子ども達と自然に暮らそ!

十和田で耳つぼジュエリーのおうちサロンをする傍ら、
子育てがラクに楽しくなるように、
自然食、自然療法などを取り入れながら、
子ども達との自然な暮らしを提案しています。

NEW !
テーマ:

【子ども達は、愛情を食べています】

昨日は、末っ子の保育園での給食参観。

この日の給食は、

子ども達のリクエストで、

五分づき無農薬米のドライカレー、

出汁の効いたシメジのかきたま汁、

魚肉ソーセージのフライ、

ゴボウサラダ、

小松菜とカブのお浸し。

ここの保育園の給食は、

ほんとうにおいしい。

子ども達も次々お替りして、

小さい子も完食。

お残しする子は一人もいない。

 

かきたま汁を飲んだ時、

この出汁の味を、

ず~っと、この子たちは味わってきたんだな~

って思ったら、とっても嬉しくなりました。

 

普段も、

盛り付ける量も、

食べきれるくらいだけ盛り付けてるってこともあるけど、

小さな子でも、お残しする子はほとんどないそうです。

 

料理の一つ一つに、

子ども達への愛情すら感じました。

 

この子たちに、

おいしいものを食べてもらいたい。

いいものを、たくさん食べて、

元気に育ってほしい。

そんな想いで作った料理の、

美味しいこと。

おなかも心もあったまる料理。

 

お野菜の取れる季節には、

園の畑で野菜を育て、

土に触れ、

子どもたちで草取りして、

収穫して、

畑で遊んで、

虫取りしたり。

 

そうやって育てられた子ども達は、

ほんとに幸せだな~と、

改めて思いました。

 

幼い子どもに必要なこと、

それは、

早いうちから文字を覚えさせたり、

習い事をさせたりっていうことよりも、

この、

くう、ねる、遊ぶ。

自分たちで育てた野菜を食べる。

土に触れ、

土に生きる生き物に触れ、

虫を観察し、

おいしく調理したものを味わう。

生きる源を体感する。

 

教えるのでなく、

五感を使って感じる。

 

そんな経験が、

幼い子には必要です。

 

うちの子たちも、

畑を借りて、

野菜を育て、

そうやって育ててきましたが、

子ども達は、好き嫌いがほとんどありません。

多少苦手なものはあるけど、

全く食べないってことはない。

基本、出されたものは食べます。

お残しもありません。

 

ご飯を気持ちいくらいよく食べてくれます。

お陰で、

風邪が流行る季節でも、

ほとんど風邪を引きません。

 

「一年に一回熱だした方が、

体のいらないものが解毒されるから、

熱だした方がいいんだよ」

って子ども達には話しているのですが、

子ども達、熱をほとんど出しません。

 

「たまには熱だしたいけど、熱でないんだよね~。

あ~、熱だして休みたい~!」

って、嘆いています。

ぜいたくな悩みです。

 

普段は寮生活の長男、

週末家に戻ると、

「うちの飯が一番うまい!」と言ってくれます。

これ、一番のほめ言葉。

 

あちこち、おいしいお店で外食もする息子だけど、

うちのご飯が一番おいしいって言ってもらえるのは、

本当にうれしいです。

 

食べるもので体はできています。

何を食べるかは、とても大事。

 

そして、もう一つ。

心の安定にも、

毎日の食事は関係しています。

 

お母さんが、

自分のために、

心をこめて作ってくれている、

そして、それを、家族でおいしいねって食べること。

 

それが、子どもの心の安心感を育みます。

温かい記憶を残していきます。

 

以前、お弁当の日の記事で書いたことがあるのですが、

 

ある、二組の一人親の家庭がありました。

どちらも、母親が女手一つで子どもを育てています。

Aさんの家庭は、男の子を育てています。

お母さんは、忙しく、ご飯を作る余裕がありません。

夜ご飯は、

コンビニで買った弁当をテーブルにあげてあります。

時には、お金だけおいてあることも。

 

