子ども達と自然に暮らそ!

十和田で耳つぼジュエリーのおうちサロンをする傍ら、
子育てがラクに楽しくなるように、
自然食、自然療法などを取り入れながら、
子ども達との自然な暮らしを提案しています。

NEW !
テーマ:

昨日は、

青森市で開催された

「こどものわっくわくな未来を作ろう!

~今できることってなあに?」

という、テーマで

東京から『世田谷子育てねっと』の

松田妙子さんが来てくださり、

ワークショップをしました。

 

”こどものワクワクする未来”って

なんだろう?

 

各テーブルでそれぞれ話し合い、

じゃあ、そのために、

実際にできることってなんだろね?

って。

 

子どものワクワクすることって考えてみました。

 

子どもの立場で見ると・・・

 

・おもいっきり自由に遊べる

・友達と暗くなるまで遊ぶ

・寄り道

・ちょっと悪いことをしてみる

・食いつくす。

・好きなことが出来る

・冒険

・・・etc

 

そのための大人の関わりは?

 

・自由な遊び場

・見守る大人

・否定しない大人

・楽しそうに笑ってる大人

・面白い大人がまわりにいる

・こんな大人になりたいって思えるモデル

・子供の意見を吸い上げる

・話を聞く

・各地域に、あちこちにプレパがあったらいいね。

 

そのために、実際に何ができる?

 

・今あるプレパの中で、

子どもがやってみたいことなど、

子どもの声に耳を傾ける。

 

・子どものやってみたいを実現させる。

 

・大人が本気で遊ぶ、大人のプレパ。

大人の秘密基地

 

私のいたテーブルでは、

そんな話で終わりました。

 

他のテーブルでは、

子ども会議で、子どもが街づくりに参加する。

とか、

各地でプレパを開催する。

なんていう話も。

 

 

みんなでいろんな話をしてみて思ったのは、

やっぱり、

子どもがワクワクした未来を生きるためには、

周りにいる大人が、

楽しそうにワクワクしてなきゃな、

って思った。

 

こんな大人になりたい!

大人って楽しそう!

自分もこんなことやってみたい!

 

子どもの世界は、

自分が見てきた世界がすべて。

 

大人が、仕事から帰って、

「あ~、疲れた」

って言いながら、

仕事の愚痴でもこぼすのを

聞きながら育ったならば、

大人になるって、大変そう。

仕事するのって、なんか、面倒くさそう。

できることなら働きたくないな。

そんな風に思ってしまいます。

反面、

毎日楽しそうに、

自分の好きなことをやっている大人を見て育てば、

大人って、楽しそう!

自分も早く大人になりたい!

自分も、こんなことやってみたい!

そんな風に思えるはず。

 

身近な大人が笑顔でいたなら、

子どもは自然に笑顔になるもの。

眉間にしわよせて文句ばっかり言ってたなら、

家の中はぎすぎすするものです。

 

昨日のワークショップの中で、

「あなたの好きなことは何ですか?」

と、お互い聞きあうワークがありました。

 

もっくもくと、

手作りで布小物を作るのが好きなんです、

と、いう方や、

同じつくるでも、布小物じゃなく、

紙を使ったものが好き、

なんて、ひとそれぞれ、

いろんな好きなこと、得意なことがあって、

どんな人でも、

好きなことをやる時間って必要だな~

って思いました。

 

子育てに忙しくても、

仕事で忙しくても、

仕事が好きなことの場合もあるけど、

そうでない場合でも、

自分を楽しませる時間は、

どんなに短くても必要なんだよな~って。

 

好きなことを楽しんでいる姿を、

どんどん子どもに見せて欲しい。

夢中になって晩御飯のしたく忘れるくらい(笑)。

 

私も、

本が大好きだから、

台所でも、どこでも、

どんなに短い時間でも本を読みます。

 

そんな姿を見てか、

6歳の息子も本好きに。

読み聞かせもずいぶんしているのだけれど、

やっと字を読めるようになってきたら、

今、一人で

「ドリトル先生」を読んでいます。

 

