特許・実用新案 審査官の視点 & 弁理士の視点

特許庁で審査官の実務を身に付けてきた弁理士が、様々な観点からつぶやきます。

NEW !
テーマ:

いま、多くのお役所では、書面の電子化を行っています。

特に、特許庁では、書面の電子化は必須です。


膨大な出願書類の内容が、審査の際に参照されますので。

(わたしはコンピュータを使わない時代の審査は経験していませんが、さぞかし大変だったことでしょう。)


まず前提として、特許や実用新案の出願手続きなどを、紙の書面で行うことも可能です。

しかし、上記のような事情から、電子化を行う必要があります。

この電子化のために必要な費用(実費)は、手続をした者が納付しなければなりません。


詳細は、こちらをご参照ください。『書面で手続する場合の電子化手数料について』

https://www.jpo.go.jp/uketuke/denshika.htm

以下、ポイントを概説します。


・オンライン可能な手続を書面で行う場合に必要です。

電子化手数料の納付を必要とする手続一覧は、上記のサイトをご覧ください。


・電子化手数料が納付されない場合、届出の手続書類は、却下処分となります。

例えば、特許や実用新案の出願手続が却下されたら大変ですね。


・該当する場合には、電子化手数料納付の案内が届きます。

この案内が届いたら、納付が必要なことがわかります。


・電子化手数料の納付がない場合や、不足している場合は、特許庁から指令がかかります。

この指令に従わないと、届出の手続書類は、却下処分となります。


インターネットの環境があれば、オンラインで手続ができます。

オンラインで手続を行えば、電子化手数料は掛かりません。


オンラインで手続を行うためには、専用ソフトをダウンロードして、操作することが必要です。

また、電子証明書の発行が必要です。


お忙しい経営者の皆さまにとっては、面倒な処理ですね

はじめから特許事務所(弁理士)に依頼して、紙の書面ではなく、オンライン手続きを行う方が確実です!


*****************************************

【PR】業界の常識は、世間の非常識!これから特許を学ぶ方に、知らないと損する情報を発信していきます!
そんな東雲(しののめ)特許事務所へのお問い合わせは、お気軽にこちら からどうぞ!
http://www.patande.com/お問合わせ/  (←お問い合わせフォームが開きます。)
*****************************************


ご参考になれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。


**************************************

東雲特許事務所(しののめとっきょじむしょ)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営


【楽しいホームページ】個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【実案ドットコム】個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
http://www.jitsuan.com/

【商標ドットコム】信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://blog.livedoor.jp/shinonomepat/
【本音モードのブログ】弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【特許の拒絶理由対策ドットコム】特許のプロ向けのサイト、復活?!
http://kyozetu-taisaku.jimdo.com/
【特許の拒絶理由対策ドットコム】特許のプロ向けのブログ、始動!
http://blog.livedoor.jp/kyozetutaisaku/

【アイデアモール】アイデア品販売や製造業者との交流の場をご提供!出品無料です!
http://ideamall.jimdo.com/
http://ideacompany.cart.fc2.com/
ロゴ+東雲特許事務所(250×220) アイデアモール(2段) 商標ドットコム2 実案ドットコム2

いいね!(11)  |  リブログ(0)