「吉里吉里人」「四千万歩の男」など奇抜な設定と軽妙なタッチの小説や戯曲、エッセーで知られ、護憲運動にも力を注いだ作家・劇作家の井上ひさし(本名廈=ひさし)さんが9日夜、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。75歳だった。山形県川西町出身。葬儀は近親者で行う。 

「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
悪質リース契約再燃 解約応じず、高齢者泣く(産経新聞)
「高齢女性狙った」 ひったくりで中学生3人逮捕(産経新聞)
<皇室>悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)
東北新幹線八戸-新青森駅間で試験走行始まる(産経新聞)
AD