元衆院議員で前静岡県掛川市長の戸塚進也氏(70)が13日、都内でスポーツ報知の取材に応じ、新党「たちあがれ日本」に入党することを明らかにした。週内にも同党の平沼赳夫代表(70)、藤井孝男元運輸相(67)と会談し、今夏の参院選で出馬する見込みだ。今後は比例代表か静岡選挙区で最終調整する。同党の平均年齢は69・6歳で、戸塚氏も70歳だが「後世のために捨て石になります」と笑い飛ばした。

 ―新党「たちあがれ日本」に入党する理由は?
??「党の理念が私の考えていることと、とても近い。党の一員になって盛り上げていきたい。藤井さんとは同じ派閥だったし、平沼さんもよく知っている。昨年8月の衆院選前から政界再編は必ずあると思っていた」

 ―同党から参院選の出馬要請があれば受ける?
??「比例はいろいろな候補者を用意しているでしょうが、『行け』と言われればやります」

 ―選挙区は?
??「ポスター張りが厳しいが、それをやってもらえば大丈夫。地元の静岡から出ても面白い」

 ―「選挙の神」とも言われる民主党の小沢一郎幹事長は「高齢者には夏の選挙はきつい」と党内の候補者を差し替えたりしています。
??「シルバー政党でもいいじゃないですか。ちなみに、僕は50年間、一度も寝込んだことがない。選挙は11回やって7勝4敗。相撲で言えば、まだ勝ち越してます」

 ―09年4月の掛川市長選に敗れ、自民党を離党し、国民新党への入党を表明しているが。
??「入っていません。(09年7月)静岡県知事選で、民主、社民の推薦する(現職の)川勝平太さんではなく、無所属の海野徹さん(元参院議員)を応援した。国民新党は、それでは困るということで入党はさせないとのことでした」

 ―4月9日のパーティーでは、落語家の立川談志を招いた。
??「談志さんはあいさつで、小話をしながら『戸塚さんは私と同じでいい人だから、損ばっかりしている。戸塚さんを心配してたけど、元気じゃない。頑張っていかなきゃいけないから、応援してよ』と言ってくれた」

 ―ちなみに「たちあがれ日本」に入党すると党員5人の平均年齢69・6歳をやや押し上げます。
??「後世のために、捨て石になります。みんな、その覚悟でしょう。今後は若い人が入ってくる可能性は高いと思いますし、育てる必要もあります。このままじゃ死ねない。いくつになっても日本の国を憂う気持ちは大事でしょう」

 ◆戸塚 進也(とつか・しんや)1940年1月2日、静岡県生まれ。70歳。74年の参院選に自民党から立候補し当選。2期務めた後、83年に衆院にくら替え。テレビ朝日系「朝まで生テレビ」では、自民党の論客として名をはせた。93年の総選挙で落選。05年に掛川市長に当選したが、再選を目指した09年は落選した。

 【関連記事】
森氏が河野氏に新党入党の勧め
お菓子業界から新党?「かりん党」発売
「たちあがれ日本」参院選10議席目指す
「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」

ヒロミさんが接触事故 東京・港区(産経新聞)
<授業不足>3年生で53時間も 北海道網走の中学(毎日新聞)
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ-栃木県警(時事通信)
「咸臨丸」航路しのぶ、「海王丸」が出航(読売新聞)
<千葉県市川市>大学新卒枠復活へ、学歴・年齢不問枠と併用(毎日新聞)
AD