もう終わってしまいましたが、先日、オペラシティ内でやっている

『ライアン・マッギンレー BODY LOUD!』

に行って来ました!

ライアン・マッギンレー(Ryan McGinley)はアメリカを代表する写真家のひとり。





学生時代から、オリジナルの写真集を自費出版で50冊製作し、それを尊敬する写真家や編集者に送ったことで、トントン拍子に彼の写真家としてのストーリーが展開していきます。



2003年、25歳の時、ホイットニー美術館にて初の個展を開催し、その後2007年には、国際写真センターが「今年最も活躍した若手写真家」として、彼の名前を挙げ、以来「アメリカで最も重要な写真家」として現在も活躍しております。



僕は、最初は有名だからというただそれだけで彼の写真を見ましたが、写真は勿論のことながら、彼そのものにとても興味を持ちました。




今回の写真展も、インパクトのある色彩と構図が沢山あり、単純に見ているだけで目を惹きます。

自由で刺激的で、まるでアートのような写真は独特な世界観をもっており、とても目に焼きつきます。


個人的には、それぞれの写真を見てて感じる「違和感」が好きです。


そんな彼が、一体どういう考えのもと写真を撮ってるのか。なぜ彼は若くして評価され、今だに第一線で活躍しているのか。




答えは出ませんが、少しでも彼の今までに迫れるように、

彼が、パーソンズ美術大学の卒業式にて行ったスピーチの一部を紹介します!



『4年生のとき、僕は一日中ずっと写真を撮り続けていました。

朝昼晩の食事や、友だちやルームメイトなど、どんな些細なものでも撮っていたんです。

一瞬一瞬、常にカメラを撮り続けていたんです。あの頃の僕は、自分の人生を記録することで頭がいっぱいでした。



そんな経験を持つ僕からのアドバイスはこうです。


何か没頭できるものを見つけて、それにこだわること。誰かと張り合ったりせず、自分らしさを見つけること。


自分の人生で経験したことを撮って、写真史の知識と結びつけること。



そして、常に忙しくあること。

自分がやりたいことを実行するための方法を探し、見つけること。

自分がやりたいことを突き止めて、それを実行すること。

自分がやりたいことについて、長い時間をかけてダラダラ話すことは厳禁です。それよりもまず、やること。磨きをかけ、出来るだけたくさん取り組むこと。

時には違った方法でも試すこと。

次のレベルに到達するまで諦めずに続けること。間違っても、途中で止めようと考えないこと。そしてこれらを、自然に出来るようになって下さい。



誘われたらとにかく”イエス”と答えて、新しいことにチャレンジしましょう。

失敗や、一生懸命働くことを恐れないで下さい。他の誰かの写真を真似したり、真似しようとしてはダメです。


迷うのはもう止めて下さい。使っているカメラが何かなど、気にしてはいけません』




最後に彼の仕事のスタンスをあるインタビューから抜粋します。


『私はこの仕事に全てを捧げている。他人の期待など関係ない、すべて自分のための作品を作っている。自分が見たい写真を撮影している。私はいままでにない写真を制作している』

世界的に有名なアーティストは、突き詰めて突き詰めて、こだわれるところは全部こだわってやる。自分らしさを貫く。


そしてやり続ける。


とても刺激をもらえた写真展でした!

AD


最近暑くなってきましたね。

「外に出たくない!!」

そんなあなたに、前回に引き続き、個人的おすすめオシャレ映画3選をお伝えします!

トップの画像は「タイピスト」ですが、ここでは紹介しません笑

タイピストも有名なオシャレ映画の1つですが、ここではクラシックな古い映画をご紹介します!



「スティング」

70年代のアメリカ映画。ジョージロイヒル監督の代表作。


これほどまでにスカッとする映画があるでしょうか。大好きな映画の1つです。


簡単に言うと、詐欺師の映画です。見事なストーリーと大どんでん返しは初めての感覚です笑





主演の2人がとにかくカッコ良い!男臭い。


そして、古き良きアメリカのファッションや小物、街並み、看板、当時のそのすべての雰囲気を見ているだけで、オシャレですし、テンション上がります。




ぜひ一度ご覧下さい!




「勝手にしやがれ」


こちらも言わずと知れたオシャレ映画の代表作ですね。ゴダール監督、脚本の超名作です。



セリフの掛け合いがオシャレ。



タバコを吸う姿がオシャレ。



ジーンセバーグのベリーショートが超オシャレ。






とにかくすべてがスタイリッシュでカッコ良い。そして見るたびに発見があります。





話はフランス映画って感じで最初は「?」って感じましたが、自由とは何か。自由ってカッコいい。


そんなことを思わせてくれるオシャレな名作です。




「風とともに散る」


風と共に去りぬではありませんよ笑


こちら、ダグラスサーク監督の50年代のかなり古い映画ですが、ストーリーや演出が秀逸で、驚きます。





まずオープニングから事件が起こり、時間をさかのぼっていく演出がとてもオシャレ。一気に引き込まれます。

オープニングオシャレランキングトップ3には入りますね笑




話は男女の四角関係のメロドラマですが、ストーリー、演出など今観ると逆に新鮮で刺激的です。


心が揺り動かされます。ネタバレしちゃうとつまらないので、とにかく気になった方は見てみてください笑


以上、「赤間のオシャレ映画3選 Vol2」でしたー!


