佐藤貴規オフィシャルブログ「我武者羅」Powered by Ameba

佐藤貴規オフィシャルブログ「我武者羅」Powered by Ameba


テーマ:
みなさん、こんばんは‼️

ブログ全然更新していなくてすいません。


先月の29日に無事、24歳を迎える事が出来ました😌✨


なので、今日は24歳になって初めてのブログを書きます!

そこでみなさんに報告しなければならない事があります😭‼️


この度、僕…佐藤貴規は

プロ野球(ヤクルトスワローズ→福島ホープス)を退団し、また、、野球でプロに復帰することを卒業しました…。


卒業と言ったら、綺麗事にしか聞こえないかもしれません。

だけど、僕の中で本気で悩み、考えついた答えがこれでした。


21歳で戦力外を味わい、22歳でまたNPB復帰に向けて独立リーグで挑戦し、計6年間野球を職業としてやってきました。


高校3年生の2010年ドラフト会議…僕は兄と同じヤクルトスワローズに育成3位で入団。本指名を含め、9人目の入団選手でした。

背番号は111番…
兄が付けている11+憧れていた青木選手(青木宣親)が当時付けていた1を足して、111の背番号。


この番号から、絶対に1桁か2桁の番号に変えてやる!!そう思って入団したことを覚えています。


しかし、僕は入団当初から大きな悩みを抱えていました。

それは、投球障害(イップス)です。

始まりは中学の頃でした。


元々中学時代打撃に自信が無く、守備に自信があった僕がまさかこのようなことになるとは思いませんでした。

プライドもあった僕は、自分が投げられないことを周りにさらけ出すことが本当に嫌で、毎日誤魔化しながら、治す努力もせず、ただ練習をこなすだけでした。


高校に入る直前に知り合いの方から打撃を教わり、そこで投げられない自分を打撃でカバーすれば、自信がついて投げられるようにもなるんじゃないか?と思い、ひたすら打撃に集中しました…

しかし、それは治すではなく、逃げでした…


心のどこかで、いずれ治るだろう。バッティングだけ良ければなんとかなるだろう。そう思いながら僕の高校3年間はイップスから逃げるようにおわった。


ヤクルトへ入団し、春のキャンプが始まった。
打撃に自信はあったが、やはり投げることには自信はなかった…

僕に期待したくれているコーチの方々がたくさんアドバイスをくれた。


毎日練習が終わると付きっ切りで教えてくれました。


しかし、それでも僕は自分自身に自信が持てず、打撃で結果を残しても守備面で成長することが出来ませんでした。


毎日朝が来るのが怖く、時には指先の感覚さえもない日があったり、昨日出来ていたことが急に出来なくなり、野球が本当に嫌いになりかけていました…


そして、2014年10月1日…戦力外通告を受けました。


その時は悲しい気持ちもありましたが、正直やっと解放される…もうあの出口の見えないトンネルから抜けられる。という安心感があり、その気持ちのほうが大きかったと思います。


戦力外になり、4年間住んでいた寮を退寮し、僕は実家へ1度帰りました。


そこから、毎日が家族会議…


僕の為にと思って言ってくれている両親や兄弟の言葉さえも響かず、耳を傾けることも無く、毎日が苦しかった…。


そんな時、いつも応援してくれているファンの方々のTwitterのコメントを見ました。


どれも応援してくれているコメントばかりですごく嬉しかった…
野球をやめるはずなのに、、どんどん気持ちが揺らいできた時だってでした。

兄からLINEがきた。


今までにないほどの長文でした。


僕にダメ元で送ってきてくれたのだろう。

兄からのLINEを読み、自然と涙がこぼれた



よし、応援してくれているファンの為、みんなのため、家族のため、ケガから復帰に向けて頑張っている兄の為に、もう1度野球をやって、イップスとも向き合って絶対また同じ舞台でやってやる!


その日から僕の第2の野球人生がスタートしました。


そして、独立リーグ福島ホープスへ入団!


ヤクルト時代からお世話なっていた、岩村さん、真田さん、試合をする度に声をかけてくれていた村田さんが監督、コーチとなり、スタートしました。
岩村さんは監督という立場ではあるけれど、いつも僕に気を遣ってくれて、僕がプレーしやすい環境を作ってくれたり、言葉にはしないけれどそんな優しさが僕にはすごく伝わっていました。

真田さんもヤクルト時代のロッカーが隣でその頃から可愛がってくれていて、まさかまた同じユニフォームを着てプレーすると思ってもみなかったけど、いつもご飯に連れていってくれたり、僕のお家に来て色んなお話をしたり、アドバイスをくれたり、たくさんお世話になりました。

そして、村田さんは同じ外野手ということもあり、僕の気持ちをすぐ察してくれました。
ホープスを入団してからも村田さんは僕の送球練習にいつも付き合ってくれて、ダメになりそうな時も常に心強い言葉をくれました。


2年間福島ホープスで主軸として試合に出させてもらって、野球はもちろんそれ以外の事をたくさん学びました。


はじめは環境の違いで戸惑うことは多々あったけど、僕はとても貴重な経験ができたと思ってます!


ハングリー精神、一つのことをやり抜く力、忍耐力、本当に様々な考え方を学ぶことが出来たと思います。

イップスも決して完全に治った訳ではないけど、大事なのは治る治らないではなく、イップスと向き合ったり、自分と向き合ったり、それを真剣に考えたり、、イップスになったお陰で人の痛みもわかるようになれるかどうか、イップスになったことが果たしてマイナスなことだけなのか。それを考えれるかどうかが一番大事なんだと今は思ってます。


ある人から、こういう言葉を教えてもらいました。

「人が大きく変わる時って文字通り、大変なんだよ!」


と…


ホープスを退団してから約2ヶ月…


今僕は就職活動をしながらアルバイトをしています。

そこでも初めて経験することや、色々な方々との出会いなど、、、何より、野球しかやってこなかった僕が思うのが、お金を稼ぐって本当に大変なことなんだなぁって身に染みて思いましたし、今までそうやって頑張って汗水流しながら一生懸命頑張っている人達や、家族を偉大だなとも感じるようになりました。

正直、野球をやめて次に自分がやりたいことはまだ見つかっていません…


でも目標が出来ました。

野球で稼げなかった分、次に絶対に稼いでその仕事で胸を張れるようにするんだ!と、、、




野球をやっていたから学べたこと、野球をやめたから学べたこと、、


僕は今まで辛いことのほうが多い気がするけど、

辛いことがあるから成長できると思えたし、

今までの苦労は決して無駄じゃなかったと思える日が絶対いつか来ると信じて僕は前を向いて次のステップへ進みたいと思います!!



長くなりましたが、


僕を6年間応援してくれたファンの方々、友達、家族、今まで僕に携わってくれた方々も含め、みなさんには本当に感謝しています。


みんながいなかったらとっくに挫折していた思います。今も逃げるだけの自分になっていたと思います。


   少しでもプロ野球という世界でやれたことを誇りに思うし、そしてクビになったことが恥ずかしいことではなく自分と向き合える時間をくれただけなんだと今は思えるようにもなりました。


本当に今まで応援ありがとうございました…。

僕のファンがいてくれた事も忘れないし、
僕を応援してくれたことは一生の財産です!

  
{7ADE4335-928E-467E-9467-F9BE724EFAE6}

{363E2D1B-C680-498E-B39F-9C82A52CEF15}

{63DBB198-3D5B-4692-9628-B5F9A9328059}

{D7D6390C-9534-4D5C-BA40-C181A3662CC1}


☆Takanori★

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み