ごーいんぐまいうぇい!

ふらりふらりと気の向くままに。日々迷走。ときどき暴走。とある自転車乗りのひとりごと。


テーマ:

思い付き草津旅、2日目。

 

起床は7時半。せかっくの温泉宿なので惰眠を貪りたいところではありますが、朝食を8時からでお願いしているのでもそもそと布団から這い出します。

 

とりあえず顔を洗って待つことしばし。

朝ごはんの時間です。

そうそう、こういうのでいいんだよ。こういうので。

 

食べながらテレビで天気予報を眺めていると、なにやらこの日夕方までは雨は降らない様子。

降らないならせっかくだし外出するかと思ってまず思い立ったのが渋峠。草津宿泊の鉄板ですね。

というわけで、食事がすんだら出かけることに。

 

今回は自転車なしの旅行なのでまずはアシの確保から。

バスターミナル近くにレンタカーがあるので電話予約もなしにとりあえず行ってみると、目の前で最後の1台の配車が終わったところという不運。

まぁないものは仕方ないということで、バス移動に切り替えます。

ターミナルに移動して白根山方面へ向かうバスの時間を見てみると、幸運なことに5分後の発車。

あわてて窓口でチケットを確保してバスに乗り込みます。

草津に自転車以外で来たことがなければ当然渋峠方面へもクルマで向かうのは初めて。

車窓を流れる景色をぼんやり眺めているうちに白根レストハウスへ到着です。

 

今年6月14日までは火山活動により入山が規制されていた草津白根。

現在も一部の立ち入り規制はあるものの、湯釜や芳ヶ平方面への遊歩道は歩けるようになってますし、もちろんレストハウスも営業再開しています。

ともあれ、せっかくなのでのんびり散策しながら湯釜へ。

初めて見る草津白根の湯釜は天気に恵まれたこともあって最高にキレイでした。

これだけでも思い付きでここまで来た甲斐があったってもんです。

 

湯釜の景色を堪能した後はレストハウス隣の案内所で情報収集。

売店のおねーさんに話を伺ったところ、芳ヶ平を経由して渋峠へ向かう遊歩道なら3~4時間で行けるとのこと。

で、渋峠ホテル前から白根へ戻る最終バスの時間を確認してみると渋峠まで歩いても十分に間に合うようで。

じゃあせっかく天気もいいんだしのんびり歩いてみようってことで、入山届を提出していざ、遊歩道へ。

 

※白根~芳ヶ平の遊歩道に入る際は入山届が必要です。

入山届の用紙は、草津白根ロープウェイの山麓駅と山頂駅、草津白根レストハウス、天狗山レストハウス、自然公園財団事務所、芳ケ平ヒュッテにあり、草津町のホームページからもダウンロードできるようです。(詳細はコチラ

 

つい最近までは規制されていたとは思えないくらいに整備された遊歩道をカメラ片手にのんびり歩きます。

自転車旅行とはまた違った景色と時間の流れ方。たまにはこういうのもいいもんですね。

 

で、やってきました芳ヶ平。

思ったよりも早く到着したのでここで少し休憩がてらお茶していこうってことで、芳ヶ平ヒュッテに立ち寄ります。

こういう雰囲気、大好物です。

 

素敵な空間でしばし癒され、ここからは渋峠へと向かいます。

と、その前に芳ヶ平湿原にも寄り道。

 

白根の案内所のおねーさんの話では芳ヶ平-渋峠間は登りっぱなしになるものの、木道だからそれほど心配はいらないよとのことだったんですが、しばらく歩くと何やら不穏な雰囲気が。

え?木道どころか岩転がってるんですが…。

 

ところどころ木道が整備された区間もあるものの、草木が生い茂っていたりとなかなかにハードな遊歩道。

というかここまでくると登山道ですね。

 

時折開ける視界に息をつきながらゆっくりと進みます。

 

で、芳ヶ平を出て1時間。

渋峠に到着。

 

とりあえず渋峠には着いたものの、白根へ戻るバスが来るのはまだ1時間半ほど先。

 

とりあえず渋峠ホテルのでカフェオレを啜りながら今後のプランを考えていると、ふと目に入った横手山へのリフト。

 

そういえばあのリフトも乗ったことなかったなーということで、行ったことないとこはガンガン行ってみようの精神。

高いところってどうしてこうウキウキするんでしょうかね。

 

リフトに揺られることしばし。

初めての横手山山頂に到着です。

 

渋峠よりもさらに150mほど高い場所から見る景色。

あの山の裏を歩いてきたんだなーとか、いつも走ってる道路はアレかーなんてことを考えながら景色眺めてました。

 

 

