薬膳で女性の体質に合わせたケア・体質改善。ためになる薬膳・食生活術

不妊、頭痛、むくみ、性の悩み、更年期、食欲不振、アトピー。
薬に頼らず薬膳や食事でからだにやさしく悩みを克服。
女性のための食と養生のさろん つむぎ
食と養生のサポーター 提中 知子 Dainaka Tomoko

NEW !
テーマ:
こんにちは。

薬膳で女性の体質に合わせたケア
体質改善プランナー 提中(だいなか)知子です。



九州で、大雨の被害も出ていて、脅威すら感じます。

こちらも、今日は、朝からシトシト梅雨の雨が、降っています。


 ~梅雨のジメジメから来る不調~ むくみ取って、スッキリ食生活術レッスン
   




前回に、引き続き、今日は2回目を開催させていただきました。

今日も初めて、ご参加いただく方ばかりです。

遠方の大阪から、はるばるお越しいただくので、ちょっと緊張です。


薬膳のおはなし、気に入っていただけるでしょうか?







ようこそおいでくださいました。

今日も、蒸し暑い日ですね。








では、早速、はじめましょう。


季節が変わると、人のからだの中も変わっていくって、ご存知でしたか?

梅雨時期になると、こんな不調感じませんか?


食欲が減る

おなかがつかえる

からだの冷え

むくみが出る

便が、やわらかい

これは、どうして、起こってくるのでしょう?

どうやって、解消していけば、いいのでしょう?




今日は、梅雨時期にどうして、からだがむくんだり、食欲が減ったりするのか、不調の原因をしっかり、お伝えしていきます。

合わせて、この梅雨時期の不調が起きたら、どのような食材で改善していけばいいのか、解決する方法をお伝えしていきます。







参加者さまに、お聞きしました。

食生活で気を付けていることは、ありますか?

 [Hさま]
わたしは、コーラスをしているのですが、いまは、筋力トレーニングをして、もっといい声が出るようにしたいですね。

それと、フレンチやイタリアンの外食を良くするのですが、漢方や薬膳のお料理も食べに行くことがあります。

自分でも、この症状のときには、この食材がいいとか、分かればいいなあと思っているんです。

[Kさま]
わたしは、仕事をしているので、なかなか食事に気を付けるのは、できていないです。

体調の改善は、してみたいなと思っているのですが、なかなかできません。

こったお料理は、できていないんです。
     


梅雨時期のおすすめの食材をいくつか、お伝えしました。

薬膳では、食材ごとに、味や、性質、それから、どこのからだの部分を養っていくか、決まっているんです。


◎青紫蘇

◎はと麦

◎とうもろこし

◎ジャスミン茶


それぞれの性質を調べてみましょう。


それぞれ、性質、温めるものや、冷やすもの、どちらでもないもの。

この性質が、分かると体調に合わせて、選んで行くことが出来ますよ。

たとえば、青紫蘇は、温性ですから、温める食材です。梅雨時期のちょっと冷えるときに、使っていただくといいのですよ。

食材って、いろいろな効能があるんですね。







はと麦は、冷やすんですか?

知らなかったです。


はと麦は、からだの要らない水だけを、尿から、排出してくれます。

日常的に、ごはんに入れたり、使えますよ。







そうなんですね。

知らなかったです。

はと麦茶なら、ありますけど。



次は、梅雨の湿気の影響をからだが、受けていないか、調べてみましょう。

舌の診断で、だいたい、分かりますよ。

ご自分の舌、見られたことありますか?










はい、なんか、苔がついているので、ハブラシでとったりしたことが、あります。

口臭の原因になるって、聞いたものですから。


そうなんですね。

舌は、中医学(中国の伝統医学)では、大事な、診断法なのです。

もちろん、これだけで、からだ全体は、診断はできないですけれど。



[Hさま] 

少し、からだの水の巡りが、良くないみたいですね。

原因は、ひとつは、気が不足していることも考えられます。

水だけでなく、血の巡りも良くないと思いますよ。

もっと、血や、水を巡らしてあげたいですね。

いつも、どんな、お茶飲んでおられますか?


水か、緑茶が多いです。

飲みすぎですか?


飲んで、しっかりと、きれいな水に作られていたらいいのですが、お腹の調子が良くないと飲んでも、水に変えられていないこともありますよ。


[Kさま]

少し舌の色が、良くないみたいですね。

もう少し、明るい色が、健康の状態なのです。

それに、舌が渇いているのが、わかりますか?

あと、季節の湿気より、からだの中で、湿を作られているみたいですね。


どうしたらいいですか?

