千葉県警は13日、印西市小林、不動産会社員大塚峰高容疑者(24)を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕した。

 今月に新設された「子ども女性安全対策係」による初めての摘発となる。

 発表によると、大塚容疑者は昨年12月7日午後11時20分頃、自宅近くのJR成田線小林駅自転車駐輪場で、同市内の女子専門学校生(18)のスカートの中を携帯電話で撮影した疑い。盗撮されたことに気付いていた女子学生は今年2月27日夜、「メールアドレスと名前を教えて」と、再び接触を図ってきた大塚容疑者から電話番号を聞き出し、この情報が逮捕につながった。

 調べに対し、大塚容疑者は「女性の下着が見たかった」などと、容疑を認めているという。昨年11月頃から今年2月にかけて、同駅周辺で同様の手口の盗撮などが相次いでおり、同係は、前身の「子どもと女性を守るための特命捜査班」時代から捜査を続けていた。

26日に大関魁皇への顕彰式(産経新聞)
雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
長野発B級グルメでまちおこし 8月にコンテスト開催(産経新聞)
薄毛治療に初のガイドライン=推奨度5段階で評価-皮膚科学会(時事通信)
警察広報ミスで名誉棄損=慰謝料支払い命じる-松山地裁(時事通信)
AD