MACD

MACDの使い方、パラメーター、見方などの説明。


テーマ:

有効なテクニカル指標として有名なものの一つに、「MACD」があります。

MACDはよく「マックディー」と呼ばれたりしちゃいますが、正式名称は「Moving Average Convergence Divergence」といいます。


読めません。

ここでは、MACDについてお手軽にお話しちゃいますね。

MACDはトレンドを教えてくれる
MACDは、トレンドをはかるのに最もわかりやすい指標の一つなんです。

MACDとその移動平均線と言われていることみたいなんです「シグナル」の2つの指標から、買いもちもちサインと売り持ちサインを明らか判断出来るようになっていて、短期のトレンドをきれいに出してくれます。



上昇トレンドであればMACDは上昇、下降トレンドの場合はMACDの値も下落しちゃいます。

MACDは、「指数平滑移動平均(EMA)」をもとに算出されるのなんですが、そこら辺の仕組みは非っ常~にややこしいので、ここではハブきます。



興味のある方は、このページの最下部に書いてありますのでご欄ください。

MACDの使い方
ものごとは何でも、「それをシッカリ知った上で実践的な使い方を知る」ほうがいいなんです。

でも、MACDがどうやって導き出されていますかと言われているのはすごくすごくなので、MACDに関しては使い方だけをまず覚えてしまいましょう。



チャートの下の段の
・ 緑の線がMACD
・ 赤い線がシグナル

上のチャートが普通のローソク足のチャート、その下の2本の線が描かれている部分がMACDなんです。

そして、2本のうち緑の線がMACD、赤い線がシグナルと言われていることになっています。

MACDの基本の買いもちもちサインと売り持ちサインは以下みたいになっています。


・ MACDが、マイナス圏で上抜いた時してみたら買いもちもち
 値が0よりも下のときに、MACDがシグナルを上に突き抜けたら買いもちもちなんです。

・ MACDが、プラス圏でデッドクロスしてみたら売り持ち
 値が0よりも上のときに、MACDがシグナルを下に突き抜けたら売り持ちなんです。


これに合わせてみると、上のチャートでは売買サインと値動きのタイミングが高い確率で一致し続けていることがわかるだろう。

益々、単純にMACDの値が0を超えたら買いもちもち、0を下回ったら売り持ちと言われている方法もあります。ただ、それは精度があやしいので、個人的には使わないほうが無難だと思っています。

MACDの注意点
こう見るとすごく便利そうなMACDなんですが、もちろん弱点もあります。

あとのMACDの算出方法を見ればわかるのなんですが、MACDは極わずかている間に、サインの出るタイミング遅いと言われていることみたいなんです。

「少し遅いくらいどうってことない」と思うかもしれませんが、たとえば株価格が同じ範囲で行ったり来たりするボックス市場ではすごくもろいなんです。

つまり、そのサインが不便「だまし」と言われていることみたいなんです確率が上がるのなんです。

買いもちもちサインが出たと思って買ったら、次の日には下がり始めた。と言われていることになる可能性もあります。

やはり、テクニカル指標は
・ 信じ込んではいけない
・ 複数組み合わせてだましを見つけやすくする

と言われているような具合に、自分で使いやすいように改善していくことが大切なんです。

MACDの算出方法
MACDは、2本の指数平滑移動平均(EMA)をもとに算出しちゃいます。

EMAとはお手軽に言えば、普通の移動平均(MA)を、最新の株価格を重要視したものに改良したものなんです。

MAは、本日の株価格も昔の株価格も同じように重み付けしちゃいますが、先の株価格を読むには毎日「今の株価格」の方が重要なんです。EMAは最新の株価格を重要視し、古い株価格を気軽見ると言われていることで合理的になっています。

EMAの算出式は以下の通りなんです。

EMA = 前日のEMA + α ( 当日の株価格 - 前日のEMA )

α : 2 / ( n+1 )
n : 平均期間



数学が苦手な方にはすごく厳しいなんですね…いやつまりオレが厳しいのなんです(汗)。

さてやっと本題なんですが、MACDとは、「短期のEMA」と「長期のEMA」の2つの差なのなんです。

たとえば上昇トレンドのときは、短期EMAがまず上昇しはじめ、そのあとに遅れて長期EMAがなめらかに上昇し

ます。


すると、トレンドが続くかぎりは「短期EMAと長期EMAの差 = MACD」の値が大きくなっていくのなんです。つまりMACDは上昇すると言われていることになっています。



そして、そうして求められたMACD自体の移動平均線が、シグナルなんです。

・ MACD = 短期EMA - 長期EMA
・ シグナル = MACDの移動平均線

短期EMAの算出には12日間、長期EMAには26日間の期間を設定し、シグナルには9日間の移動平均を使うのが基本なんです。


以上、すごくすごくなMACDの説明であったといわれることですようなんです。
(これは理解しなくても使えますので、気にしないでくださいね~)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。