脱サイレントマジョリティー宣言;名指し提案型意見集

怒り、憤りを感じることがあまりにも多い、この世の中。我慢していては精神衛生上、甚だ良くない。
そこで、思うがままのホンネの意見を、ここに主張することにした。
わが青春時代の反骨精神よ蘇れ。
沈黙の子羊、サイレントマジョリティー状態からは、もう卒業だ!


テーマ:

テレビ番組中、バックに流れる音楽がダジャレ選曲ばかりで耳障り、という話しを2012年2月に書いたが、今回はその続編。

 

前回書いた以降も数多くのダジャレ選曲を耳にしてきたが、あまりにも数が多すぎ、面倒なので書くのを止めていたが、バカ選曲はいっこうに減らない。

 

あまりにも視聴者をバカにしている。

テレビに向かって突っ込むこと日常茶飯事で、精神衛生上、まことによろしくない。

 

そこで、再び、キーボドをたたくことにした。

 

以下は、最近の、気分が悪くなったダジャレ選曲。

 

 

【2017年3月31日 フジテレビ 夕方 「みんなのニュース」】

 

場所は、行列ができるおにぎり屋さん。

そこの店主が店内で握っているシーンで、ダカーポの「野に咲く花のように」。

 

人気の店ゆえ混雑しているのに、ノンビリテンポの曲。

店のリズムと全く合っていない。

 

なぜ、こんな場違いの曲を流すのか!あほたれディレクターが!

などとむかついていた、ちょうどその時、ふと、選曲理由に思い当たった。

 

それは、「裸の大将」という同じフジテレビの番組で、テーマソングに「野に咲く花のように」が使われていたことだ。

なんとなれば、主人公の山下画伯は、おにぎりが大好きだという設定だったから。

 

これはもう、なにをかいわんやだ。

シーンの情景に合わせたのではなく、連想ゲーム的感覚で選んだ曲。

それゆえ、本来は映像を盛り上げるためのBGMが、映像の雰囲気をブチ壊しにしてしまった。

 

主客転倒も甚だしい。

 

一事が万事、こんなことだから、フジテレビは視聴率が低迷の一途をたどるのだ!

 

 

【2017年4月2日 日テレ 朝 「所さんの目がテン」】

 

時間が経つにつれ焼きたてパンの中の水分が飛び、モッチリ感がなくなって固くなると解説している場面で、ビートルズの「ハード デイズ ナイト」。

 

「固い」ので「ハード」となったのだろうが、あまりにも唐突。

これも情景と異なる全く場違いな選曲で、そのアホさ加減に気分が悪くなった。

 

ビートルズファンにも失礼だ!

 

 

【2017年4月4日 日テレ 夕方 「ニュースevery」】

 

動物のラマが出ている場面で、森昌子の「越冬つばめ」。

 

最初、なぜこの曲がかけられたのか分からなかったが、どうせダジャレだろうと考えを巡らせた結果、そのココロが判明した。

 

ヒュールリー ヒュールリラマ ということだったのだろうが、これまで聞いた中で最低レベルのダジャレ選曲だった。

 

選曲した本人はヒトヒネリしたつもりで得意がっているのだろうが、こんな選曲には喝!だ。

 

 

【2017年4月4日 BS11 夜 「太田和彦 いい酒いい肴」】

 

横須賀の裏路地を、目的とする居酒屋に向かって歩いている場面で、渡辺真知子の「迷い道」。

 

誰もいない細い通路を静かに進んでいく、その場面で、なぜアップテンポの曲を流すのだろう。

まったく映像と音とがマッチしていない。

 

裏路地ゆえ、目的とする店に行く道がわかりづらい・・・そういうことを暗に言いたくて選曲したのだろうが、このような、映像の雰囲気をブチ壊す選曲はしてはいけない。

 

 

【2017年4月8日 日テレ 朝 「ぶらり途中下車」】

 

①耳栓の場面で、サイモン&ガーファンクルの「サウンド オブ サイレンス」

②ネタを2段に重ねた鮨を紹介した場面で、アンディ ウイリアムスの「モア」。

 

こういったアホBGMさえ無ければ、ナルホドナルホドと場面に引き込まれるものを・・・。

 

ダジャレBGMを流すくらいなら、BGM抜きで放送せよ!