Bさんの家庭では、女の子を育てています。

Aさんと同様に、ご飯を作る余裕はありません。

同じようにコンビニでお弁当を買ってきて晩御飯にします。

でも、Aさんは、レンジでチンして、お皿に移して、

温かいご飯を二人で食べます。

「買ったお弁当でごめんね」って言いながら。

 

こうして育った二つの家庭。

Aさんの息子、A君は、

中学にあがり、非行に走ります。

少年院に入り、

そこで話したことは、

「おれ、ご飯って、何のために食べてるかわからないんだ。

ただ腹が減るから食べる、それだけなんだ。」って。

食事から、

愛情というものを受け取ってこなかったA君。

 

一方、

Bさんの家庭のB子さん。

「うちのお母さん、すごいんだよ。

どんなに忙しくても、

ご飯温めてお皿に盛ってくれるんだよ!」

って、小学校の担任の先生に話していたそうです。

その子は、

お母さんは忙しくて大変そうだからと、

自分でご飯を作るようになります。

 

同じような状況の家庭なのに、

何が違うか?

そこには、

子どもへの愛情、想いがあったんですね。

忙しくっても、

ちゃんとお母さんの子どもに対する愛情は伝わってた。

 

もちろん、何を食べるかで、

健康な体を手に入れることはできます。

でも、たとえそれができなかったとしても、

食事に想いをかけてあげるだけでも、

心を育てることはできます。

 

本当は、どの家庭でも、出汁をとって、

丁寧に作ったご飯を

子ども達に食べてもらいたい。

でも、完璧を目指すと苦しくなります。

 

忙しくって、

たまには買ったお惣菜で済ませてもいいでしょう。

そんなときがあったっていいと思います。

でも、一緒に食卓を囲み、

今日あったことを話す時間を持ちましょう。

温かい食事を、

一緒に食べましょう。

 

子どもが食べているのは、

ただの栄養じゃなくって、

愛情を食べているのですから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【特に夢もなかった自分が、 今、仕事をしながら夢を叶えている話~その②夢の話】

 

その①職業遍歴~人とのつながり

に引き続き・・・

 

 

夢と仕事は、別でもいいと思うんです。

 

夢って大好きなことだったり、やりたいこと。

仕事って、自分の力を人のために使ってお金を得ること。

でも、それって、一致してなくてもいいと思います。

 

私は、二年前、

ドリームプランプレゼンテーションという、

大人が本気で夢を語るというイベントがあるんですが、

それに出場しました。

その時発表した夢が、

「輝け子どもの無限の可能性!!

ありのままでいられる幸せ空間・冒険遊び場!」です。

 

 

子どもが、自分の責任で自由に思いっきり遊べるような

居場所を作りたいと発表しました。

仕事と全然関係ないですよね?

だって虫の仕事をしてるんですから。

 

ここで、ライスワークとライフワークという話をします。

ライスワークは、

ライス、つまり飯の種ですね。

ご飯を食べるためにお金を稼ぐということ。

私の場合は「青森県の農業を技術で支える」ことが

ライスワークです。

それでお金を得ています。

 

でも、

自分の本当ににやりたいこと、一生をかけてやりたいこと、

ライフを通してやりたいことは、

子どもたちの笑顔を増やすことです。

これが私のライフワークです。

 

子ども達っていっても、

自分の子どもだけじゃない。

近所の子ども達、

地域にもたくさん子供たちはいる。

世界中に子どもたちがいるわけですから。

 

私の肩書は研究員ですが、

それ以外の、職場以外の肩書としては、

これは、二枚目の名刺なんていう言い方を最近しますが、

プレーパークという、子どもの遊び場を主催したり、

ファザーリングジャパンといって、お父さんも育児に参加したり、お母さんを笑顔にするために、笑顔のお父さんを増やしましょうっていう活動をしていたり、

十和田にハピたのっていうNPOがありますが、

その理事をしていて、商店街で子どもと遊ぶ活動をやっていたり、

絵本の読み聞かせをしたり、

この前まで、中学校のPTA会長やっていたり、

子どもが小学校時代には、小学校のPTA会長もやったり、

PTA活動も、いやいやじゃなく、

自分から積極的に関わってきました。

 

