え目に見ても
チンピラにしか見えない男が5~6人、
ズラリと並んでいた。





テンゴ(千点50円)の庶民向けの店に、
ヤーさん連れて来るかよ普通…(泣)





オレ達は半泣きで、
とにかくひたすら頭を下げた。


どうか帰って下さい、と。


幸いにもそのチンピラ達は、
どうやらよく事情もわからずに
連れて来られたらしく、
店長が少し離れた場所に連れて行き、
何事か話し込んだ後、
おとなしく帰って行った。


こうなると向井さんも、
これ以上ゴネるわけにもいかない。


不承不承、といった感じで帰って行った。



こうしてこの件は、
どうにか事無きを得たのである。







それから数日後。


ひょっこり、
向井さんが店に顔を出した。


どうやら先日のことを謝罪しに来たらしく、
店長に頭を下げている。


店長は、まぁ済んだ事だし、と言いつつも、
向井さんに出入り禁止を告げた。
ああいう事を起こしてしまったのだから、
その処分は致し方ない所だろう。



向井さんの帰り際、
ふと彼の右手が目に入った。


…その小指の付け根には包帯が巻かれ、
そこから先は無くなっていたのだった。





後日聞いた話だが―


向井さんは、
あのチンピラたちが所属する組の、
幹部の友人だったそうだ。


チンピラ達にしてみれば、
幹部の友人に声をかけられたら、
一応ついて行かない訳にはいかない。


しかしついて行った先は、
他の組がバックに付いている店。


チンピラ達の組の上層部にしてみれば、
たかがテンゴの雀荘での小さな揉め事、
しかも組織外の人間が起こした事が、
他の組とのゴタゴタに発展するなんていう
バカげた話は笑い話にもなりゃしない。


結局向井さんは、組織外の人間のくせに、
勝手に組の若い衆を連れ出した、
その責任を負わされたということだった。







…虎の威を借るのも、ほどほどに。


うっかり前には狼がいて、
気づけば自分が虎に喰われ、
行き着く先は虎のクソ。


最後は銀蝿あたりの糧にしかならない。




彼等は、そんなに優しくないよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005-07-31 20:51:20

だから、吹き溜まりにいるんだよ

テーマ:エッセイ

オレたちゃ、不器用だから、ね。


もったいないって言われても、

バカみたいっていわれても。


こんな生き方しか、できねぇんだもん。









冷たい風が、街を刺すように練り歩く、

そんな季節のことだった。



「サワぁ、買出し付き合えよー。メシ、奢ってやっからさ」


夜番の仕事が終わったクタクタのオレを、

朝番の橋田さんが店の買出しに誘った。


何のことはない、店に荷物を運ぶ労働要員として、

オレをメシで釣ろうというのだ。


「んー、何奢ってくれるんスか?」


「ホカ弁だよ、ホカ弁。

 オレが上等なモン奢れるワケねぇだろ!