親の姿を見て子どもは育つ。

真似て学ぶ。

 

「お母さんね、毎日楽しくて仕方ないよ」って

子ども達には話しています。

 

きっとそんな大人になっていくだろうと思っています。

 

大人が笑うから子どもが笑うのか、

子どもが笑うから子どもが笑うのか、

もう、どっちだっていい。

どちらも大笑いできる、

そんな場を

みんなで作っていきたいな。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ       
にほんブログ村  


人気ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長男が年末、

友達の紹介で知った

学生向けの起業講座に出て、

本気で起業を考え始めています。

 

息子の作ったHPがこちら

→ H.S.Laboratory

 

もともと、ギターの改造と、

エフェクター制作は、

ネットを通じて注文をとって

やっていましたが、

本気で、HP作って、

ギター教室もプラス。

 

その他に、

それまで漠然と、

こんなことやりたいなって、

思っていたことがありましたが、

起業講座に出たことで、

商品化まで持っていけそうな

アイディアがひらめいてしまったようです。

商品を作って販売する、

そんな夢に向かって

動き始めました。

 

長男は19歳。

高専の4年生で、

多くの学生は、

来年卒業してから

どこで働くのか、

進学するのか、

もうだいたい決めている時期。

 

息子は、卒業したら、

一旦就職はするけど、

スキルを磨いて、

お金をためたら起業するつもりのようです。

 

彼は、何のために就職するか、

何のために起業するか、

その辺がはっきりしています。

 

どんなことをやっていくのか、

どんな大人になっていくのか、

これからが楽しみです。

 

そんな長男の小さい頃の話は、

これまでもこのブログで書きましたが、

小さなころから、

工作好きで、

うちの中は工作でいっぱい。

そのうち、

リサイクル工作から、

電気工作に興味を持つようになり、

自分でラジコン分解しまくってた小学校時代。

ラジオ、パソコンを自作した中学校時代。

中学校も3年生にギターを始め、

エレキギターを独学で弾くようになり、

高専でバンドを組んで、

勉強そっちのけで音楽に明け暮れる日々。

今では、ギターのソロでライブに出るほどに。

 

そのうち、

ギター弾くだけでなく、

ギターにLED埋め込み、改造するように。

自分でギターを作りたいと、

一時はギター職人になりたいから

高専やめたいといってた時期もありました。

 

youtubeにも動画をアップしている息子。

動画を見て、

息子のところで一緒にギター作りたいと、

韓国からホームステイしに来た子も。

 

好きなことを仕事にするのが、

これからの時代、いいんだよ、

って話しながら、

たくさんの面白い大人たちに

出会わせてきたつもりです。

 

旅することもすすめてきました。

旅に出なさい。

たくさんの人に出会いなさい。

自分と違う価値観の人に出会いなさい。

やってみたいことがあれば、

何でもチャレンジしてみなさい。

おれも、大人になったら

こんな人になりたいっていう人に、

出会いなさい。

誰の役に立てるか、考えなさい。

そんなことを、ことあるごとに話してきました。

 

だいたいは、

高専への送り迎えの車の中で。

 

そうやって育ててきた息子の中では、

普通に就職することは、

頭にないようで、

やりたいことが次から次へと浮かんできて、

時間が足りないぐらいだといいます。

 

私たち親も、

それでいいと思っています。

 

私たち親がしたことといえば、

小さい時、

工作がしたいといえば、

工作道具を常に用意してあったこと。

厚紙、割り箸、カッター、テープ

輪ゴム、紙コップ、牛乳パック・・・etc.