そのほうが、よほど番組を楽しめる。

 

 

 

※追記

 

【2017年4月15日 日テレ 朝 「ぶらり途中下車」】

 

家紋関係の場面で、ビートルズの「プリーズ プリーズ ミー」。

 

たしかにカモン カモンではあるのだが・・・。

 

 

【2017年4月24日 テレ東 「昼めし旅」】

 

三色巻きずしの場面でフランス国家。

 

こんなみっともないBGMは要らないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 

厚労省が進めている受動喫煙防止のための法制化が、自民党一部議員の猛反対にあっている。

3月3日付の毎日新聞によれば、その中の一人が滋賀県選出の小鑓議員だ。

 

世界が禁煙に向けて動いているこの時代、禁煙運動に反対するなど、時代錯誤としか思えない。

 

あの禁煙大国で知られる中国の上海でさえ、屋内全面禁煙を打ち出した。

中国に追い越されて恥ずかしくないのだろうか?

見識を疑ってしまう。

 

議員たる者、次世代の日本をどうするか、という点に目を向けるべき。

支援者など利害関係者だけに目を向けるようでは、議員失格だ。

 

そんな議員は、小鑓氏に限らず、次の選挙で落としてしまえ!

そのためには投票率アップが必要。

対立候補に1票を投じる人で投票率が10%も上がれば、落とすことができるかもしれない。

 

ざっと調べたところ、自民党の反対派には、党たばこ議連会長を務める重鎮の野田毅や喫煙歴40年の石破茂の名があった。

いくら大物でも、根っこの部分がこれでは、政治家として不適格だ。

 

特に石破氏。

次期総理にはこの人がいいかな・・・と一時、思ったことがあるが、これほど近視眼的な人物だとは知らなかった。

期待していた分、落差は大きい。

 

天人、外食の際は禁煙の店にしか行かない。

特に、美味しい料理を食べに行く時には。

美味しい料理を食べに行ったのに、タバコの煙で台無しにされた時のあの悲しさ、それは筆舌に尽くしがたいのだ。

 

 

(資料)

 

受動喫煙対策 屋内禁煙、自民が反発 「個々の判断に」 参院予算委

(毎日新聞2017年3月3日 東京朝刊)

他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙防止のため、厚生労働省が1日発表した対策案について、2日の参院予算委員会で、与党・自民党から批判的な質問が出された。対策強化への反発が依然、党内で強いことが浮き彫りとなった。

 小規模なバーやスナックを除き、飲食店を原則屋内禁煙にする厚労省案に対し、自民党の小鑓(こやり)隆史氏は「小さな焼き鳥屋さんのような店は(たばこが吸えなくなれば)廃業や厳しい状態になる」と指摘。「個々の判断に任せるのが最大の分煙対策ではないか」と投げかけた。これに対し、塩崎恭久厚労相は「妊婦、子供、がん患者らの健康が、喫煙の自由よりも後回しにされる現状は看過できない」と一歩も譲らなかった。

 一方、公明党の山口那津男代表は2日の党中央幹事会の冒頭で、受動喫煙対策について「喫煙を巡る国民の捉え方は大きく変わりつつある。政治が放置しておいてはならない。国際社会に通用する法整備が必要だ」と厚労相を後押しするような見解を表明。今後、法制定に向けて、党内でも議論を尽くす方針を示した。

http://mainichi.jp/articles/20170303/ddm/002/010/041000c

 

 

屋内公共スペース、全面禁煙に=上海

(2017/02/28-21:13 時事通信)
【上海時事】中国上海市で3月1日から、屋内公共スペースが全面禁煙となる。オフィスや飲食店、娯楽施設、交通ターミナルなどでは、建物の内部で喫煙ができなくなり「これまでで最も厳しい喫煙規制」(地元紙・解放日報)という。
 上海市政府が2月28日に公表した通達によると、オフィスや飲食店、空港や鉄道駅内の分煙エリアはいずれも撤去される。未成年者が集まる学校や劇場などでは、屋外でも喫煙を禁止する。
 条例に違反した喫煙者には最高200元(約3300円)、喫煙を制止しなかった施設の経営者には最高3万元(約49万円)の罰金がそれぞれ科される。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022801305&g=int

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

新聞のテレビ欄を見ていたところ、NHKの「もうひとつの新選組」というタイトルが目についた。

 

新選組のような組織が別にあった?