 それでも、付き合ってくれるよな、な?」


「しょうがないっすねぇ…(笑)」


ここまで拝むように頼まれたら、

年下のオレが断れるはずもない。


結局オレは、ホカ弁一個で、

時間外労働を引き受けることにしたのだった。




元々橋田さんは、『藤沢』系列店の、

高レートの店で働いていた。


だが、致命的な点があったのである。


それは麻雀に勝てない、という、

最も単純かつ深刻な問題だった。


高レートの麻雀で負け続ければ、

当然給料など残らない。


それで結局、

レートの低いウチの店に異動してきた、

というワケだった。


ウチでなら負けが込んでも、

給料が全部無くなる、

という事にはならないから…。




「サワぁ、そんじゃ、オレ先帰ってるよー」


買出しの準備を手伝うオレに、

同じ夜番の波多野さんが、

含みのある笑顔で手を振った。


ったく、オレだって早く帰りたいっつーの…


オレはたぶん、相当うらめしそうな顔で、

エレベーターに乗る波多野さんの背中を見つめていたと思う。




波多野さんは、橋田さんとは正反対だった。


何がって、麻雀の腕が。


波多野さんは大学在学中に、

麻雀のプロ資格を取得していた。


といっても当然国家資格なんかじゃなく、

麻雀団体が発行してる資格だから、

公的には何の価値もないのだが、

麻雀業界においては一応それなりの肩書きになる。


そして大学卒業後数年経って、半ばスカウトに近い形で、

ウチの店に入ったのだった。





「橋田さん…何でこんなに買い物するんスか…?」


「グチらない、グチらない。

 一番高い弁当買ってやるから、な?」


一時間後、オレは両手いっぱいにビニール袋を抱え、

ホカ弁で手を打った事を心から後悔していたのであった。









それから、一週間ほど後。



その日の仕事中、外は雪交じりの雨が降っていた。


窓の外の景色は、

街そのものが固体と液体の間になってしまったようで、

あやふやな世界に見えた。

日が昇ってみぞれが止み、外が明るくなっても、

外の世界のにごりは消えていなかった。


少なくとも、オレにはそう思えたんだ。




夜番の仕事が終わり、

朝番に仕事を引き継ぐ時、異変が起きた。


いや、起こっていた。



「あれ?橋田は??」


波多野さんが、他の朝番のメンバーに聞いたところ、

橋田さんは昨夜から社員寮にも帰っていないという。


でも荷物はあったから、

バックレた訳ではないだろう、と。



事故にでも遭ったか。

それとも、何か事件に巻き込まれたのか。


オレと波多野さんの目が合う。



兎にも角にも、仕事を朝番に引き継ぎ、

オレと波多野さんは橋田さんを探しに出た。


波多野さんの顔には、焦りが浮かんでいた。


たぶん、オレも同じだったのだろう。




橋田さんの行きそうな店を片っ端から当たっていく。


ゲーセン、ビリヤード場、開店したばかりのパチンコ店…




探し始めてから、何店目に訪れた店だったろうか。


とある漫画喫茶の店員に、

橋田さんの名前と特徴を伝えたところ、

今店の中にいる、というのである。


「っだよ、アイツ、ただのサボりかよ!」


波多野さんの大げさな舌打ちが響いた。




オレと波多野さんは店員の了承を得て、

店の中に入っていった。



そして、

勢い良く橋田さんのいる個室のドアを開けたのである。




橋田さんは、飛び上がるように椅子から腰を浮かし、

目を見開いてオレと波多野さんを交互に見つめた。



その、見開かれた目からは…


涙が、流れ出ていた。


オレ達が、ドアを開ける前からのものだった。





「どうした。…疲れた、か」


波多野さんの顔には、

先程舌打ちした時の様な苦々しさではなく、

優しげな笑みが浮かんでいた。


橋田さんはオレ達から目をそらし、

そのまま背を向けた。



…もしかしたら、こういう時って、

優しくされた方がつらいのかもしれない。



橋田さんの背は、小さく震えていた。



「…店、行くぞ。勝てないからってクサっても…、な」


「…はい」


橋田さんが、消え入りそうな声で呟いた。






漫画喫茶から店に向かう道中、

オレと波多野さんが並んで歩き、

4、5メートルほど離れて橋田さんがついて来る、

という格好だった。




オレの隣で、波多野さんがふと、呟いた。


「おれたちゃ、不器用にしか生きられないもんな。

 器用に世渡りできるなら、こんなトコにいねぇよな」



…オレは、何も答えられなかった。


答える代わりに、空を見上げていた。



空は、灰色だった。



…やっぱり、昨晩からのにごりは、

まだ消えていない気がした。










オレ達は、生きるのが下手糞だから。


上手になんて、生きていけないから。


風に吹かれあおられて、

気付いたらこの吹き溜まりにいたんだよ。




…ここで、もがいて生きてたんだよ、ね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-23 09:24:13