その他に、

自分のうちの庭を開放して、

近所の子たちがこうやってたくさん遊びに来たりとか、

庭にツリーデッキを子どもたちが作ったりとか、

 

 

焚き火もしたりね。

なんか焼いて食べたり、

こんなにいるけど、

ここにうちの子いません。

これもうちの子じゃないです。

 

この子たちは、お小遣いで、

野菜の無人販売から野菜買ってきて、

味噌汁作ってます。

普通は、

あんなことしちゃダメ

こんなことしちゃダメって言うんだけど、

うちはね、お母さんもそういう人なので、

うちではそう言うこともみんな許してます。

 

これは、うちの庭でなんだけど、

他に、プレーパークといって、

ドリプラでも発表した、冒険遊び場を、

公園とか、学校とか、イベントで出張してやっています。

そこでは、異年齢の子どもが遊び、

お母さんたちも、赤ちゃん連れてやってきたりしています。

 

木工やったり、

 

ハンモックで遊んだり、

室内だったら、

段ボールで遊んだり、

今、十和田だけじゃなく、

八戸や青森、三沢と、

いろんなところで、

こういうプレーパークという活動が広まってきています。

他には、

森で自然体験というのもやっていて、

秘密基地作ったり、

川遊びしたり、

森でターザンブランコしたり、

 

こうやって、

子どもたちがやりたいことがやれる、

そんな居場所づくりをしています。

 

さて、みんなが今から中学三年間、

高校行って、大学行くとして、社会に出るのは、

だいたい10年後になりますね。

 

10年って、今は特に時代の流れが早くなっています。

今から10年前、

スマホなんかありませんでした。

でも、今、これを持っている人が大勢います。

 

10年後には、今ある職業の半分は

なくなっているだろうと言われています。

逆に、今ある、アプリ開発者とか、

ユーチューバーとか、

そんなの、10年前にはなかったですよね。

その職業がなくならないにしても、形が変わったり、

あるいは今ない新しい職業に就いているかもしれないんです。

 

っていうことは、

10年後、何になりたいか?って、職業名を決めることってナンセンスなんです。

大切なのは、

何になりたいか?より、何をやりたいか?です。

 

例えば、何になりたいか?って、聞かれて

医者になりたいと答えたとします。

医者になるためにいい高校行って、

大学の医学部行って、国家資格を取る。

道はほぼ一つです。

試験に落ちたら、その道はそこで終わってしまいます。

 

でも、医者になって、どんなことがやりたいのか?

っていうふうに考えると、

「私は、人の命を一人でも多く救いたいです。」

って考えるなら、

人の命を救うための道だったらいくらでもあるんです。

医者になってもいい。

お医者さんが使う道具を作ることだっていい。

看護師だっていい。

カウンセラーだっていいし、

消防士だっていい。

そうすると、可能性は広がるんです。

 

何になりたいか?って聞かれたときに、

一歩踏み込んで、

何のために働くか?って、

そこを考えることで、

道は広がるんです。

 

道は一つじゃないんです。

 

一つのことがダメでも、

別な道を歩むという選択肢があるのだということです。

 

越えられない壁があったとしても、

回り道して、

戻ってみて、違うやり方を試してみてもいい。

いろんなやり方があるんだっていうことです。

 

これからみなさんがやることは、

その、選択肢を増やすために、

いろんな経験をすることです。

 

いろんな人に出会って、

いろんなことを経験して、

特に、やりたいこと、いろんなことにチャレンジして、

やりきって、いろんな情報に触れて欲しいです。

 

そのために高校に行くんだし、

そのために大学に行くんだと思います。

何のために勉強するかっていうと、

いろんな経験して、

いろんな人に出会って、

人生の選択肢を増やすためだと思います。

いっぱいいろんなことにチャレンジして、失敗して、

ダメだったらやり直せばいいんです。

トライ&エラーを繰り返していくうちに、

何か一つでも好きなこと、

やりがいのあることに出合えたら、

それを一生懸命やっていけば、

望むような生き方が出来るんじゃないかと思います。

 

