宮崎県を出発する高速バスでは、口蹄疫(こうていえき)の感染拡大を防ぐため、乗降口に消毒液を染み込ませたマットを敷いて乗客に協力を呼びかけている。JR九州バスでは22日から、西日本鉄道でも25日からスタートした。

 宮崎市のJR宮崎駅前のバス乗り場では、運転手が乗客に「マットをよく踏んで乗車してください」と呼び掛けた。福岡市に仕事へ向かうという男性会社員(29)は「バスにまで消毒マットが敷かれるのを見るのは初めて。非常に厳重だが感染拡大を防ぐためには重要なこと」と話した。

 宮崎交通と九州産交バスも26日から始める予定だ。【中村清雅】

【関連ニュース】
口蹄疫:鹿児島県が種牛を離島に分散避難
口蹄疫:種牛殺処分に6000人が「助命」署名
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査
口蹄疫:国は種牛49頭延命認めず 地元、受け入れず
口蹄疫:家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市

<小沢幹事長>参院選マニフェスト先延ばし 高嶋氏と一致(毎日新聞)
両陛下が神奈川県へ 全国植樹祭にご出席(産経新聞)
東急世田谷線で架線故障、一部で運転見合わせ(読売新聞)
内科副部長、盗撮容疑で逮捕=専門学校生のスカート内―広島(時事通信)
加藤被告の動機に証人「人間、誰でも起こりうることかも…」(産経新聞)
AD