支えあう

テーマ:一雫の小文






    人と人が支えあっている、「人」という字。


    これ、きっと、背中合わせなんじゃないかな。




    ライブでギターとボーカルが背中を合わせてたり、

    ルパンと次元が背中を預け合っていたりする感じ。



    人間ほど視界の狭い動物もいない。

    目が完全に前についているからね。



    きっと、背中を誰かに預けられるように

    進化したんだろうな。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-07-16 03:31:14

少年

テーマ:エッセイ

「それじゃ、澤山さん、またね」


そういって、まるでジャニーズ事務所の
若手のように端正な顔立ちをした青年、
寺田君は、店を出て行った。


傍らに、店のメンバーの女の子、
梶原さんを侍らせて。


寺田君と梶原さんは、
オレが店に入った時から付き合っていた。


といってもまぁ、
そこら辺の事情は多少複雑だ。


複雑といっても、
その理由は二言くらいですんでしまう。


寺田君は、まだ17歳、少年といってもいい年齢なのだ。
そして、家出中。理由はオレは知らない。


ともかくそんなワケで、
寺田君は高校にもう半年近くいっていないとかで、
退学処分になってるのかどうかすらわかんない、
と言っていた。


で、じゃぁ衣食住はどうしているのか、
という話になるが、
其処のトコをまかなっているのが梶原さん、
というわけ。


梶原さんは、当然ウチの店の稼ぎだけでは、
寺田君を養っていくことなどできないので、
キャバクラでも働いていた。


寺田君は一日中する事が何も無いので、
梶原さんにくっついて店に来て、
梶原さんの仕事が終わると一緒に帰る。



17歳にして立派なヒモ。
けっこうディープだね、ジャパン。




あ、17歳が雀荘に入店していいのかって?
まぁ、そこら辺を言い出すとキリが無いのよ、
この世界。



こんな話を持ち出すと、
寺田君は不幸な生い立ちの美少年、
なんて想像をされそうだが、
彼の目は驚くほど澄んでいた。


まぁ、タッキー似のサワヤカな顔が、
そう見せているだけかもしれないが。


彼は、17歳にして、
「どうすれば今自分が生きていけるか」
「どうすれば今自分が衣食足るか」
というのを知っていた。


元々、梶原さんへの恋愛感情なんて、
ほとんど無かったらしい。


梶原さんの方もそれを承知であることを、
酔った彼女がこぼしたのを覚えている。


二人の間に、どんな感情が流れていたのか、
オレなんかには想像できない。
いや、しちゃいけないんだろう。きっと。





オレが店を辞めた後、
二人が別れた、という話を聞いた。


その少し後、
ホストクラブの広告に、
寺田君の顔を見つけたのをよく覚えている。



知力に秀でた者が、
勉学に傾倒し学者になれば、
周りから賞賛される。


体力に秀でた者が、
さらに体を鍛え、スポーツ選手になれば、
憧れの的になる。


…イケメン寺田君の生き方は、
きっと、誰からも賞賛されないんだろう。


親も学校も蹴っ飛ばし、
17歳であわやホームレスのヒモ生活。


顔を武器に、
世の裏道を渡り歩いていく。



それだって、
生きてる事に変わりはねぇや、なぁ?

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-07-09 05:58:06

後ろ向きってのも

テーマ:一雫の小文
25




     ひとつずつ ひとつずつ

     何かを落っことして ここまで来た


     ひとつずつ 拾うため

     道を引き返すのは 間違いじゃない


     やっと会えた  君は誰だい?

     あぁ そういえば


     君は僕だ


     大嫌いな 弱い僕を

     ずっと前に ここで置き去りにしたんだ




            BUMP OF CHICKEN 「ダイヤモンド」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-05 14:34:25

風の旅人

テーマ:エッセイ

風の吹くまま、気の向くまま。
ダメ人間上等。


お天道様が向く方に…
あ、やっぱ今日は逆に行こうか。





「ケッケッケ。澤ちゃん、まだまだだなぁ」


大きな腹をゆすりながら笑うその客、
小森さんにオレは負け分を支払った。


「カッカッカ。そいじゃ、またなー。」


「次は負けませんよー!またおこし下さい!」


肩の揺れる後姿に、オレは負け惜しみを投げつける。
小森さんはチラリと振り向き、
ニヤリと笑って帰っていく。



…全くもって、喰えないおっさんだった。


とにかくいつもフラっと来ては、
テキトーに遊んで帰っていく。
…そのくせ、やたら強いときてやがる。



社会的地位、肩書き一切無し。
明日は明日の風が吹く。
それが、小森さんという人だった。



まず、特定の職に就いているという話を聞いた事が無い。


今日、道路工事現場で働いていたかと思えば、
次の日には辞めてしまっている。


ワケのわからん壷を売ってみたり、
無修正の裏ビデオを「5本で一万!澤ちゃん、買わねぇ?」
とかやってみたり…。(もちろん、買ってません…)



