薬膳で女性の体質に合わせたケア・体質改善。ためになる薬膳・食生活術

不妊、頭痛、むくみ、性の悩み、更年期、食欲不振、アトピー。
薬に頼らず薬膳や食事でからだにやさしく悩みを克服。
女性のための食と養生のさろん つむぎ
食と養生のサポーター 提中 知子 Dainaka Tomoko

NEW !
テーマ:
こんにちは。


薬膳で女性の体質のケア、体質改善プランナー

提中知子(だいなかともこ)です。







いきなりのデビューで、失礼いたします。
はじめまして、こちらもよろしくお願いします。

二人で、薬膳のことみなさまにお伝えしていきます。
今後とも、二人で一人前を目指し頑張ります。

よろしくお願いします。



制作してくださった女性デザイナーさんを末尾でご紹介しています。
ご覧ください。


自分のからだをコントロールできないくやしさ、情けなさ、でも、最後には、あきらめ。
そして、親からいただいた、このからだや体質に不満。

もってはいけない感情を、いままで、抱いていたかもしれません。
どこかに、からだの不調は、自分のせいではないと思う気持ちがあったのでしょう。

こんな不調続きの、わたしに、とうとう転機が訪れました。

1年で、一番苦手な梅雨時期を今年は、何年振りかで不調もなく元気に過ごせました。
偶然でなく、自分でようやく体調をコントロールできた、その結果かなと思います。

      








薬膳をはじめて、九年目。
その素晴らしさ、確かさを、ようやく実感している最近のわたしです。

若いころの、八年間の自分の不妊の経験。

実は、梅雨時期の不調と不妊がイコールで、結ばれていたこと。
このことに、やっと最近気が付いてきました。


まさか、不妊の原因が、頭の重だるさ、からだの重だるさ、むくみ、食欲の減少と関連性があるなんて、その頃は、思いもしなかったです。

ひたすら、できないストレスに苦しみ、病院の結果に落ち込み、人と比べて自分を過小評価し、これでは、からだもほんと、しんどかっただろうなと振り返り思います。

病院では、不妊とからだのだるさ、むくみが関係があるなんて、アドバイスは、一切されないからです。

しかし、決して、病院が良くないというわけでないんです。
こういうからだのとらえ方が、いまの現代医学にはないだけなのです。

 



不妊の原因がどこにあるのか、卵管の検査や子宮の状態を事細かに調べるいまの医療。

まさか、梅雨時期の重だるさ、食欲不振、むくみが、不妊とつながっているか、だれも、考えないことです。

これは、薬膳を知れば、因果関係が、はっきりと理解できます。
つまり、不妊は、子宮だけの問題から出てきているのでないということです。







(左側が、わたしです)


