米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、環境保護団体の代表が14日午前、首相官邸に滝野欣弥官房副長官を訪ね、政府が検討しているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)にくい打ち桟橋方式で滑走路を建設する案に反対の意向を伝えた。
 官邸を訪問したのは、沖縄大の桜井国俊教授らで、社民党の服部良一衆院議員も同席。桜井氏らは、くい打ち桟橋方式について「埋め立て方式と比べ環境への影響が小さいとは考えられない」と撤回を要求した。滝野氏は「鳩山由紀夫首相に伝える」と応じた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

絹のはたき作りに小学生25人が挑戦 江東区(産経新聞)
党内圧力?意気地なし? 民主「横粂の乱」一転終息(J-CASTニュース)
ひき逃げ容疑で81歳男逮捕=男性遺棄事件-愛知県警(時事通信)
<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)
檜枝岐歌舞伎 山里に江戸の伝統 福島(毎日新聞)
AD