東京都渋谷区のビル購入をめぐり、所有権を不正に移転登記したとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪に問われた元指定暴力団山口組系後藤組組長、後藤忠正被告(67)の控訴審判決公判が25日、東京高裁で開かれた。出田孝一裁判長は1審東京地裁の無罪判決を破棄、後藤被告に懲役2年、執行猶予4年を言い渡した。

 共犯の会社役員、坂上雅夫被告(53)も別の事件だけで懲役1年6月、執行猶予4年とした1審判決を破棄、懲役2年6月、執行猶予4年とした。

 出田裁判長は「後藤被告が取引の基本構造を知らされていないとするのは不合理」などとして、故意の不正登記と認定した。

 判決によると、後藤被告らは、実際には所有権を一部しか持っていなかった不動産会社と、渋谷区内の雑居ビル全体の売買契約を結び、同ビルの所有権が後藤組の関連企業に移転したとする虚偽登記をした。

【関連記事】
山口組組長の出所まで1年弱…勢力増す弘道会の動きは?
暴力団延べ55人が大相撲観戦 2親方が券渡す
「子供じゃないから分かるだろ」女性乱暴の組長逮捕
「犬をばかにした」と脅迫 暴力団組長らを容疑で逮捕
「本番しただろ!」と15万円 風俗店店長ら逮捕
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相、仲井真知事に「座って恐縮でございます」(産経新聞)
複製DVDを無許可販売で福井新聞記者を逮捕 福井県警(産経新聞)
裁判所コピー50円「高すぎる」…見直し判定(読売新聞)
「あの男は!」見当たり捜査員が発見 詐欺メール男を逮捕(産経新聞)
赤松農相の不信任決議案、自民が提出へ(読売新聞)
AD