歴史についてある程度の知識は持っていると思っていた天人だが、そんな組織があったとは初耳だ。

 

興味をひかれ見てみたところ、あの清河八郎がかかわっていた、新徴組という江戸の治安部隊だという。

 

なるほど、なるほど。

興味深く見ていると、途中から、BSで本日21時から放映されるドラマ「花嵐の剣士」のシーンが頻繁に出てくるようになった。

解説によれば、新徴組にいた女性剣士がモデルのドラマだという。

 

ほーーー。女性もいた、そんな組織だったのか・・・。

と感心するのもつかの間、番組の内容は、新徴組から、いつの間にか「花嵐の剣士」の話にすりかわっていた。

これではもう、フルに「花嵐の剣士」の番宣のための番組だ。

 

羊頭狗肉。

興味ありそうな品で客を引き付け、その客に店が売りつけたい品を買わせる、悪徳商法の手口そのままではないか。

 

そのことに気付いた天人は、1時間番組ではあったが、20分ほどで見るのを止めた。

 

民放でも、新番組宣伝のため出演者が放映の数日前からクイズ番組やワイドショーなどに出演することが多いが、あれはハナから番宣とわかっているので、すぐにチャンネルを切り替えることができる。

 

しかし、今回のケースは、途中までは番宣とわからない構成につき、ついつい見てしまった。

 

天下のNHKが、こんな、視聴者を欺くようなタイトルを付けてはいけない。

付けるとすれば、「江戸にもあった新選組 - 女性剣士も」という具合に、本命とする番組を想起させるタイトルを付けるべきだった。

 

受信料をちょろまかしたりタクシー券を不正使用する、そんな詐欺行為がまかり通っている組織だから、このようなタイトルが許されたのかも・・・そうも勘ぐってしまった天人であった。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

テレビ東京の人気番組「路線バス乗り継ぎ旅」の特別編を見て、嫌な気分になった。

 

それは、マドンナ役の宮澤佐江という女性が、元国鉄マンの俳優がトイレに行ってなかなか帰ってこない時、「長い」とか「ウンチじゃない」などと言葉に出していたからだ。

 

そんなことを自分がトイレに行っている間に言われたら、どんな気分になるか、考えた上での言葉なのか?

 

ましてや、相手はかなりの年上。

芸能界でも大先輩。

 

あのような言葉は、思っていても、カメラが回っている時に口に出してはいけない。

 

番組中、高校生の時からAKBに入っていたと言っていたが、若い時からチヤホヤされたため、芸能界というか、社会をなめているとしか思えない。

 

彼女の親御さん、あるいは事務所の責任者は、そこのところ、よ―く教えておきなさい。

 

彼女が出ている番組はどうせ見ないので、天人には関係のないことではあるのだが・・・・。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

東京五輪会場の見直しについて、大苦戦の小池知事。

豊洲と同様、いかんせん、問題提起が遅すぎたということだろう。

 

自民党の推薦も得ず立候補した際は、冷ややかな目で小池氏を眺めていた天人だが、当選後の動きには脱帽。

かつて、いじわるばあさんの青島氏に期待したチャブ台返しを、今の小池知事は見事にやってのけている。

 

選挙前に石原氏が「あの厚化粧・・・」とセクハラ発言したのも、自分の間違いを指摘される恐れがあったからだと考えれば、納得がいく。

 

しかし、ほぼ決まっていることをひっくり返すには、相当のエネルギーや強力な味方が必要。

五輪会場については、3つの変更案がことごとく、これまで通りとなる模様だ。

 

知事の心中、いかばかりか・・・。

 

それを、記者会見時、五輪会場は「泰山鳴動してネズミ一匹」と質問したバカ記者がいた。

どこの社の記者だろう?