はじめて、自分の舌をみたんですけど…。

    




舌には、からだの大切な情報が、隠されています。

ハブラシで、ゴシゴシは、やめた方がいいですね。


お話しばかりで、ちょっと疲れたでしょう?

次は、若返りのジャムの試食と、からだを温める、ブレンドテイーをどうぞ。








ブレンドテイーは、からだを温める食材5つのブレンドです。

女性のからだは、冷えがちです。

潤いを与えて、巡りを良くするブレンドテイーです。

お味は、いかがですか?

 これ、酸味と甘味があって、美味しいですね。

ハイビスカスが入っているんですか?

ビタミンCが、たくさん入っているんですよね。

なんか、あつくなってきました。


この黒いのは、何ですか?


こちらは、乾いたからだを補って、潤わせる食材ばかりで、つくったジャムです。

老化を予防する、クコの実も入っています。

からだの根本から潤しますよ。


わ、美味しいですよ、これ。

黒ゴマペーストは、買うんですが、甘すぎて、食べられないです。

でも、このジャム、食べやすいです。

黒ゴマは、とてもからだにいいですものね。

売っていただけませんか?


ありがとうございます。

今度、イベント限定で販売します。  











はじめて、薬膳のレッスンを受けて見られて、いかがでしたか?


 [Hさま]

いままで、体調が悪いと、マッサージ行ったりしていたのですが、何をどうしたらいいのか、漠然としかわからなかったのです。

今日は、テーマを絞って、食材のこと、お伝えしてもらったので、確かな指標をもらえた感じがして、すごく、分かりやすかったです。

不調が起こったあとに、薬をのんで、対処するのでなくて、こういう症状のときは、どれを使うかがわかりました。

食材を、少し選択できるようになれて、安心感がもてて、よかったです。

[Kさま]

食材に、こんなに効能があるなんて、びっくりしました。

少しづつ、体質を改善するために、食材をえらび分けていけたら、うれしいです。

   



こちらこそ、歴史の長い、薬膳の魅力をお伝えできたこと、うれしく思います。

ぜひ、聞いただけでなくて、実際に、キッチンで、今日おすすめした食材や茶葉をどんどん、使ってみてくださいね。

からだが変化していくと、楽しくなってきますよ。

からだは、必ず、こたえてくれますから。


自然の食べものには、わたしたちが、忘れてしまっている、すばらしいはたらきがあります。

体調に合わせて、はたらきがあったものを、食べ分けていくと、少しづつ体質も改善されていくのです。

梅雨時期に不調ばかりだったわたしですが、本当に、からだが変わってきました。

ご一緒に、もっと健康になれるよう、はじめていきましょうね。


楽しい有意義なひと時を、ありがとうございました。

また、7月16日(土)の、夏の薬膳レッスンで、お会いしましょう。



最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。



薬膳さろん つむぎ






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

薬膳で女性の体質に合わせたケア
体質改善プランナー 提中(だいなか)知子です。


昨日、梅雨のさなかに開催させていただいた、こちらのレッスン。


  梅雨のジメジメからくる不調 むくみスッキリ食生活術レッスン     





お友達でお誘い合ってご参加いただいた参加者さま。







この中のお一人の参加者さまが、このようにおっしゃいました。

 わたしは、たくさん健康の本をもっているんです。

この食材は、ビタミンU。

この食材は、たんぱく質。

栄養の知識も豊富に持っておられる様子でした。

そして、ご家族の高血圧治療のために、玉ねぎの皮を煎じていますとも、おっしゃいました。

だれしも、健康になりたいと思っているのですが、ここまで、一生懸命に、日々の生活に生かすことは、なかなかできないことです。


ただ、こうもおっしゃいました。

結局、何がいいのか、わからないんです。 





何がいちばん、健康にいいのか、ほんとわからないですね。

情報が多すぎて。



今回、レッスンの途中で、舌診(ぜっしん)という、舌の診断を少しさせていただきました。

舌で、梅雨の湿気の影響を受けているかどうかもわかるのです。



舌って、みなさん、いつも見られていますか?

あまり、毎日、見ていますという方、少ないかもしれません。

わたしは、毎日、それもしょっちゅう、舌の様子を見ています。


舌のコケって、口臭の原因になるとかで、ハブラシでゴシゴシされている方もおられるんじゃないですか?