白根散策から宿に戻ったらまずはお風呂。この日は翁の湯へ。

この共同浴場も湯畑からは少し離れた場所にあるんですが、草津の共同浴場の中では比較的温度が低めで入りやすいということでよく利用しています。

 

汗を流したらこの日も酒屋によって晩酌の物色してから宿へ。

部屋でゴロゴロしてたらご飯が出てくるって最高ですよね…。

 

 

>>>3日目につづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

無計画旅行は楽しいんですよ。

 

どうも、ぽにです。

 

 

さてさて、遡ること8月末のハナシです。

 

翌日からせっかくの3連休だというのに天気予報は見事に雨。

どうせこのままだと三日間自宅でぐだぐだゴロゴロしてるだけになるんだろうなぁ...なんてふと思ったのが22時。

で、どうせぐだぐだゴロゴロするなら温泉宿ですればいいんじゃね?

なんてことを思い立った次第でして。

 

こと遊びに関しては思い付いたら即行動がモットー。

30分後には草津の旅館と往復のバスチケットの確保が終わってました。

 

実は草津へは年に2回は通ってるものの自転車以外の交通手段で行くのは初めてで、今回は新宿バスタからのバスで行くことに。

通常期だと3450円です。

 

バス車内で惰眠を貪ること4時間。草津に到着。

宿のチェックインには少し早い到着だったので湯畑周辺で適当に暇をつぶします。

このあたりはもう歩き慣れたもので、酒屋で夜の飲み物を物色したり足湯でのんびりしてるうちにチェックイン時間に。

 

今回の宿は飯島館

草津に来るときはだいたいいつもお世話になってる宿です。

バスターミナルから近く、湯畑まで徒歩3分で1泊2食付き8000円程度(通常期)で、自転車で行っても事前に相談していればスキールームに入れさせてもらえるというなかなかにステキなお宿です。

ちなみに食事は部屋出し。ひたすら引きこもりたい旅行だとこれがありがたいんですよ…。

 

というわけで宿に荷物を置いたらさっそく共同浴場へ。

ご存知の方も多いとは思いますが草津の共同浴場の湯はかなり高温。人の出入りの少ない浴場だと全く冷めないので50度近いとか普通にあります。

今回入った関の湯も例に違わず。

平日で且つ湯畑から少し離れた場所にあるということでなかなか入りに来る人もいないんでしょうね。めちゃくちゃ熱い。

どうしても入れない場合は加水して少し温度を下げたりもします。

もちろんやりすぎは厳禁。

そんな熱い草津の湯なので当然入ってる時間もせいぜい5分程度。

サッと使ってサッと出ることになるんですがこれだけでも充分身体の芯から温まります。

うっかり何件か浴場ハシゴするとのぼせたりもするので注意が必要。

 

汗を流した後は酒屋で買い物してから足湯で少し体を冷まして宿へ。

 

で、お待ちかねの晩ごはんです。

実はこれといって名物料理のない草津。

普通においしい普通の料理が出てくればそれでいいのです。

 

お酒もちまちま呑みつつ。

 

イイ感じに酔いが回ってきたら湯畑を散歩。

その時々の気分でフラッと動けるのもぼっち旅行の楽しみですね。

 

や、強がりじゃないです。

 

この日は月もキレイでした。

 

というか雨予報はいったい何だったのかと。

 

 

そんなこんなで初日からまったり満喫の草津旅行。

翌日の予定もろくに決めずに1日目が終了。

 

>>>2日目につづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハイ、そんなわけで前の記事にも書いたように、またやりました。CarryMeチャレンジライド。

 

今年狙ったのは襟裳岬から宗谷岬への北海道縦断560㎞。

ド平坦信号皆無な北海道ならいけるんじゃなかろうかという目論見で出発したわけですが、フリーの異音と尻の痛みに358㎞地点の留萌にてDNF。

今回はそんなチャレンジ失敗を振り返ってみようと思います。

 

・装備

今回の装備です。

概ね前回と変わらないものの、さすがに8月なのでボトル2本体制。

ペダルは前回SPD-SLだったものをMKSのSPDに変更。

サドルバッグも少し容量が大きいものにしました。

ライトは、ハンドル回りに2本とフロントフォークに1本。

装備に関しての反省点はふたつ。

「使い慣れてないSPDシューズで走った」

「硬めのサドルを使用した」

身体を極限近くまで酷使するライドでは一番使い慣れたものを使用するというのが鉄則ですが、今回に関しては飛行機輪行などそれなりの距離を歩くことを想定していつもと違うものを使用したせいで足首を痛める結果になりました。