子どもを授かるために、大事なのは、子宮だけでないのです。
からだ全体の良い環境が大事です。

子宮を良い環境にしようと思ったら、当然、からだの重だるさ、むくみを取り除いていかないといけないです。

なぜなら、からだの重だるさ、むくみは、要らない水が停滞している可能性があるからです。
要らない水があると、からだにどんな影響があるかですが、いろいろあります。

からだに必要な気の不足。

からだに必要な血の不足。

からだに必要な水(きれいな)の不足。

巡りが大切な気の停滞。

巡りが大切な血の停滞。

巡りが大切な水(きれいな)の停滞。
   


最終的には、からだが冷えて、子宮も冷えて、不妊につながる。

こういうことも考えられます。
要らない水は、からだには、負担です。

それは、からだを冷やしてしまうからです。
いくら、からだを温めようとしても、なかなか温まりません。


この私の不妊の経験を無駄にせず、地道に、継いでいけたらなと思っています。

近じか、女性の悩みを解決する連続セミナー をはじめます。
テーマは「不妊」です。







お子さんが授かれないと悩んでおられる方の中に、もし、この症状で悩んでおられたら、ぜひ、薬膳に、出会っていただきたいな、と心から思います。

正直言いますと、薬膳の確かさに出会うためには、長い時間が必要かもしれません。
なぜなら、自分で探そうとして歩まないと、面白さには出会えないからです。

食べものの効果を、からだで一つ一つ感じ続けていかないと、分からないのです。
しかし、からだの変化を感じ続けていくと、大きな変化が待っています。

喜びです。
からだが変わる経験を積むことが出来ます。

そして、体調を食事で、自分でコントロールしていける自信です。

不妊を経験することは、いま振り返ると、貴重な経験でした。
これがあったおかげで、食事の大切さを知り、今のわたしの元気な体調があります。

苦難を経験してこそ、解決方法を探り、選択し、努力する方向性が見えてきます。


からだの不調は、サインです、
このサインをしっかり五感でキャッチしていきましょう。




似顔絵イラストを描いてくださった女性デザイナーさん、ご紹介



野間口美佳さんです。

わたしの特徴をとらえて、実物より若く、かわいく、上品に仕上げてくださいました。

うれしいです。
本人にでは、恥ずかしさもあり、伝えきれない表情も、こちらならすんなり伝えてくれそうです。

これからは、こっちの知子さん?と一緒に、登場させていただきます。


野間口美佳さんのご紹介は、こちらから





ティーポット 薬膳体質養生茶は、こちらからご購入いただけます。
→ 通販ショップはこちら



薬膳さろん つむぎ






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。


薬膳で女性の体質のケア、体質改善プランナー

提中知子(だいなかともこ)です。




夏だからこその、からだ計画。

お母さんだって、からだの改革必要ですよね。








なんだか、体調がすぐれないんです


お一人の女性が、サロンへ体質チェックにお越しいただきました。


お越しいただきました T・Rさま。

からだの気になるおなやみ


毎日夢を見るんです。

食後、眠気がすごいんです。

頭痛も固定痛があって。

朝、なかなか目覚められないんです。 

シミ

足、顔のむくみ

髪のパサツキ

    



そうなんですね。

いろいろな気になる不調を感じておられる様子です。



では、体質チェックはじめましょう。
気は、どうでしょう?

血は、どうでしょう?

水は、どうでしょう?

この3つが、しっかりからだにないと、不調が現われやすいですよ。 



では、何が、原因で、気になる症状がでているのか、まとめてみますね。



体質チェックの結果
気不足から、血不足。

気不足から、水(津液)の停滞

気不足から、血の停滞

血不足から、血の停滞   










からだは冷えている傾向ですね

冷えると、臓腑の推動作用(動かすちから)が低下します。

気や血や水の生成もすべて、気のはたらきです。

気が不足すると、トラブルが出やすいですよ。

食べものから、栄養の気・血・水がうまく作られないです。







そうなんですね~。



では、お悩みを解決するために、

おすすめの食材をタイプ別にご案内しました。



生活の養生について
これらの食材を、積極的に使ってみてください。

朝ごはんは、パンからお米にできるだけ変えていきましょう。

お米は、気をしっかり補います。

気を増やすと、水の巡りも良くなりますよ。

水の巡りが良くなると、気や血が作られていきます。

そうすると、もっと血の巡りも良くなり、結果、気になる不調が取れていくと思いますよ。

1週間、2週間まずは、続けていきましょう。

   

わかりました。

2週間後、からだの変化がどうなったか、ご報告します。



体質チェックが終わり、食生活の事情をお話しくださいました。


わたしの家族は、わたしの作ったものしか食べないんです。

手を抜きたいのに、作ったものしか食べなくて、困っています。

レトルトなんか、絶対食べないんです。

正直、ちょっとは、手を抜きたいところなんです。   

外食もしないんです。 




それで、お返事しました。

それは、しんどいかもしれないけれど、きちんとした食生活が出来ているからだと思いますよ。

もし、お母さんが、食生活を大切にしていなかったら、外食が好きなお子さんになっていたかもしれませんよ。

お母さんは、家族の食医(食のお医者さん)の役割なんです。

家族の体調の変化を気付いて、体調にあった食事をつくる。

そして、病気にならないようにしていく。

家族の健康をどのようにもできる、大切な役割がありますよ。    




このようにアドバイスいたしました。


お客さまの感想
食事は、からだを養うためだけでないんですね。

お母さんに作ってもらうことで、こころの安定にもつながる。

家に帰って、お母さんの料理で、こころも落ち着くんですね。
    



しっかり、ご自分で、何をすればよいのか、前向きにとらえてくださったようです。

薬膳は、手っ取り早く体質改善できるものではありません。

でも、わたしの経験上、食事で体質改善に近づくことができます。

漢方薬を飲まなくても、体調を良くすることもできます。

夏のからだ改革、頑張りましょう。

きっと食べもののはたらき、からだで感じますよ。








こちらの薬膳体質養生茶「気分パッと明るくなるテイーをおすすめしました。

ちょうど、今の体調におすすすめのお茶です。






今日から、毎日、続けてみますとのお返事。

お茶一つで、からだって変わります。

夏のからだ改革、楽しんで、行きましょう。





ティーポット 薬膳体質養生茶は、こちらからご購入いただけます。
→ 通販ショップはこちら



薬膳さろん つむぎ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。


薬膳で女性の体質のケア、体質改善プランナー

提中知子(だいなかともこ)です。



もし、ひとつの何でもない献立が、不調を改善するとしたなら。

あなたは、それを作りますか?

