脱サイレントマジョリティー宣言;名指し提案型意見集

怒り、憤りを感じることがあまりにも多い、この世の中。我慢していては精神衛生上、甚だ良くない。
そこで、思うがままのホンネの意見を、ここに主張することにした。
わが青春時代の反骨精神よ蘇れ。
沈黙の子羊、サイレントマジョリティー状態からは、もう卒業だ!


テーマ:

 

東京五輪会場の見直しについて、大苦戦の小池知事。

豊洲と同様、いかんせん、問題提起が遅すぎたということだろう。

 

自民党の推薦も得ず立候補した際は、冷ややかな目で小池氏を眺めていた天人だが、当選後の動きには脱帽。

かつて、いじわるばあさんの青島氏に期待したチャブ台返しを、今の小池知事は見事にやってのけている。

 

選挙前に石原氏が「あの厚化粧・・・」とセクハラ発言したのも、自分の間違いを指摘される恐れがあったからだと考えれば、納得がいく。

 

しかし、ほぼ決まっていることをひっくり返すには、相当のエネルギーや強力な味方が必要。

五輪会場については、3つの変更案がことごとく、これまで通りとなる模様だ。

 

知事の心中、いかばかりか・・・。

 

それを、記者会見時、五輪会場は「泰山鳴動してネズミ一匹」と質問したバカ記者がいた。

どこの社の記者だろう?

 

これまで闇に包まれていた部分を次々に明るみに出そうとしている知事に対し、本当に失礼な話だ。

 

ジャーナリストというもの、権力に歯向かってこそ、その存在意義がある。

 

それをはき違え、小池知事こそが権力と考え、ああいう発言になったのではないだろうか?

 

しかし、間違えてはいけない。

小池知事は、今現在の権力者。

五輪会場の建設を決めた権力者たちは別にいるということだ。

 

小池知事は、その権力者たちの誤りを正そうとしているにすぎない。

 

それを、敵の大将首をとらんとするような揶揄発言。

いったい、あの記者の上司は、ジャーナリストの使命、心がけについて、どういう教育をしているのだろうか?

 

権力の不正をただすことがメディアの使命であるなら、たとえば

『「泰山鳴動して・・・」という結果に終わる可能性もありますが、そうなった場合、何が一番の原因だと思いますか?』

的な質問をすべきだった。

 

そうすれば、小池知事から、

『時期的に遅きに失した。もう少し前に知事になっていれば・・・』

的な答えを引き出せたかもしれない。

 

あんな質問をしたバカ記者。

どこの記者か調べたが不明。

 

いったい彼の上司は、どんな教育をしてきたのだろう?

上司として不明を恥じ、小池知事に謝罪に出向くべきだ。

 

 

 

以下は、当時の状況が報じられた記事。

 

 

小池知事が激怒した記者の質問とは…

2016122 1645  ライブドアニュース ;スポーツ報知)

 

http://news.livedoor.com/article/detail/12363429/  

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

怒髪天人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。