 

これまで闇に包まれていた部分を次々に明るみに出そうとしている知事に対し、本当に失礼な話だ。

 

ジャーナリストというもの、権力に歯向かってこそ、その存在意義がある。

 

それをはき違え、小池知事こそが権力と考え、ああいう発言になったのではないだろうか?

 

しかし、間違えてはいけない。

小池知事は、今現在の権力者。

五輪会場の建設を決めた権力者たちは別にいるということだ。

 

小池知事は、その権力者たちの誤りを正そうとしているにすぎない。

 

それを、敵の大将首をとらんとするような揶揄発言。

いったい、あの記者の上司は、ジャーナリストの使命、心がけについて、どういう教育をしているのだろうか?

 

権力の不正をただすことがメディアの使命であるなら、たとえば

『「泰山鳴動して・・・」という結果に終わる可能性もありますが、そうなった場合、何が一番の原因だと思いますか?』

的な質問をすべきだった。

 

そうすれば、小池知事から、

『時期的に遅きに失した。もう少し前に知事になっていれば・・・』

的な答えを引き出せたかもしれない。

 

あんな質問をしたバカ記者。

どこの記者か調べたが不明。

 

いったい彼の上司は、どんな教育をしてきたのだろう?

上司として不明を恥じ、小池知事に謝罪に出向くべきだ。

 

 

 

以下は、当時の状況が報じられた記事。

 

 

小池知事が激怒した記者の質問とは…

2016122 1645  ライブドアニュース ;スポーツ報知)

 

http://news.livedoor.com/article/detail/12363429/  

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ギャーー!

我が家に悲鳴にも似た叫び声があがった。

それは2016年10月のこと。

声を発したのは小生だ。

 

スペイン旅行から帰った人に、いくつか土産を頂戴したが、その中に、La-Cubaというメーカー?のイチジクチョコがあった。

箱入りではなく、透明なポリ袋入り。

その袋の中に、金色の包装紙に包まれたチョコが10ケほど入っている。

 

どんな味なのだろう?

そう思いながら包装紙を開けたところ、中から長さ1cm程度の白い虫が飛び出してきたのだ。

しかも、のけぞったり丸くなったり、元気一杯で動いている。

ありえないシチュエーションでの出来事ゆえ、驚いたのなんの・・・。

それが、冒頭の叫び声につながったわけだ。

 

外来種ゆえリリースするわけにもいかず、殺虫剤をかけ、残りのチョコともども袋をキツク縛り、ゴミとして処分したのだが、他の土産についても何か気持ち悪く、頂戴した人には申し訳ないのだが、全て廃棄処分とした。

 

あれは加工前のイチジクについていた虫だろうか?

いやいや、チョコの中に入っているイチジクは熱処理しているらしいので、そうではなかろう。

包装時に侵入したものと考えられる。

とすれば、たとえば、原材料の保管庫とチョコの製造・包装室が同じ建物だった・・・といったことが原因だったのかもしれない。

 

チョコが入っていた袋をよくよく見れば、袋の内側にクモの巣のような白い糸状のものが、そこかしこに付着している。

また、金色の包み紙にも、糸状のものが付着しているし、10ケほど入っていたチョコのうち3ケには、包み紙に1mmほどの丸い穴が数か所ずつ開いていた。

そして、その中の一つの包み紙を開けてみれば、食い散らかした?残骸のようなカスが、包装紙の裏側の、そこかしこについていた。

 

発見した一匹の仕業か?それとも他にもいたのか?

