脱サイレントマジョリティー宣言;名指し提案型意見集

怒り、憤りを感じることがあまりにも多い、この世の中。我慢していては精神衛生上、甚だ良くない。
そこで、思うがままのホンネの意見を、ここに主張することにした。
わが青春時代の反骨精神よ蘇れ。
沈黙の子羊、サイレントマジョリティー状態からは、もう卒業だ!


テーマ:

 

新聞のテレビ欄を見ていたところ、NHKの「もうひとつの新選組」というタイトルが目についた。

 

新選組のような組織が別にあった?

歴史についてある程度の知識は持っていると思っていた天人だが、そんな組織があったとは初耳だ。

 

興味をひかれ見てみたところ、あの清河八郎がかかわっていた、新徴組という江戸の治安部隊だという。

 

なるほど、なるほど。

興味深く見ていると、途中から、BSで本日21時から放映されるドラマ「花嵐の剣士」のシーンが頻繁に出てくるようになった。

解説によれば、新徴組にいた女性剣士がモデルのドラマだという。

 

ほーーー。女性もいた、そんな組織だったのか・・・。

と感心するのもつかの間、番組の内容は、新徴組から、いつの間にか「花嵐の剣士」の話にすりかわっていた。

これではもう、フルに「花嵐の剣士」の番宣のための番組だ。

 

羊頭狗肉。

興味ありそうな品で客を引き付け、その客に店が売りつけたい品を買わせる、悪徳商法の手口そのままではないか。

 

そのことに気付いた天人は、1時間番組ではあったが、20分ほどで見るのを止めた。

 

民放でも、新番組宣伝のため出演者が放映の数日前からクイズ番組やワイドショーなどに出演することが多いが、あれはハナから番宣とわかっているので、すぐにチャンネルを切り替えることができる。

 

しかし、今回のケースは、途中までは番宣とわからない構成につき、ついつい見てしまった。

 

天下のNHKが、こんな、視聴者を欺くようなタイトルを付けてはいけない。

付けるとすれば、「江戸にもあった新選組 - 女性剣士も」という具合に、本命とする番組を想起させるタイトルを付けるべきだった。

 

受信料をちょろまかしたりタクシー券を不正使用する、そんな詐欺行為がまかり通っている組織だから、このようなタイトルが許されたのかも・・・そうも勘ぐってしまった天人であった。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

怒髪天人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。