1995年のナトリウム漏えい事故後、14年以上にわたって運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、国の原子力安全委員会は22日、運転再開を容認した経済産業省原子力安全・保安院の報告書について、妥当と判断した。これで再開に向けての国の手続きは整い、地元の判断待ちとなった。 

【関連ニュース】
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし
「競争」7割は1社入札=顧問雇用の企業グループ
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目

宮崎・都城で住宅火災、2人死亡(読売新聞)
看護師の新資格を検討=医療行為の一部可能に-厚労省(時事通信)
SS船長を日本で聴取 平野官房長官が方針(産経新聞)
選択的夫婦別姓は「悪影響」 議員連盟「創生『日本』」(産経新聞)
<エンデバー>米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
AD