で、そうやって得たあぶく銭を、
麻雀やらパチンコ・パチスロなんかで増やして(ここがすごい…)、
無くなるまであっちこっちで遊ぶ。


で、またテキトーに金を稼ぐ。この繰り返し。



こんな生活をいつから続けているのか知らないが、
当時の小森さんは40代の半ば。当然、独身である。


「よーく考えよー♪お金は大事だよー♪…カッカッカ」


おい、おっさん…。


全く、ある意味、仙人とは逆方向の世捨て人だった。





紅葉が終わり、冷たい風が舞い始めた季節の事。


「うーい。今日もボチボチいこーかぃ?」


大きな腹をポンポン叩いて、
小森さんが店に入ってきた。


「あ、小森さん。今日は負けませんよ」


オレは勢い込んで小森さんを迎えた。


「負けてもいいんだよー、
 勝った額より少なければね。
 ケッケッケ」


大きな腹がタプン、と波打った。



打ち始めてから程なく、
小森さんが話しかけてきた。


「あー、オレさ、ちょっくら東北の辺りで行商してくるわ」


「行商…ですか?」


「おぉ、ま、んなわけで、しばらく来ないけど、
 その間に強くなってろよー、クックック」


全く、ホントに気ままな人だ。
目の前の事、あるがまま、ってなノリでね。
毎日、風を感じて生きているんだろうな。


汚れた風も、澄んだ風もごちゃまぜで。


「…帰ってきた時、今までの負け分全部取り返しますよ」


「おーおー、やってみなさいって、ケッケッケ」



…その日も、小森さんはキッチリ勝って帰ったのであった。



無事に帰ってくるといいけどな。
病院のベッドで死ぬような人じゃないし、
野垂れ死にしなきゃいいけど…。


いつ、帰ってくるのかな。
また、一緒に打ちたいな…。


いつもやられてるけど、
なーんか…教えられる事、多いんだよな…。



オレはちょっぴり切ない思いで、
窓の外の暗闇を見つめていた。






…次の日。


「うぃー、どもどもー」


店に現れたのは、行商に行ったはずの小森さんだった。


「あれ?小森さん…?」


「いやー、よく考えたらサ、これから冬だろ?
 東北なんか行ったら、寒くて大変だからさ。
 やっぱ行くの辞めたわ、カッカッカ」



おい、おっさん…。


心配した分、返せやコラ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-29 11:03:25

テーマ:一雫の小文
24




       味わう事を忘れ、補給に成り下がった食事。


       何度も目覚め、熟睡できない睡眠。


       忘れかけている女の肌の香りと感触。




       ヤバい、何か生物としてヤバいよ…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-23 20:17:38

栄養ドリンク

テーマ:一雫の小文
画像23




     疲れたらコレ、飲む。


     しかし、あっという間にまたフラフラ。


     「っだよ、大して効かねーなー」


     と毒づき、ふと思う。



     あ、ファイトは一発分しか入ってないんだった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-21 19:47:41

豊かな時

テーマ:一雫の小文
画像22




    「豊か」って、なんだろうな…



    なんて考えながら、ファミレス。


    サラダを食ってコーヒーを啜る。

    町田康を読み、一人クックと笑う。



    あれ?


    オレ、今意外と豊かかも。



    周りから見りゃ、変人だがね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-15 19:40:23

創造

テーマ:一雫の小文

画像21



   創造に必要なモンって、なんだ?

   例えば製造は、カネとモノがありゃ大抵できる。



   んでも、人生は製造じゃなくて創造じゃん。


   一人一人、自分の人生創っていくもんじゃん。

   神様に創ってもらうモンじゃねーでしょ。



   とりあえず今、金も無けりゃ大したモンも持ってない。

   いっその事、丸裸になってみっか??


   そうすりゃ意外と、クリアになったりして。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。