でも、実は、あまり知られていないのですが、舌には、からだの中のサインがいっぱい出ているんです。

お一人ずつ、この舌の診断をさせていただきました。


見事にお一人お一人、全く違う舌の状態でした。

というか、同じ舌の状態の方って、ほとんどおられないと思います。


舌から、こんなことまで、分かるのです。  

気が不足している元気不足。

血など潤いが不足ぎみ。

血が停滞しているお血。

からだに要らない水分が停滞している。
   




この舌の状態は、何を見るかというと、一つは、舌の形です。

形で、いろいろな、からだの中のことが、分かります。


小さい舌の方もおられますし、大きい舌、ちょっと、はれてる感じの方もおられます。

また、歯形が付いている舌の方もおられます。


あと、苔です。

舌に苔が、べったりついている方もおられます。

色が白の苔が付いている方もおられれば、黄色っぽい苔の方もおられます。

苔で、舌の様子が見えない方もおられますし、うっすら、舌が見える方もおられます。


すべて、中医学という、中国の伝統医学の見方です。

この舌の見方を知ると、十分、体調のチェックになるので、とても便利なんです。


この舌で、体調や体質がおおよそ検討つくので、食材を食べ分けることもできるのです。

ちなみに、数年前のわたしの舌は、こんな感じでした。


 ◎舌の形
はれぼったくて、歯形がついている。

◎舌の色
なんだか、白に近い、薄い色。

◎苔
舌の様子が見えないほど、真っ白な苔が、ベッタリ。  



さて、この状態のとき、からだの中は、どうなっているのでしょう?

こたえは、気が不足しているです。(言い換えれば、元気の不足)

そして、からだに要らない水分が停滞している。

停滞しているから、気や血の巡りが悪い。

巡りが悪いから、冷えやすい、栄養が作りにくい。

すべて、悪循環です。

健康とは言い切れません。









これは、からだにとっては、じゃまなものなんです。

なぜ、こうなると言えば、いろいろ理由があります。

結果から言うと、こんな舌の時は、良く、風邪をひいたり、口内炎になったりさんざんでした。

病気ではないけど、調子が悪い。

こんな感じでした。

このころ、何も薬膳のこと知らなかった時期ですが、なんとなく、思っていました。

「わたしの、舌、なんでこんなに、白い?」

「この白い苔、気持ち悪い。取りたい」






あれから、もう、8年ほど経ちましたが、今は、全く、別人のように変わりました。

舌の色も少しピンク色が、出てきました。

苔は、あまり、ベッタリついてはおりません。

体調は、風邪もひかなくなり、口内炎もほとんどないです。


つまり、健康な舌と不健康な舌、両方を経験したことになります。


舌一つで、体質がわかるわけではないのですが、でも、大きい情報がかくされているんです。


みなさん、舌の診断が終わって、こうおっしゃいました。

「今まで、元気だと思っていたのですが、ぜんぜん、そうではないんですね。」


わたしの経験ですが、正常な舌に近づくほど、からだの不調は、減ってくると思います。


病気ではないけど、なんだかもう一つ、調子が良くない。

これは、未病という、病気の前のサインです。

このときに、薬は、必要でないので、食事で、崩れたバランスを回復することが、大事なのです。


自分に現われているサインが、健康のサインか、それとも病気にちかづいているサインなのか。

このことに気づくには、薬膳が、大いに、頼りになると思います。


古きをたずねて、新しきを知る。(温故知新)

医療機器など一切なかった数千年前の中国に、こんなすごいことを発見した、お医者さんが、たくさんおられたことが、ほんとに、びっくりです。

五感は、医療機器に頼っていては、研ぎ澄まされません。

自分の五感は、今の時代、常に、研ぎ澄ますことが大事です。


病院の数値で一喜一憂せずに、自分の五感を磨きましょう。

そのためには、からだの声を聞くではなく、聴くことが大事なんです。



体質改善は、中医学(中国の伝統医学)です。

昔から、いまも、ずっと続いております。

コマーシャルは、一切ないですが…。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

薬膳さろん つむぎ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

薬膳で女性の体質に合わせたケア
体質改善プランナー 提中(だいなか)知子です。


梅雨の晴れ間の今日、サロンで開催させていただいた、こちらのレッスン。








~梅雨のジメジメから来る不調~

「むくみを取って、スッキリ食生活術レッスン」


4名の参加者さまとの初めてのお出会い。

始めまして。

よろしくお願いします。

みなさまおそろいで、お越しいただき、ありがとうございます。








薬膳のレッスンを始める前に、参加者さまにちょっと、おたずねさせていただきました。

「健康のために、続けておられること、健康習慣、何かされていますか?」
 [50代女性]
カスピ海ヨーグルト飲んでいます。
それに、1日1万歩歩いています。

[50代女性]
 いま、介護の仕事をしているのですが、からだがくたくたで、自分自身が弱ってきているのです。
 生姜や、黒酢や、ハチミツなど、健康にいいものはいろいろ、試しています。

