平野博文官房長官は15日午後、鹿児島市を訪れ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の基地機能の一部移転先に想定している鹿児島県・徳之島3町の住民と面会する。12日に続く鹿児島入り。平野長官は、沖縄県の基地負担を全国で分かち合う必要があると理解を求めるとともに、徳之島の振興策についても要望を聞く考えだ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

国内各セグメントが伸長し売上高4.4%増―テルモ(医療介護CBニュース)
「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
携帯投げつけ、次女けがさせる…父親を逮捕(読売新聞)
<放送法改正案>「電監審」の権限強化削除求める 日弁連(毎日新聞)
普天間、政府案決定先送りも=基本閣僚委開催に社・国反対(時事通信)
AD