子ども達と自然に暮らそ!

十和田で耳つぼジュエリーのおうちサロンをする傍ら、
子育てがラクに楽しくなるように、
自然食、自然療法などを取り入れながら、
子ども達との自然な暮らしを提案しています。


テーマ:

今朝の『とと姉ちゃん』では、

「戦争中の暮らしの記憶」を編集するお話でしたね。

実は、この本、

「保存版」として、今でも手に入れることが出来ます。

内容は当時のものそのままに、

付録として、この本を読んだ方からの感想をつけて編集してあります。

 

写真に付された文章は、

きっと花森安治さんの文章なのでしょう。

文章を読み終えた時、

涙がほろほろとこぼれ、

しばらく号泣してしまいました。

だも、泣いているのは私ではないという不思議な感覚。

私の中のDNAなのか、

前世の記憶なのか、

分からないのだけれど、

どうしようもなく涙が止まらなくなってしまいました。

 

中三の英語の教科書でも、

『A mother's lullaby』(母の子守歌)という単元があります。

 

広島で、大きな爆弾が落とされた後、

一人の女の子が、見ず知らずの小さな坊やを背負い、

子守歌を歌っているお話がありました。

坊やは亡くなり、女の子は子守歌を歌い続ける。

おおきな木がそれを見ていた。

という、おおきな木の視点で書かれたお話。

 

授業中に泣きそうになってしまいます。

 

でもね、

やっぱりこういうことは、

語り継いでいってほしいものだと思います。

 

ただの残酷な悲しい物語としてだけでなく、

戦争は、日々の大切な暮らしを奪ってしまうものだということ、

日々の暮らしの中にこそ、

幸せがあるのだということ。

 

そういうことを改めて、

子どもたちに伝えていくことは、

必要なことだと感じます。

 

それには、

絵本はとてもいいツールとなります。

 

 

戦争に関する絵本ではないけれど、

紹介したいのがこの二冊。

 

「世界中のこどもたちが」は、

新沢としひこさんの作詞、中川ひろたかさんの歌で、

子ども達にもお馴染みの歌ですが、

きらきらした子どもたちの姿の写真絵本になったもの。

「世界中のこどもたちが、

一度に笑ったら、何か世界が変わるんじゃないだろうか?」

というつぶやきから生まれた歌。

日々の幸せが、

ここにある、

そんな写真絵本です。

 

「きぼう」は、

災害、テロ、暴動、

いかなるときでも、

そこには希望があるということ。

この世界は、

ときに悲惨なことも起こるけれど、

生きていく価値のある素敵なところで、

救いの手を差し伸べてくれる人はたくさんいるんだ。

必要な時には声を上げて泣き、

何かに腹を立てることも、

生きていく上では欠かせない感情。

生きてさえいれば、そこには希望があると、

伝えている写真絵本。

 

『きぼう

それは、だれかに たいせつにされてると知ること。

じぶんにもたいせつなひとがいると

知ること』

 

『きぼう

それは、ささやかなことに

かんじるしあわせ』

 

もう一つ、

読み聞かせで良く読む絵本。

「あしたは月曜日」

 

 

阪神大震災の後に描かれた絵本で、

しょうもないお父ちゃんと、

子どものやり取りが、

ただただ楽しい絵本なのだけど、

ありきたりの日常が、

どんなに幸せなことかということを

考えさせてくれる絵本。

3、4年の中学年に良く読みます。

 

他にも、中学年向けには、

「ぼくがラーメンたべてるとき」

 

僕がラーメンたべてるとき、隣の子があくびして、

そのまた隣の子はバイオリン弾いて、

その隣の町では・・・
そのまた隣の国では・・・
 

と、地球の裏側にいる子にまで想いを馳せる絵本。

 

「ぼくのこえがきこえますか」

は、田島征三さんの迫力ある絵で、

ずんと、胸に響いてくる絵本。

 

「8月6日のこと」

は、長谷川義文さんの楽し気な絵でありながら、

だからこそ、重いテーマでも重くなりすぎず、

たんたんと読める絵本。

 

高学年向けには、

ちょっぴり長いおはなしでも。

 

「大砲の中のアヒル」は、

戦いをどうすれば止められるか?

そのヒントが詰まった絵本です。

 

「いわたくんちのおばあちゃん」は、

泣かずに読むのが大変な絵本です。

「ぼく、せんそうせんけえね。」

心からそう思える絵本。

 

「約束」

は、読み聞かせで読んだことはないのですが、

戦時中の絵描きさんのことをテーマの絵本で、

戦死した画学生さんの絵を集めた『無言館』(長野県)を作るまでのお話。

『無言館』は、

生きたい、生きたい、

もっと絵の勉強をしたい、

戦地に向かうぎりぎりまで絵を描き続けた画学生たちの

夢と希望の美術館。

 

 

いろんな切り口で、

戦争について語ってほしい。

悲しく重い話は、

教科書でもやるでしょう。

でも、

日々の暮らしのありがたさや、

幸せを改めて感じることもまた

大切なこと。

 