それとも、作ろうとせず、お薬に頼りますか?


今日、口内炎が口にでたので、お薬の前に、自然界の植物で、ゆっくり症状を改善してみます。

不調の時こそ、焦らず、まずは、食事でからだの中から改善が、ほんと大事なのです。


こちらが、くちなしという食材です。









からだの心の熱を取る食材です。

夏には、香り高い白いお花が咲くそうです。

その実が、くちなしです。

実が開かないことから、口無しの名前になったとかの由来があります。

おもしろいですね。

薬膳料理は、からだの不調に、スーパーの食材や自然界の植物や動物、鉱物を使います。


はじめて見られますか?

おせち料理の栗きんとんの染料にも使われています。

くちなしは、スーパーに売っていますので、また、チェックしてみてください。


くちなしごはん

くちなしの割った実を、ごはんに炊き込んで、美しい黄色のごはんに仕上げました。






薬膳では、五行説(ごぎょうせつ)という自然哲学の理論があって、次の関係が大事なのです。


腎の陰(血)が足りなくなると、心の火を抑えることが出来なくなります。

わかりづらいので、自然界を想像してみてください。

火の勢いがどんどん増すと、水で押さえます。

その関係と同じように、からだの中も考えます。


心の熱を取り、腎の陰(血)を補うのです。

火が出たら、水で消すです。

これが、大事です。









夏の暑さや、精神的な怒り、イライラなどの熱は、心にとっては、余計なものなのです。

この余計な熱が、からだの中で、特に心で旺盛になるから、からだに火が余分にでるのです。

この熱を下げて、バランスを元に戻してやりましょう。

熱を下げないと、どんどん、からだの大切な血や水が消耗されて、大変になります。

早く、手を打ちたいところです。




くちなしのたきこみごはん

材料

お米
平性(へいせい) 温めもせず、冷やしもしない
からだの気を補う

くちなし
寒性(かんせい) からだ(心)の熱を取る 
血の熱を取る

あさり
寒性(かんせい) からだの熱を取る
精神的な不安、いら立ちの熱感を取る

ひじき
寒性(かんせい) からだの熱を取る
乾燥肌、抜け毛、しこりに良い

にんじん
平性(へいせい) 温めもせず、冷やしもしない
消化を良くし、お腹の弱りに良い、血を補う

パセリ
温性(おんせい) からだを温める
発散作用で、滞っている気を発散する

昆布だし
寒性(かんせい) からだの熱を取る


くちなしは、お腹が冷えていたり、もともと弱い方は、下痢をしてしまうこともあります。

ですから、にんじんを入れて、お腹を冷やしすぎないようにしています。






ここからは、昔のお話しです。

むかし、中国には、食医(しょくい)という王様の健康を管理するお医者さんがおられたそうです。

中国の国の王様が病気になるということは、国が滅亡しますから大変です。

その食医(しょくい)は、外科医や内科医よりも尊敬されていたそうです。

なぜかというと、食医は、病気になっていない段階で、ふだんの食材で、王様の状態にあった食事で、不調を治してくれたからと言われています。


食事で不調を予防する食事が、薬膳なのです。

決して、何か、変わったものを使った食事ではないので、ご安心くださいね。

くちなしの炊き込みごはんの後。

こちらの中国緑茶を一服。

注ぎ入れるときの瞬間が、好きです。







ほんのり、心地良い苦味。



茶葉も効能があります。

心の熱を取り、気持ちを落ち着かせます。

からだの要らない熱を取ってくれるのです。

こんな素晴らしい効能があることを先人が、見つけてくれています。



自然界の植物は、素晴らしいですね。

黙っていても、たくさんチカラを秘めています。

こころもからだもすこやかになるために、もう一度、身のまわりの食材や植物に、目を向けていきたいですね。

こちらのブログで、より詳しく、ためになる漢方の記事を書いてくださっています。

女性のみなさん。

夏をすこやかに過ごしたいと思われる方は、ぜひ、こちらをご覧ください。









薬膳さろん つむぎ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。