AD

Door7周年パーティ!!

テーマ:


18日、7周年ということでスタッフ皆でパーティをしました!

2009年に立ち上げたDoorも、早いものでもう7周年を迎えることができました。

当時アシスタントだった僕も、スタイリスト5年目になり、今は副店長をやらせていただいております。



これも皆様のおかげです!この場を借りて感謝を申し上げます。

本当にありがとうございます。

さて、パーティではDoorの今までの歴史を動画で流し、この7年間を皆で思い出し、新しいスタッフは過去のDoorを知り、とても貴重な濃い時間を過ごすことができました。



笑いあり、涙ありの大盛り上がりでした!



こちらのキャンドルはディレクター、店長、副店長の僕たちから皆へのサプライズのプレゼント。それぞれのスタッフの好きな色をキャンドルに。



こうして、Doorを通して、最高のスタッフとめぐり合うことができまして、本当に僕らは恵まれているなと感じます。

これもすべて、Doorに来てくださっている皆様のお陰です。

心より感謝申し上げます。

これから先も10年、20年と長く愛されるサロンを目指して、スタッフ一同更に成長し、進化し、より良いサロンになるように精進してまいりますので、今後ともDoorを、どうぞよろしくお願い致します!!

AD


昔から映画は好きで、週に1本は映画を見ています。

特に昔の映画が好きで、70年代~80年代のクラシカルな映画が好きです。

映画は当時の世界観や、映像の構成、衣装、ヘアスタイルなど、日々のヘアデザインや、作品撮りにおいてもとても良いインスピレーションをもらえます。

今回はその中でもオススメの3本を紹介したいと思います。



「時計仕掛けのオレンジ」

70年代の映画で、監督はかの有名なスタンリーキューブリック。

この映画はバイオレンスなストーリーで見る人を選ぶかと思いますが、映像の撮り方や、置いてあるオブジェや装飾などがめちゃくちゃオシャレで、とても70年代に作ったとは思えない、今見てもカッコ良い映画です。



ストーリー自体も、人間の怖さが描かれており、引き込まれますが、元気な時に見ることをオススメします。笑

初めて見た時は高校生でしたが、その映像美に衝撃を受けたのを覚えています。



「パリ、テキサス」
こちらは80年代の映画。監督は巨匠ヴィム・ヴェンダース。この映画はすべてが美しい!

登場人物の感情のやりとり、美しい音楽と景色や色使いの美しさ。

ひとつひとつのシーンがとにかく美しく、素敵です!数あるロードムービーの中でも傑作と呼び声の高い作品です。



中でも、ナスターシャ・キンスキーの魅力がすごいです。オシャレでカワイイボブ。レオンのマチルダボブばりにカワイイです。 ナスターシャキンスキー カワイイ!!



「エリザとエリック」
こちらは80年代のフランス映画です。

写真を撮るシーンが沢山あるのですが、その写真やファッションや、ヘアスタイル。そのどれもがオシャレ!



この映画は、ストーリーどうこうというよりも、見て感じることの方が得る事が多そうです。フランス映画ってそんな感じですよね笑

エリザとエリックという姉弟の絶妙な距離感なども見所です。



以上、今回ご紹介した映画は、ビジュアル的に見て楽しめる映画です。 バックミュージック代わりにただ部屋で流しておいて、なんとなく見るだけでも楽しめる映画です。

皆さまオススメがありましたら、ぜひ映画の話をしましょう!!
4月です!


先日の記事でもご紹介させて頂きましたが、Doorにも新入社員が2名入社しました。


男性スタッフばかりだったDoorですが、ようやく女性スタッフが増えてきました笑


先日、新人の1人である高橋さえの髪を早速カットしちゃいました。


新潟出身の田舎娘である彼女を都会的な大人女子にチェンジです!


はりきり過ぎて、ビフォアの写真を撮り忘れたので、最近の写真をくれと言ったらこの写真が送られてきました。



こんな感じのいたって普通なボブでした。学生してますね笑


ところで、新入社員の2人が僕の10歳も下である事はあまり考えないようにしています。来年は、もっと考えないようになるでしょう笑





・・・・・・。




いざ、カーーーーーーーーーット!!!!!!!




イメージは、春風に揺れるさわやかショートボブ!!



サラサラ直毛な彼女は短過ぎると、バスケ部の学生みたいになりそうだったので、遊ぶ程度に動く長さはキープ。



じゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん





ショートボブをベースに、春っぽく顔周り、トップにかけてレイヤーを入れた春のショートボブの完成です!


カワイイ!!が、表情がカタい。。。。。。。


ビフォアの学生の時の写真の方が、ナチュラルな笑顔です笑


そんなさえですが、きっとすぐにあの頃の笑顔を取り戻してくれると信じて、皆様どうぞよろしくお願いいたします!!