そこまで調べる気にはならなかったが、小生、食べる前でよかった。

しかし、連れ合いは、すでに1ケ完食済。

時すでに遅しであった。

 

これが日本であれば、販売元に電話し、再発防止を求めたところだが、場所がスペインとなると、どうしようもない。

ラベルにメーカーのURLらしきものが表示されてはいるが、スペイン語はもちろん、英語もダメな小生には荷が重すぎる。

 

まあ、おおらかな南欧の国の品質管理は、この程度のものか・・・。

 

外国、特に品質管理が甘そうな国で、この種の土産を買う場合には、パッケージの内部を穴の開くほどチェックしておく必要があるのかもしれない・・・そう感じた、今回の出来事であった。

 

ただし、箱入りだとチェックは困難なことだろう。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

そうか・・・玉川徹という名前だったのか・・・。

 

連れ合いがよく見ている、朝のテレ朝ワイドショー。

そこに出ている、いかにも説教口調で、怒ったような物言いをするコメンテーターが気分悪く、連れ合いと同時間帯にテレビを見る際は、すぐさま他局に切り替えてきた。

 

誰であるか名前も知らなかったが、10月3日の週刊現代新聞広告を見て、初めて、玉川徹という人物であることを知った。

 

週刊現代の広告見出しは下記。

『何様? 視聴率1位 縦じまスーツの偉そうなヤツ

テレ朝「モーニングショー」玉川徹、態度悪すぎ』

 

名前がわかったということで、ネットで調べてみると、天人と同じように感じている人の多いこと・・・多いこと・・・。

よくもまあ、こういう人物を、テレ朝は使い続けているものだ。

寒心する。

 

いやいや、よくよく考えてみれば、テレ朝のワイドショーには、見るのもイヤな出演者が玉川氏以外にも数多くいる。

 

〇朝昼夕、テレ朝とTBSのワイドショーをかけもちし、週末には関西のテレビ局にも出演している評論家。

売れっ子といえば売れっ子なのだが、他に評論家はいないのだろうか?

言っていることは正当で説得力もあるのだが、あちこち出過ぎで、あまりにも節操がない。

 

〇国家公務員Ⅰ種合格者だが組織になじめず経産省を飛び出した変わりダネ・・・と、当時、メディアで報じられていた・・・と記憶している大学教授。

この人物もテレ朝とTBSのワイドショーをかけもちし、経産省出身ではあるが、経済以外、政治や外交など、多方面にコメントを発している。

話題性があっただけでホイホイ出演させるテレ朝やTBSの安易な姿勢に、天人はオカンムリだ。

 

〇ネジネジの芸能人。

言ってることはピント外れで、なぜ、この人物がコメンテーターなのか、いまだもってわからない。

 

〇キャバクラ嬢のような化粧をしている女子アナ。

最近は少し薄くなってきたが、それでも、朝の番組にはふさわしくない。

 

天人が見たくもない人物を、よくもまあ、こんなにも数多く出演させているものだ。

玉川氏の例もあることだし、同じように感じている人は、他にも大勢いることだろう。

 

テレ朝のプロデューサーは、来年3月の番組編成変え時に、上記の出演者を大幅に入れ替えなさい!

 

でなければ、いまにフジテレビのように、視聴者からジワジワとシッペ返しをくらうだろう。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

テレビ業界内でスタッフや出演者だけが使っていた用語・隠語を、出演者が番組の中で使い始めたのは、いつごろからのことだろうか?

森田氏がタモリという名で出始めた頃からだろうか?

 

天人は、業界用語を番組内で使っているタレントやアナウンサーなどを見ると、「自分たちは、お前たちとは違う人種だ。お前たちはこちらの仲間には入れないだろう」と言われているようで、なんとも気分が悪くなる。

 

その天人の気持ちを察してくれたかのごとき記事が、最近、朝日新聞に掲載された。

 

それは、豊洲移転問題で一躍有名になった「盛り土」の読み方に関する記事中のことだ。

「盛り土」は、広辞苑には「もりつち」としか書かれていない。

しかし建設土木業界では、長年の慣習として「もりど」と呼ばれてきたとのこと。

 

それに関し、国語学者の金田一氏は、

「一般用語を使わず、仲間うちだけに通じる特別な言い方をして仲間意識を高めたり、権威やヒエラルキーを示したりすることがある」

とコメントされたという。

 

2016101日 朝日新聞

『盛り土の読み、なぜ「もりど」? 小泉元首相からも質問』

http://digital.asahi.com/articles/ASJB10CW4J9ZUTIL06B.html?rm=478

 

