備忘録的に・・・。


05:11 なぜかテトラにへばりついていた亀



06:14 ミニガシラ ウキ釣り



07:14 ミニソイ 穴釣り



07:20 ガシラ 穴釣り



08:05 ガシラ 穴釣り



08:41 キュウセン 前打ちもどき



09:26 ベラ 前打ちもどき



09:36 ミニガシラ 前打ちもどき



09:48 ミニガシラ 前打ちもどき



10:09 ハオコゼ 前打ちもどき









時間 04:30~10:30
天候 晴れ
中潮 干潮03:53 → 満潮08:32
気温 17~19℃
水温 18.8℃




今日の持ち帰り釣果

  穴釣り  
       ガシラ    1(21センチ)

  前打ちもどき
       キュウセン  1(22センチ)
       ベラ     1(17センチ)





到着してオキアミを撒いてのチヌ狙いのウキ釣りは、コブダイ的なあの引きに5回ハリスを切られて玉砕・・・。

3号のハリスではやっぱりダメなようです・・・。





AD



朝マズメにチヌを狙うか、夕マズメにメバルを狙うか悩みましたが、今回は朝マズメのチヌ狙いに決定。

久しぶりに早起きして、4時半に現地に到着。

日の出時間の約30分前でしたが、曇っていたのでまだ暗いです。

まずはウキ釣り仕掛けをセット。

エサはオキアミと青イソメを持ってきていましたが、オキアミをつけて投入。



潮は東から西に結構早く流れています。



ウキ釣り仕掛けを流している間に、穴釣り竿とチョイ投げ竿もセット。

チョイ投げ竿には投げ釣り用の市販3本針に青イソメをつけて投げ込み、穴釣り竿にはオキアミをつけて足元に穴に落としておく。


最初に食ってきたのは穴釣り竿。

05:24 オセン 穴釣り

これが大量に湧いています・・・。


ウキ釣りのほうは、タナを底より少し上を流れるようにセッティングし、オキアミを潮上に撒きながら流しています。


ちょうど正面に流れ着いてきたところで、ウキがゆっくりと沈み一瞬浮き上がってきましたがまた再度スーッと沈み込みます。

竿を立ててアワセてみると、何回か味わったことのある、ギューーンギュッギュッギューーンという引き。

テトラにもぐろうとするのを耐えると、今度は横にギューーンギュッギュッギューーン。

ゆっくりと竿を立てながらためて、下ろしながらリールを巻くを何回か繰り返し、海面に浮いてきたところでタモいれ成功。

05:46 カンダイ ウキ釣り


33センチでしたが強烈に引いて楽しませてくれました。


その後、同じようなアタリが2回ありましたが、いずれもハリス切れ。

内1回は、以前にも味わった、なすすべもなく竿を曲げられ一度も竿を立てさせてもらえず一気にハリスをぶちきられました。




波は穏やか





一方、穴釣りとチョイ投げのほうは、



06:12 ミニガシラ 穴釣り



06:22 ガシラ チョイ投げ



06:58 ハオコゼ チョイ投げ



07:29 ガシラ 穴釣り



07:48 ガシラ チョイ投げ



08:11 ガシラ 穴釣り

この24センチガシラを抜き上げるまでに、その穴で3回ハリスを切られていました。


08:35 ガシラ 穴釣り




雨が強くなってきたので納竿。












時間 04:45~09:00
天候 曇りのち雨
中潮 干潮04:20 → 満潮08:51
気温 20~18℃
水温 17.6℃




今日の持ち帰り釣果

  ウキ釣り
       カンダイ   1(33センチ)
  
  穴釣り  
       ガシラ    2(24・17センチ)

  チョイ投げ
       ガシラ    2(20・17センチ)







7時ごろから雨がパラパラしだし、一度は収まったのですが再度降り出しました。
雨が降らなければ穴釣りでもう少し探る予定でした。




狙いのチヌは来てくれませんでしたが、カンダイの、サイズのわりに強烈な引きが楽しめたので良かったです。


エサ盗りがだいぶ多くなってきています。オキアミを撒くと、表層でオセンなどがついばんでいるのが見えていました。

途中からはそこにピンク色したコブダイも来てオキアミを食っていました・・・。


明るい時間帯でオキアミを撒きながらのチヌ狙いは、エサ盗りとの戦いになりそうです。



AD



雨が降りそうな予報でしたが、前回釣行した白灯台前のベランダなら足場もいいので出撃。

17時ごろに現地に到着。

前回同様、シラサエビをエサにメバル狙いです。


ウキ釣り仕掛けをセットし、まずは底の少し上を流れるようタナを合わせる。

潮は湾内から湾外へゆっくりと流れています。


同時に穴釣り竿もセットし、胴突き仕掛けを際に落としてみる。

すると穴釣り竿に早速、

17:36 メバル 穴釣り竿



17:53 ガシラ 穴釣り竿






ウキ釣りのほうは反応がないので、タナを水深の半分ぐらいまで上げてみる。

すると、スーッとウキが沈み込むのと同時に、際に出していた穴釣り竿のほうもクンクン引いています。

18:22 メバル(ウキ釣り)とガシラ(穴釣り竿)



18:29 ガシラ 穴釣り竿




ウキ釣りのほうは相変わらず反応がなく、次のアタリは約1時間後・・・。

19:33 ミニメバル



タナを少し下げて流してみると、

20:02 メバル


やっと20センチオーバーが来てくれました。


その後約1時間ほど粘りましたが、雨が強くなってきたり、お気に入りの電気ウキが壊れてしまったので納竿。













時間 17:00~21:15
天候 曇りのち雨
大潮 満潮19:33 → 干潮01:11
気温 21~19℃
水温 17.5℃




今日の持ち帰り釣果

  ウキ釣り・際の置き竿
       メバル    3(21.5~16センチ)
       ガシラ    1(16センチ)