[50代女性]
ハーブが好きで、日常的にもっと使いたいのですが、なかなか続かないのです。

[40代女性]
いままで、健康にはあまり、意識していなかったのですが、もっとからだにいいものを知りたいです。

   





お聞きすると、みなさま、それぞれ、お体のこと考えて、食生活を気を付けておられるようです。

お一人の方が、このようにおっしゃってくださいました。

「薬膳には、ずっと前から興味はあったのですが、詳しくは知らないので、とても楽しみに来ました。」


ちょっと緊張してきました。

さあ、では、始めましょう。



今日は、梅雨時期に出やすい、これらのからだの不調。

・やる気が出ない。

・食欲がない。

・からだが、だるい。

・むくみがある。

・からだの冷え

病院にいくまでもないけど、なんだかスッキリしない状態。


まずは、この不調が、どこから来ているのか気になりますね。

それと、この不調を改善していく、食生活の方法ってあるのかどうか?ということです。


今日のレッスンでは、梅雨時期の不調の原因と改善していく食生活の方法をお伝えします。





まずは、からだの不調のチェックです。

いくつ、当てはまりますか?

一つです。

二つです。

三つです。


不調を感じていくには、こちらが、からだの声を聴いてあげるきもちがないと難しいです。

数が問題なのでなく、不調を感じることが出来るかどうかが、問題なのですよ。


これらは、からだからの声にならない、サインです。

小さなサインのうちに、少しづつ、改善していきましょう。


梅雨時期の不調の原因をお伝えした後は、不調をやわらげていく、ふだんのおすすめ食材です。


梅雨時期の不調を改善する、特におすすめの食材や、お茶は、こちらです。

みなさん、身近にあるこれらの食材、ご存知ですか?








では、お話しは、終わりにしましょう。

続いて、試食のお時間です。


今日は、みなさまに、若返りのお茶と手づくりジャムを召し上がっていただきました。







若返りという言葉に、すごく反応されていましたね。


でも、女性にとっては、永遠の課題です。

大事なことですね。

からだの健康と美、それからこころの美もつながっていますから。


「このジャム、わ~。美味しいです~」

「好きなのばっかりです~」



終了時間が迫っても、いろいろ質問して、聞いてくださいました。






参加者さま

「とうもろこしは、冷やす食材ですか?」

「いいえ、とうもろこしは、冷やしもしない、温めもしない食材です」

「どんな体質の方でも、安心して、使っていただけますよ」


参加者さま

「昆布は、お鍋に入れるから、温める食材かと思っていましたけど、違うんですね。」

「はい、どちらかというと、冷やす食材です。

「季節に合わせて、ほかの食材で、バランスを考えてもいいですね」


参加者さま

「このお茶飲みやすいです。」

「杜仲茶は、これだけだと、飲みにくくて、結局、やめてしまいました。」

「このブレンド茶は、杜仲茶だけでなく、他の茶葉も混ぜているのです。」

「むくみをとるために、要らない水分を出す茶葉に、ほかの茶葉も混ぜているのです。

「そうすると、むくみが出ないようにすることに近づけるのです。」


みなさん、薬膳のレッスン、はじめてでしたが、いかがですか?


[50代女性]

自分は、元気だと思っていましたが、自分では気が付いていないことばかりでした。


[50代女性]

何か特別な食材を使うのかと思ったら、そうではないのですね。

身近なものが、お薬になるのですね。

いろいろ情報にすぐに飛びついてきたのですが、良くないことですね。


[50代女性]

本をいろいろ買って、試してきましたが、ぜんぜん、生かせていないことがわかりました。


[40代女性]

自分は、いままで、お茶も全然気をつけていなかったのですが、早速、紹介していただいた、とうもろこし茶を試してみたいと思います。



  



梅雨の不調の原因を知ると、そこから解決につなげていく食生活の方法も分かってくるものです。


なんとなく意識せずに食べていた食材が、こんなにすごい、はたらきがあること。

これに気づいていただくと、食材を見る目も変わっていきます。

医食同源です。

食べものは、お薬そのものです。

からだにやさしい副作用もないお薬です。


「いつまでも質問をしていただき、午後からも続けたいですね。」

ほんとうに、名残惜しいですが、そろそろお時間です。


今日の1日は、とても有意義な1日でした。

楽しいお時間を、ありがとうございました。





笑顔でお帰りいただくことができ、本当にうれしく思います。

みなさまの食生活に、幸せの変化があらわれますように。


最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。


薬膳さろん つむぎ


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。