「1票の格差」が最大2.3倍となった昨年8月の衆院選小選挙区の定数配分は憲法が保障する選挙権の平等に反するとして、名古屋市の男性が選挙無効を求めた訴訟の判決が18日、名古屋高裁であり、高田健一裁判長は選挙は違憲と判断した。無効請求は棄却した。
 昨年の衆院選をめぐる定数訴訟は全国8高裁・支部で起こされ、判決は7例目。東京、大阪、広島、福岡の4高裁と福岡高裁那覇支部が「違憲」または「違憲状態」と判断したが、今月11日の東京高裁の別の裁判体は合憲とし、結論が分かれている。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

東大病院の医師かたり、“薬”を販売 容疑で無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
業績悪化でお花見も自粛 宴会なし、予算カット企業が増加(産経新聞)
スカイマーク機、指示高度守らず 入力を忘れる(産経新聞)
<火災>野焼きが広がり、1号線通行止め--京都・伏見(毎日新聞)
子供の携帯「ネット不要」が43%、保護者調査 MM総研(産経新聞)
AD