もちろん、今、やりたいことがあって、

一生懸命そのために頑張って夢を叶えていくというのも、

素晴らしいことだと思います。

でも、覚えていて欲しいのは、

「道は一つじゃない」ということです。

可能性は無限大なんです。

 

そんな風に未来を切り開いていく力が、

皆さんには必ずあります。

一人一人、

あなたにしかない力が絶対にあります。

それをみつけるために、

いろんな経験をしていってほしいと思います。

 

私の夢は、子どもたちの笑顔を増やすということですから、

皆さんのことを応援できる、

こんな機会をいただいたことに感謝しています。

皆さんのことは、これからもずっと応援しています。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【特に夢もなかった自分が、

今、仕事をしながら夢を叶えている話】

中学生へのメッセージ~夢を叶えるために

というブログタイトルで、紹介した、

中学校での旦那様の職業講話の内容をシェアします。

長いので、二回に分けて紹介します。

現在の仕事の話は、ざっくりはしょって、

だいたいの内容ということで紹介します。

*********************

 

私は、群馬県出身ですが、

野菜の研究所に勤めています。

 

でも、今の職につくまで、

ストレートに来たわけではありません。

 

正直、中学時代、夢なんてなかったです。

中学時代、こんな職業につくなんて、

考えてもいませんでした。

 

高校を選ぶ時も、

自分の入れる偏差値だとここだ、っていう感じで選んできました。

大学を選ぶ時だって、北国に行ってみたくて、

調べてみたら、弘前大学農学部が比較的偏差値も低くて、

ここなら入れるかもしれないって選びました。

 

ただ、小さい頃から、自然が好きで、

ほら穴を探検したり、川で遊んだり、

ずっと裏山で遊んですごしてきたので、

大学に入ったら、すぐに探検部に入りました。

そしたら、それはもう楽しくって、

大学時代は、探検部で山に入ったり、川下りしたり、

サイクリングしたり、もう遊び倒しましたよ。

でも、それでもまだやりたいこと、将来の夢なんてなかったんです。

 

大学3年の時に、研究室を選ばなきゃならないってなったとき、

たまたま受けた授業がものすごく面白くって、

それが、昆虫学教室の正木先生という、

実は、世界的にも名の通った昆虫学の先生の授業でした。

それで、迷わず昆虫学教室に入るんですが、

研究テーマをどうするかとなったときに、

ゴキブリとコオロギの研究テーマがあったんです。

そしたら、コオロギの研究を先に他の人に取られまして、

ゴキブリを研究することになり、

大学時代はゴキブリを飼ってました。

探検部が面白かったし、就職を先延ばしにしたくって、

大学院まで進みました。

でも、二年経てば就職です。

どうしようかと思っているうちに、

就職の波に乗り遅れ、

残っていた求人の一つで、

目についたのが東京にあるという害虫駆除の会社でした。

面接で、ゴキブリの研究をしているといったら、

「君みたいな人を待っていたんだよ!」

と、採用になり、東京へ行くのですが、

初めに与えられた仕事は浄水器の訪問販売。

自然が好きな私が、

自然のない渋谷の街で、満員電車に揺られて浄水器販売ですよ。

もう、つらくって、

一日百軒回って、話を聞いてくれる人は1、2軒ですよ。

もう、俺の人生終わったと思いました。

このままこの会社で、

好きでもない仕事を我慢しながらやっていくしかないのかと。

当時、一台だけ、25万もする浄水器が売れました。

買ったのは自分です。

人に物を売るのに、

そのものを使わずして、その商品の良さを伝えることはできないと、

就職してすぐ、25万の借金ですよ。

その浄水器は、母親にプレゼントしましたけどね。

 