サドルに関しては、前回のチャレンジでも尻が振動で痛んだことからやわらかめのものを準備はしていたものの試走できなかったために導入を見送り、結果的に前回とほぼ同じ距離でまた痛くなりました。

サドル沼の気配がします。

 

・ウェア

北海道の最高気温は25度前後。

本州のGWに近い気温ということで、こちらは今年の本州一周TTの装備を基準に設定。

ラッシュガードに半袖ウェア、ハーフレーパンと夏用レッグカバーという装備。

こちらの反省点はひとつ。

「裾にシリコンゴムによるすべり止め加工されているレーパンを使用した」

即効でかぶれました。

汗かく時期はダメですね。

 

・ルート

今回設定したルートは下記の通り。

襟裳岬→むかわ町 R235

むかわ町→岩見沢 道道10号/R234

岩見沢→美唄 そらちグルメフォンドルート

美唄→留萌 R12/R275/R233

留萌→幌延 R232

幌延→稚内 R40

稚内→宗谷 R238

ルートに関する反省点は美唄から先、滝川市以降のルート設定。

留萌以降の海沿いは鉄道がなく、DNFそのものの難易度がかなり高くなります。そのあたりをロードと同じリスク計算でルート設定したのがミス。本来であれば、多少距離が伸びても鉄道沿いのルートを選択しておくべきでした。

リスクマネジメント、難しいね。

 

・ポジション

基本ポジションは前回のチャレンジよりも少しサドルを前に出した設定。これによりDHバーポジションの安定感が増し前回のような上半身の痛みは最後まで出ず。

唯一、そらちグルメフォンド参加に伴う40㎞フラットバー縛りで多少尻にダメージが蓄積したくらいでしょうか。

ポジション変えられないのツラい。

 

 

反省点はこんなところです。

今回、実は前回のような関節の炎症や手の痺れは一切出ていません。

おそらくポジション最適化と春からちまちま続けている体幹トレーニングの成果だと思いますが、尻の痛み以外のトラブルがなかったことを考えれば、サドルとレーパン最適化してルート見直せばまだまだイケるんじゃね…?

というわけで、リベンジありかなしかと言われれば、大いにアリです。

さすがに年内は厳しいですが来年またタイミングがあれば狙いに行きたいですね。

 

バカは死ぬまで治らない。

よく言ったものですね。ほんと。

 

ではでは。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもご無沙汰してます。ぽにです。

 

さてさて、気が付いたら2017年も残り4か月とかびっくりな感じですが、今年も相変わらずいろいろと遊びまわっております。

 

今回はそんな中で、縁あってゲストライダーとして参加させていただいた北海道そらちグルメフォンドの様子でもまとめてみようと思います。

 

そもそもゲストとして呼んでもらったきっかけというのが、キャリーミーチャレンジライド。

ええそうです。この前の記事のアレですね。

二度とやらねぇとか言ってましたが、今年もやりました。北海道縦断で。

こちらは結果として途中でDNFとなったんですが、そのあたりはまた別の機会があれば。。

 

ともかく、このチャレンジライドの日程が今年のそらちグルメフォンド(以下そらちGF)の開催日と被っており、大会実行委員の方からチャレンジ中に開会式と第1エイドまでの区間をゲストとして参加してくれないかという打診が来まして。

そりゃあもう基本的に来るもの拒まずバッチコイな自分としてはホイホイ乗ってくわけですよ。グルメフォンドというからにはおいしいものもあるわけですしね?

 

そんなわけで、8月20日。

やってきました岩見沢。

開会式会場のゲスト用控室に向かう道中にこちらもゲスト参加の神楽坂つむりさんにも会って「すげぇ生つむりさんだ…!」って感動してうっかり”もしつむ”の機会を逃すという失態を犯すも、このあと開会式のステージに立たねばならぬということで何をしゃべればいいのやらと考えることは山積みでして。

あれやこれやと考えてるうちに開会式。

話すこと考えてたわりにはMCの方にさらっと紹介してもらって終了。

いやまぁホッとしましたよ。うん。

 

で、いよいよ走り出します。

当方キャリーミーということで、通常のロングコーススタート時間より10分早い出走です。

サポートライダー(この方もキャリーミー)と一緒にぼちぼち走ると、自衛隊のクルマが。

さすが北海道は駐屯地が多いしそこら中に走ってるんだなーとか思ってたら背面に先導車の文字。

マジすか自衛隊の協力もあるんですかと驚きながらも先に進みます。

途中で追いついてきたつむりさんともパシャリ。

 

さて、このそらちGF、エイドステーションが非常に豊富です。

各拠点エイドに加え、道中ほぼ10㎞ごとに点在する移動エイド。

自前の補給食とかいりませんね。

というわけでやってきました移動エイド。

・・・あの、有事の配給ですかね・・・?