 

電気工作がしたいといってた時は、

電池、銅線、ペンチ、針金、

アルミホイル、

その他、電気工作の本に書いてある材料を

そろえたり、

パソコン作りたいなんていったときは、

お年玉で、自分で出せる分は出させて、

足りない分をいくらか補てんしてあげたり。

 

何かやりたいと言ったときに、

それを実現できるよう、

金額的には最低限だけど、

親としては最大のサポートをしてきたこと。

 

 

そして今、

末っ子が長男のように、

工作好きの道をあるきはじめています。

 

6歳の末っ子の宝箱。

ソーラーパネルやモーターなんかもあります。

まだまだ線をつないだりするのは

大人の役割なんだけど、

ものが動く仕組みを、

つくりながら体感しています。

 

サンタさんにもらったキット、

ユニバーサル3が、なかなかすごくて、

建築構造や、ギアを使って動く仕組み、

モーターのつなぎ方など

遊びながら分かる優れもの。

 

時々、

「工作したい」

っていわれて、辟易するくらいの時もありますが、

作ってる時の集中力たるや、

すごいものがあります。

 

この、

好きなことに没頭する力を

もっと育ててあげたいと思います。

 

親がすべて教えなくてもいい。

親がすべてわかってる必要はない。

ただ、ことあるごとに、応援してあげることと、

親が分からないことなら、

親のつながりから、

子どものやりたいことに役立つ情報を流したり、

子どもがこの人に出会ってほしいわ、

っていうような出会いを作ってあげること。

 

「青は藍より出でて藍より青し」

という言葉があります。

弟子が師よりもすぐれている

ことのたとえ。

 

子ども達は、

親の枠を超えていきます。

親は、親の価値で子どもを締め付けず、

子どもを羽ばたかせてあげたいものです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ       
にほんブログ村  


人気ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

【電力のパワーシフト】って、ご存知ですか?

2016年4月から、

電力の自由化に伴って、

再生可能エネルギーでの

発電による電力を選べるようになってきました。

まだまだ、

申し込み可能地域は限られていますが、

原発に頼らない、

電力を使えるようになってきているのは

うれしいことです。

 

【パワーシフト】デンキを変えれば社会が変わる

というHPをチェックしてみてください。

 

そして、そんな、

再生可能エネルギーの事業所を選ぶ時にも、

以下のポイントはチェックしたい。

 

・持続可能でない燃料を輸入する木質バイオマス発電

・大規模な森林伐採をともなう太陽光発電

・生態系や周辺住民の健康への影響に配慮しない風力発電 

 

これらは、

一見自然エネルギーということで、

環境によさそうだけど、

太陽光パネルを設置するために、

森林を丸裸にするような伐採をしてるのであれば、

本末転倒。

 

木質バイオマスのために、

海外の森林を伐採し、

安い木を輸入しているのもおかしい。

 

そういう情報を開示しているところを、

しっかり見極めたい。

 

環境白書によると、

2015年のエネルギー構成は、

 

石炭 32%

天然ガス 39.9%

石油 7.8%

原子力 0.9%

水力 8.8%

バイオマス 1.6%

地熱 0.2%

風力 0.5%

太陽光 3.3%

 

自然エネルギーだけで、

15.4%にもなっています。

 

震災後、

原発に頼らない電力を使いたいと、

屋根に太陽光パネルを設置しましたが、

今は、まだ、

東北電力から電気を買って使い、

日中発電した電気は

東北電力に買いとってもらう仕組み。

 

そこで、

えねぱそから、

グリーン電力証書を購入して、

自然エネルギーによる発電所の応援をしたり、

 

おひさまファンドの、小水力発電に

出資したりしてきました。

 

こんな充電キットを買って設置したりね。

 

電球はLEDに替えたし、

使わない電気は消して、

節電も。

 

でも、いよいよ、

自分で、そういうエネルギーを

選べる時代になってきたのだと思うと、

とてもうれしいです。

 

皆さんも、

自分たちの使う電力を選んでみませんか?

まずは、どんな発電所があるのか、

自分たちの地域に、

申込みできるところはあるのか?

調べてみてください。

 

今使っている電力より安くなる場合もあります。

電気料金のシュミレーションが

HPからできますので、

調べてみてもいいですね。

 

まずは、

パワーシフト宣言で、

自然エネルギーを買いたい!って、

意思表示するだけでも。

 

ときどきこういうページをチェックして、

選択肢として、こういうのがあるんだと、

知ってもらえるとうれしいです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ       
にほんブログ村  


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。