【ブルームフォンテーン(南アフリカ)安高晋】2大会ぶりの勝利に向け、いざ初戦。サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本代表は14日午後4時(日本時間午後11時)、カメルーン代表と対戦する。日本人サポーターも初戦の開催地に続々と集結している。治安情勢に対する懸念もあり、旅行会社のツアー参加者はやや低調だ。それでも駆けつけた熱心なサポーターは「おれたちが盛り上げる」とスタンドをニッポンコールで包む意気込みだ。

 東京都江東区の会社員、福本智之さん(42)は開幕した11日、ケープタウンでフランス-ウルグアイ戦を観戦してから、初戦の地・ブルームフォンテーンに到着した。「開幕日は国を挙げての盛り上がりが伝わってきて、4年前のドイツW杯よりもすごかった。心配していた治安も今のところ気にならない。日本の前評判は高くないが、善戦を期待している」と笑顔で話した。

 港区の会社員、中居英治さん(46)と妻真弓さん(24)はマレーシアで飛行機を乗り継ぎ、約30時間掛けてようやくたどり着いた。日本代表と同じサムライブルーのシャツを着て「韓国も初戦に勝った。日本だってやれる」とエールを送った。

 一方、カメルーンのサポーターの姿も徐々に増えている。対戦前日の13日、代表選手の到着を見ようと近くの空港に約50人が集まった。赤、緑、黄の国旗を振って選手を出迎えたリチャード・アンダウさん(36)は「日本はグッドチームだけど、我々はベリーグッドチーム。FWエトーが決めて2-1で勝つよ」と顔を紅潮させた。

【関連ニュース】
南アW杯:強い気持ちで…いよいよ今夜、日本出番
南アW杯:岡田監督「やるべきことやってきた」…今夜初戦
南アW杯:日本と意外なかかわり…1次リーグ開催3都市
南アW杯:鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮
社説:サッカーW杯 世界共通語を楽しもう

新人「つぶやき」「動画」駆使 民主現職はネット利用に懐疑的 兵庫(産経新聞)
密約文書廃棄、追加調査せず=政府(時事通信)
<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
敬礼してきた小学生殴打、37歳会社員逮捕 静岡・富士(産経新聞)
大麦の新たな使い道開拓 冷たい大麦ラーメンが登場 栃木 (産経新聞)
AD