 

今日はそんなことを改めて書きたくなって、

絵本を紹介してみました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、五年生の朝の読み聞かせに読んだこの二冊。

 

「ねこの看護師ラディ」は、実在するネコのお話。

捨て猫だったラディが、動物たちに寄り添い、

心穏やかにしていくのです。

 

「みちくさしようよ!」は、

学校帰り、道草しながら、

秘密の抜け道通ったり、

花の蜜吸ったり、

生き物を見つけて

小さな自然観察していくお話。

 

 

読み終わった後、

先生が、

「道草はお勧めできませんが、たまには、

帰り路の自然を観察してみるのもいいかもしれませんね。

先生も昔はいっぱい道草しましたけどね。」って。

 

自分も子ども時代はずいぶん道草したな~、

そんな自分の子ども時代を思い返しつつ、

今の子ども達は、

道草してるんだろうか?

と、思ったりします。

 

不審者が出るから集団下校するとか、

学校が終わったらすぐ

そろばんや部活や習い事で、

道草してる暇もない子もいるのかなあ。

 

子ども時代、

あそこのうちに咲いてたつつじの花の蜜を吸ったな~とか、

誰々んちにいく時、塀の上を歩いたな~とか、

帰り道、田んぼのオタマジャクシすくったな~とか、

学校に10円ずつ友達と持ち寄って、

学校帰り、団子やさんで

友達と一本串団子買って食べながら帰ったな~とか(^_^)。

トンボつかまえて、糸を首に巻き付けて飛ばしたな~とか、

 

懐かしい原風景。

 

それぞれの記憶の中に、

そんなそれぞれの原風景があるんだと思うんだよね。

 

友達とかけまわった景色、

 

草むらに作ったひみつきち。

 

稲刈りの後のひみつきち。

友達と作ったひみつきち。

 

毎日が楽しかった。

水かけあって遊んだ夏。

田んぼの生き物をのぞき込む。

夢中でオタマジャクシをすくった。

 

空き地で紙飛行機を飛ばしっこしたり、

 

川に流した船を追いかける。

木に登ってサクランボの実を競い合って食べたり、

スキーウエァがびしょびしょになるくらい雪遊びしたり、

 

こんなそれぞれの原風景が刻まれていくのは子ども時代。

 

道草して、

道端のいきものに触れ、

道端の花や草を摘み、

友達と笑いあって歩いた道。

 

それらは、

心の中で、

温かい想い出として息づいていくんです。

 

みちくさしようよ。

地域で遊ぼうよ。

 

そして、そんな子ども達を、

温かく見守ってあげようよ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供たちと物作りをしていると、

子どもたちの発想の豊かさに、

ハッとさせられることが良くあります。

大人が考えもつかないものを作ったり、

感心しちゃうようなこと、

びっくりしちゃうことをやったりします。

 

この前のプレーパークで、

看板を作った子もそう。

 

同じ子の作品。

飾り付けがかわいい♪

 

風車作っちゃう子もいたり、

段ボールがあれば、

独創的な秘密基地ができちゃうし、

 

 

こちらはイベントで段ボールで遊ぼう!をやったとき、

靴箱を作ってくれた子がいたり。

 

動く玉入れロボット?なんてのもあったり。

 

 

こちらは青森プレパークから、

写真を拝借。

 

シーグラスを使って、

こんなパソコンっ作っちゃうなんてさすが!

 

木といえば、

近所の男の子たちが作るのは決まって剣や武器なんだけど、

人が変われば、

こんなかわいい発想も♡

 

奇抜な発想といえば、

悪ガキたちにかなうものはなかなかいない。

 

板にペットボトルたくさんつけて、

いかだ?を作って流れてみたり、

 

庭に勝手に池を作って金魚をはなしたり。

 

 

しまいには、魚屋にすると、

庭のプレイハウスを魚屋にしてみたり。

 

びっくりするようなことばかりです。

 

ちびっこは、公園で木の枝拾ってひみつきち作ってみたり。

 

ひみつきちっていう響きは、

何やらワクワクするようです。

なんか音が違う!

ということで、木琴になったりね。

 

 

人生で一番楽しい!

あ、いいことかんがえた!

また来ていいの?

 

そんな言葉が、

子どもたちの口から出てくるのって、

最高の瞬間です♪

 

いいこと考えた時の、

子どもたちの頭のなかでは、

シナプスがどんどんネットワークを形成して、

集中力が高まり、

試行錯誤してうまくいく方法を模索し、

満足した達成感が生まれていく。

 

そういった経験は、

記憶の中で、

楽しい、

ワクワクする、

うれしい

そんないい記憶とともに、

体にしみこんでいきます。

 

 

子どものこんな瞬間に立ち会える幸せ。

 

大人の私も、

いっぱい刺激を受けて、

創造性が膨らんでいきます。

 

どんどん、

子供にはこういう体験をさせていきたいですね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。