でも、そんな仕事を一か月ほど続けたあるとき、

職場に一本の電話がかかってくるんです。

大学の昆虫学教室の先生からでした。

「おまえ、黙って聞けよ。なんか、大変な仕事やってるって聞いてるぞ。

弘前大学で、職員を探してるんだけど、おまえ、戻ってきて大学で務めないか?」と。

もう、青森に帰れるって聞いただけで、

3日後ぐらいにすぐ辞表を出しました。

それを紹介してくれた先生に言ったら、

「バカやろう!お前まだ、俺にその仕事やるもやらないも返事してないじゃないか。

まだ採用されるかどうかもわからないのに、何で辞めるんだ!」って怒られました。

でも、結果的に、採用されて、

弘前大学のある研究室の助手になるんですね。

でも、ここでも簡単にはいかないんです。

非常に厳しい研究室で、

勤めだしたら、毎日怒られてばかりですよ。

何の研究かというと、

お猿の脳の研究ですよ。

やったこともないのに、できるわけないじゃないですか。

それで、お前はダメな奴だと毎日のように言われ続けるんです。

それで、体重も15キロ落ちましてね。

でも、それでも耐えられたのは、

自然豊かな青森にいられるっていうことと、

山の仲間がいたことなんですね。

週末になると仲間と白神山地に入って、

大好きな山で酒を飲んで、仲間と語り合う。

それで、リフレッシュして自分を取り戻して一週間頑張れる。

 

人とつながることで、

助けられ、

今までやってこれたと思っています。

人とのつながりは、

ほんとに大事です。

大学の助手を紹介してくれた先生だって、

自分のことを見ていて、評価していてくれたから、

自分をそこに紹介してくれたんだろうし、

それまで、目の前のことを一生懸命やってきたからこそなんだと思います。

 

で、そうやって頑張って耐え抜いた研究室も、

教授の退職とともに教室がなくなることになり、

次の職を考えなければなりませんでした。

でも、青森に残りたいと思っていたので、

県の公務員試験を受けて、

県職員となりました。

そして、農業改良普及員となり、

農家の指導をして歩く仕事につくわけです。

この仕事は、わりと自分にもあっていました。

そしてそのうち、

野菜研究所で虫の研究やらせるなら新藤がいいぞと

紹介されたようで、

今の研究所に配属になるんですね。

でも、数年したら、

県の研究機関を切り離されて、

独立行政法人になり、

県の職員ではなくなりました。

 

でも、仕事の内容は、

害虫の防除ということで、それまでと変わらない研究職で、

野菜を作って、害虫を天敵を使って防除する仕事もしています。

それだって、

天敵の防除をやってみたいとあちこちで話していたら、

他の人から、

「天敵の仕事やりたいって言ってたよな?やってみないか?」

って紹介してもらったおかげで、

やりたかった仕事もできています。

 

好きじゃないことは長続きしませんよ。

好きじゃないことなら、辞めて、違う道を歩くというのも選択肢にあってもいいと思います。

でも、目の前のことは一生懸命やりましたし、人とのつながりは大事にしてきました。

そのおかげで今の私があります。

目の前のことを一生懸命やってきたことを、

誰かはちゃんと見ていてくれるんです。

で、困ったときは、手を差し伸べてくれるんです。

だから、今まで私を助けてきてくれた人、支えてくれた人に、感謝しています。

 

これが、私のライスワークの話です。

ライスワーク、ご飯を食べるためにお金を得る、っていうことですね。

 

次に、ライスワークとは違う、ライフワークの話をします。

 

イチローみたいに、小さい頃から夢を持っていて、

それを叶えた人だけが成功者というわけではないんです。

もちろんそれができたら、幸せなことです。

 

でも、誰もがそうなれるとは限らないんですよ。

じゃあ、自分のやりたい夢を叶える仕事がないんだよね~って、

夢をあきらめてしまったら、

それは、すごくもったいないことなんだと思います。

でも、私みたいに、

得に夢がなかったけど、

一生懸命目の前のことやっていたら、

いつの間にか夢が叶っていたということもあるんです。

自分のやりたいことができる人が成功者なんだと思います。

 

次に、私のもう一枚の名刺、

『子どもたちの笑顔を増やす』という、

夢の話をします。

 

・・・続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。