国家公務員の幹部が対象の早期勧奨退職を2010年度中に一切行わないと、11年度の新規採用者を09年度実績より4割以上減らす必要があることが15日、総務省の試算で分かった。勧奨退職は通常、再就職とセットだが、鳩山政権は再就職のあっせんを禁止している。
 試算は、各府省の自己都合退職者を含むデータを積み上げた。10年度の勧奨退職者がゼロと仮定した場合、11年度の新規採用者は4028人と09年度(7213人)比で44%減。勧奨退職者が08年度(2761人)の半分なら同21%減となる。 

【関連ニュース】
統計業務の半減を提言へ=渡辺総務副大臣
「早期勧奨退職は必要」=基本方針策定へ
退職勧奨で新たな仕組み=公務員人件費削減へ
退職金の上積み検討を=天下りの根絶で提案
公務員の7月人事「延期も」=内閣人事局設置遅れた場合

民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)
「百点満点あり得ない」普天間移設で岡田外相(読売新聞)
高杉晋作の遺品返せ…ひ孫らを記念館が提訴(読売新聞)
1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い-水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)
彬子さまが米国へ出張(時事通信)
AD