やはり、そうだったのか・・・。

 

しかし、仲間意識を高めるための言葉なら、仲間内だけで使ってくれ。

公共の電波に乗せてはいけない。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「ズル ズー ズルズルー」
閑静なたたずまいの蕎麦屋で、ひときわ大きな音が響き渡った。

またか・・・。
わざとらしいほど大きな音を立てて蕎麦を食べる客に、今回も遭遇してしまった。

誰が言いだしたのか、蕎麦はすすって食べるもの・・・。
空気とツユが混じり合い、鼻に香りが抜けるのがたまらないとか。
しかし、そんなのは通ぶった人間が言っているだけで、味に関係はないのだ。

自宅で食べるのなら、好きなように食べればいい。
しかし、蕎麦屋はパブリックスペースであることを、忘れてはいけない。

 

蕎麦屋には、さまざまな客が、それぞれの思いを持って、蕎麦を食べに来ている。
それを、人の迷惑をも顧みず、鼻汁をすするような大きな音を立てて食べるなど、まったくのマナー違反だ。
デリカシーというものを持ち合わせていないのか!

あの理恵さんの気持ちがよくわかる。
 

天人は、あの音を聞くと、自分の前に置かれた蕎麦ツユに鼻汁が入ったような錯覚を覚え、蕎麦を食べる気がしなくなる。

場合によっては、その客が食べ終わるまで、箸をとることはない。

 

それなのに、最近のテレビでは、外国人に対し、蕎麦はすすって食べるものと教えている番組さえある。
何をかいわんやだ!

 

テレビ局の関係者にモノ申す。

東京五輪を4年後にひかえている今、悪弊を日本の習慣として、誤って外国人に伝えるな!


心ある蕎麦屋のご主人にもモノ申す。

「蕎麦は音を立てずに食べてください 他のお客様の迷惑になります」といったメッセージを店内に張り出すべし!
さもなくば、あの店の蕎麦は好きなんだけど、ズルズルすする客とよく会うのが嫌なので・・・と、店を敬遠する客が増えるだろう。

 

それは、タバコの煙にも言えること。

五感で楽しむ和食の世界に、不快極まりない音や臭いは、まったくの場違いなのだ。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

7月26日未明、相模原市の福祉施設に刃物男が侵入し、入所者19人死亡26人負傷という、とんでもない事件が起きた。
動機など、いろいろと報じられているが、なんとも信じられない凄惨な事件である。
世の中、こんなヤツもいるのだ。

こんなヤツ・・・・。
そういえば天人も、あれほど凄まじくはないが、こんなヤツ的な男に出会ったことがある。

場所は千葉県市原市国分寺台。
信号が赤になった際に、しばしば抜け道として利用している道路沿いに紫色の家がある。

こんな色の家に住んでるのはどんな人間だろう?と、毎回、思いながら通っていたのだが、その日はちょうど、家の前に主人らしき男がいた。
しかし、それが運の尽き。
どんな男だろう?とチラ見した・・・つもりだったが、目が合ってしまい、追いかけられたのだ。

「コラー!なんか文句あるんかー!」
今、思いだしても、背筋が寒くなる。
「若いモンを向かわしたろかー」
これはもう、暴力団である。

シマッタ・・と思っても、後の祭り。
平謝りに謝り、なんとかその場はしのいだが、帰っていく際に何回もこちらを振り向く、その怖さ。
紫色の家という点で注意しておくべきだったのに、これはもう大失敗だった。

よく見ると、玄関にピアノ教室の看板が出ている。
名前を頼りにネットで調べてみると、写真満載のホームページ。先生は着飾った女性で、生徒からの手紙も掲載されていた。

どうもイメージが合わない。
あの男の家でピアノ教室?生徒から感謝の手紙?
このような教室は口コミで生徒が集まるもの。
評判はどうなっているのだろうか?

ともあれ、さわらぬカミに祟りなし。
ンンン・・・?と感じた輩(男とは限らない)に出会った場合には、今後、一切、そちらを見ないようにしようと固く心に誓った、ネット上でのみ強気の天人であった。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。