三重県鈴鹿市の自宅アパートで無職小島正嗣被告(25)=傷害罪で起訴=が同居女性の次男(6)に暴行したとされる事件で、津地検は25日、傷害ほう助容疑で書類送検された次男の母親(34)を起訴猶予処分とした。
 同地検によると、家族が処罰を望んでいない点や自白し反省している点などを考慮したという。
 母親は先月21日、鈴鹿市算所のアパートで小島被告が次男に暴行した際、次男の背中を押して同被告に近づけるなどしたとして、県警鈴鹿署が今月12日、津地検に書類送検していた。次男は意識不明の状態が続いているという。 

【関連ニュース】
高齢者施設で暴行=傷害容疑、介護福祉士を逮捕
同居男、傷害容疑で逮捕=竹林女性死亡
乳児虐待、両親を逮捕=傷害容疑、頭など骨折
急発進で転倒、警官大けが=「酒飲んでた」男を逮捕
防衛技官、女装し銭湯侵入=傷害も負わす、容疑で逮捕

酔って市営地下鉄の駅員に暴行…したのは大阪市職員、逮捕(産経新聞)
特別交付税補てんに前向き=口蹄疫で自治体支援―鳩山首相(時事通信)
<鳩山首相>福島氏の沖縄訪問に不快感「閣僚としてどうか」(毎日新聞)
母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で(産経新聞)
AD