なんとまぁ自衛隊員さんがエイドで準備してくれてるんですよ。

ちなみにこの移動エイドのメニューはコチラ。

クッキーや夕張メロンゼリー、キムチにとうきびのお菓子。飲み物はスポーツドリンクと水。

ちなみに別の移動エイドではピンクグレープフルーツもありました。

自衛隊員さんが剥いてくれた果物食べるという一種のレア体験。

 

コースはイイ感じにアップダウンを組み込んだ飽きないルートで、キャリーミーで走ってる身としてはほんともうふざけんなって感じですが、普通にスポーツバイクで走る分にはとても楽しいと思います。

というか、普通に走れば平坦な直線になりがちな北海道でよくここまで入り組んだルート作ったなと。

 

そんなこんなでエイドステーションをたのしみつつのんびり走ってたらいつの間にやら最後尾に。途中で20分ほど寝てましたしね。

ぼちぼち人もまばらになってきた第1エイドに到着です。

第1エイドでの配給品(?)はコチラ。

焼きそばと焼き鳥にくるみ餅、あとハスカップの炭酸ジュース。

焼きそばと焼き鳥の塩味と炭酸がうまいんですよこれがまた。

 

ちなみに、各拠点エイドでの提供フードはチケット式です。

事前に渡されるエイドステーションチェックリストにチェックを入れてもらい、それと引き換えに食べ物を受け取る形式。

この辺りは過去の失敗をキッチリ活かしてきてますね。

 

第1エイドを出たらサブエイドのすぎうらベーカリーへ。

走り出した時には曇ってた空もこんなにキレイに晴れて…めちゃくちゃ暑い。

 

すぎうらベーカリーでは米粉パンをいただきました。。

パンっていうかもはやシフォンケーキみたいなフワフワ感。

 

で、このあとチャレンジライドへの復帰があるわたしはここでコースを離脱。苦行の旅路へと戻りました。

 

 

開会式から第1エイドまでの約40㎞、ロングコースの1/3を走ったわけですが、こんなイベントならまた来年も走ってみたいなーというのが素直な感想ですね。

というか来年はちゃんとフルコース走ってグルメ堪能したい。

コース自体も毎年少し変更しているようなのでそのあたりも楽しみですね。

 

 

というわけで、そらちGFの感想でした。

ではでは。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

残りは70㎞。

ようやく終わりが見えてきた。

時間的に当初の目標だった東京湾→直江津24時間切りの達成はできないだろうが、日が沈む前に日本海を見ることはできそうだ。

 

相変わらず膝は痛むし、手と尻の痛みも増すばかり。

それでも、確実に前には進んでいる。

このあたりでようやく、精神的に余裕ができた。

ここまで持ってきていたものの一度も出番のなかったカメラを取り出す。

数少ない走行中の写真。

 

 

そして14時。出発から23時間後にしてようやく、新潟県入りを果たす。

 

この先の妙高側の下りについては路面が荒れているので注意が必要とのアドバイスをツイッターでもらっていたので慎重に進む。

とは言ってもやっぱり下りはDHバーポジションなんだけれど。

 

 

県境を下りきって、あと30㎞。

正真正銘、あと少しと言える距離まで来た。

もうこの先は登りもない。

妙高から上越の市街地へ。

脚も、手も、尻も、全て痛い。全身が悲鳴を上げている。

目の前にゴールがある、ただその事実だけが疲弊した身体を動かす原動力だった。

あと少し。あと少し。あと少し。

 

案内標識に、「直江津港」の文字が見えた。

 

葛西臨海公園を出発してからの苦行のような時間がフラッシュバックする。

ついにここまで来た。

あと交差点をふたつ進めば、海が見える。

 

そして、

2016/10/24 16:25 日本海を見た。

 

出発してからの走行距離314㎞、所要時間25:22。

東京湾→直江津、キャリーミーで完走達成。

 

「ちょっとキャリミの限界見てくる」と言って飛び出したこのライド。先に限界を迎えたのは乗り手の方だった…。

 

 

 

と、いうわけで、長々と書き連ねてきましたキャリミチャレンジレポもこれにておしまいです。

なお、今回のチャレンジで得た知見は以下の通りです。

 

・CarryMeのポテンシャルは、すごかった。

・ノリと勢いもほどほどに。

 

このチャレンジが今後の皆さんの自転車生活を彩るひとつのネタになれば幸いです。

 

あと、

キャリミはいいぞ。

 

~走行ログ~

2016/23,24[CarryMeチャレンジライド] https://connect.garmin.com/modern/activity/1418556051/share/0?lang=ja

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。