何とかメバルには相手してもらえました。

電気棒ウキの1号の細いタイプを使っていましたが、途中で電池が切れたので替えようと思ったら、なぜか本来外れるところではない本体のコードなどが入っている部分が抜け細い線が外れてしまいました。

予備で持っていた少し大きめの電気ウキを使いましたが、抵抗が大きいのか、一瞬沈んでもすぐにウキが浮かんでくることが何回かありました。

メバルが咥えても、違和感を感じて離してしまっているような感じでした。


メバル狙いには抵抗の少ない棒ウキがいいですね。



AD



仕事でしたが早めに帰宅することができたので、すぐに準備をして出撃。

ちょうど日没時間前の6時半ごろに長田テトラに到着。

いつも下りるポイントに下りてみたが、波がきつくテトラに当たっていてしぶきが結構高い位置まで飛んできていたのと風も強かったので、テトラはやめて白灯台前のベランダに移動。

風は北西から吹いてきていましたが湾内なので波は多少穏やかです。


ウキ釣り仕掛けをセットし、シラサエビをエサにメバル狙いです。


潮は満潮から引きだした頃で、湾内から湾外に向かって流れています。

仕掛けを投入する位置に合わせて、柄杓でシラサエビも上撒き。


1投目を投げ込んでから、荷物が風に飛ばされないようにまとめたりしていたときにウキを見てみると、見当たりません・・・。

竿を立ててリールを巻いてみるとクンクンと生命反応が伝わってきます。


19:05 メバル


ウキが沈むところを見ることができませんでしたが1投目から幸先のよいスタート。


シラサエビを上撒きしながら再度流していると、ウキがゆっくりと沈んでいきます。

19:36 メバル



19:53 メバル



で、次のアタリは1時間以上たったあと・・・

21:10 メバル



21:41 メバル



またアタリが遠のいていたのですが、仕掛けを回収しようとしたときにウキがスパッと沈むアタリとともに、メバルとは違う抵抗をしてきます。

22:24 アジ


兵庫突堤などではサビキでイワシにアジも少し混じっているようでしたが、20センチオーバーの良型がもう回ってきているようです。


もう少し粘って、

22:38 メバル



22:55 メバル




シラサエビが終了したので納竿。












時間 18:45~23:00
天候 晴れ
中潮 満潮18:11 → 干潮00:01
気温 23~19℃
水温 17.5℃




今日の持ち帰り釣果

  ウキ釣り
       メバル    3(21~17センチ)
       アジ     1(22センチ)






スタートはタナ2ヒロ強ぐらいでしたが、タナを3ヒロに下げてみると約1時間アタリ無く、2ヒロに戻して投入するとまたポツポツと食ってきてくれました。

メバルが食ってきたのはちょうど底(タナ4ヒロ)から半分のところでした。


狙いのメバルだけでなくアジといううれしい外道も来てくれたので、飛ばしサビキで狙えば数が釣れるかもしれません。

狙いたい魚が増えてきたので、次は何を狙おうか迷います(笑)。





朝に送迎があったので、9時半頃にいつものテトラに到着。

前回良型のチヌが釣れたので、今回もチヌ狙いです。

ウキ釣り仕掛けをセッティングしてオキアミを撒きながら仕掛けを投入。

潮はゆっくりと東から西へ流れています。



2投目でウキがすっと沈み込みましたが、軽いということがわかる引き。

09:59 ササノハベラ  ウキ釣り



もうベラがいるんですね。一気に海の中がにぎやかになってきているようです。



その後はエサだけが盗られたりアタリも何もないのにハリスから切られていたり・・・。

エサ盗りが発生しているようです。



穴釣り竿もセットして、足元の穴に落としてみると、

10:55 ソイ  穴釣り



11:01 木っ端グレ  穴釣り




一方、ウキ釣りのほうは、オキアミを撒くとすぐにボラが何匹も寄ってきて片っ端から食っていっています。

すこし離れたところに仕掛けを投入しても、

11:07 ボラ  ウキ釣り


針ガカリしてほしくなかったんですが・・・。




11:14 ミニガシラ 穴釣り






11:28 ベラ ウキ釣り





ウキ釣りではエサだけが盗られる状況なので、穴釣りでお気に入りポイントを探ってみることに。


11:34 ミニガシラ  穴釣り



11:51 ソイ 穴釣り



12:32 ガシラ 穴釣り



12:35 ガシラ 穴釣り



12:37 ミニガシラ 穴釣り



12:39 ミニソイ 穴釣り



12:41 ガシラ 穴釣り



12:46 ソイ 穴釣り



オキアミが終了したので納竿。














時間 09:30~13:00
天候 晴れ
若潮 干潮10:59 → 満潮16:31
気温 18~22℃
水温 16.7℃




今日の持ち帰り釣果

  穴釣り
       ガシラ    2(22・21センチ)
       ソイ     1(21センチ)





海の中は、エサ盗りも含め一気に魚影が濃くなってきているようです。

ウキ釣りでも穴釣りでも、エサがなくなってハリだけが帰ってくることが多かったです。


これからの時期オキアミでチヌを狙うには、朝方の暗いうちがいいのかもしれません。

明るくなってからはエサ盗りとの戦いになりそうです。