さとう社会問題研究所・心理コンサルティングのブログ

あらゆる社会での対人関係の問題は心の問題の原因にもなります。
法律や政策により苦しめられている方たちもいます。

さとう社会問題研究所ではカウンセリングを中心に、
心理コンサルティングとして幅広く対応しています。


テーマ:

スカイプ相談にいただいた感想(2017/6/13)

 

 

みなさん、ごきげんよう。

 

今回は、さとう社会問題研究所のスカイプ相談をご利用いただいた方からのお声です。

 

ご本人の許可をいただき、一部の言葉や表現などを変えた上で転載させていただきました。

 

 

今回の方は、面会交流中にお子さんを誘拐され、お子さんを取り戻すため裁判を起こした方です。

 

先日、裁判所での一連の手続きを終え、結果が出るのをお待ちになる段階になった事もあり、

 

私の方から一度、スカイプでのお話をお勧めしました。

 

メール相談契約があるため、このスカイプ相談は割引料金でご利用いただきました。

 

 

以下、クライアントから頂いたメール(一部変更あり)です。

 

 

>ありがとうございました。

>先生とお話しできて本当に良かったです。

 

>理不尽な思いのストレスが少しずつたまっていて、待つしかない状況でどこにも吐き出すところがなかったのでかなり貯まっていました。

 

>先生に話すことができて気持ちが楽になりました。
>ただひたすら待つ気持ちになりました。

 

>気持ちとしては定期的にカウンセリングしてもらいたいと思っています。
>また予約を入れたいと思います。

 

>メールでお話しするのとスカイプでお話しするのとでは同じ事を相談してもスカイプの方が気持ちがスッキリします。
>以前はメール相談だけでも十分だと思っていましたが、スカイプ相談も必要だと感じました。

 

>またよろしくお願いいたします。

 

 

以上

 

 

私からも、このメールに関するところを簡単にご説明しておきます。

 

 

この「理不尽な思い」のストレスは、耐え難いものがあります。

 

このクライアントは、お子さんを誘拐された後、警察署に被害を訴えたものの、

 

「監護権など知らない。証明しろ」と、無知を振りかざすDV警察官に罵倒され、

 

その事にも、とても悔しい想いをなさっていらっしゃいました。

 

まあ、当然の事でしょう。

 

こういう出来事は、「日常に潜むトラウマ体験」であり、

 

程度の差こそありますが、フラッシュバックを繰り返し、

 

何年でも被害者の心を苦しめ続けます。

 

そういうお気持ちを受け止め、

 

少しでも、その苦痛を和らげられる様、

 

丁寧にお話をうかがうのがカウンセリングであり、

 

私のカウンセラーとしての役割です。

 

 

ブログやツイッターに気持ちを吐き出すという方もいらっしゃると思います。

 

ただ、暴力的な言葉、感情的な言葉に対し、

 

無責任な賞賛と煽りを入れるコメントも少なくありません。

 

その行動に移す事のできない暴力的な言葉や感情のやり取りで、

 

さらに抑圧される悪循環に陥り、裁判に負け続け、

 

研究所の開業前から今に至るまで面会が実現していない、

 

当事者を何人も見てきました。

 

 

それに対し、私は、社会の理不尽と戦うためには、

 

過去の事例に対する精査検討、

 

問題に対する正確な専門知識や言葉による助言、

 

そして、何より「クライアントの行動する力」だと考えています。

 

ただ、この「行動」とは、「目先の事に闇雲に動く事」ではなく、

 

時には「あらゆる苦痛も耐え忍び、地を這ってでも動く事」だと考えています。

 

 

今回のスカイプ相談でも、

 

過去の事例などから、お子さんが帰ってくることを信じ、

 

「多くの当事者の様に、余計な事をして自滅しないよう、

 

布団をかみしめてでも耐え忍んでください」

 

とお伝えしました。

 

それが、

 

ただひたすら待つ気持ちになりました

 

というお言葉になっています。

 

 

カウンセラーとして丁寧にお話をうかがいながら、

 

クライアントには「社会の理不尽と戦う力」を手に入れていただく。

 

これを、私は、「さとう社会問題研究所のハラスメント防止教育」

 

(対人関係のトラブルを防止するための教育)として、

 

行っています。

 

 

DVで訴えられ社会的排除を受けてらっしゃる方、

 

親子断絶の当事者からのご依頼で考えたもので、

 

そういう方たちにお勧めしているのですが、

 

なぜか、DV被害者のご利用ばかりが多くなっていますね。

 

 

さとうかずや(さとう社会問題研究所

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

さとう@大阪茨木の社会問題研究所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。