歯列矯正の定期チェック

テーマ:
早いもので、
前回の歯列矯正の調整から4週間が経ち、
また定期受診してきました。


これまでのことは過去記事参照↓


で、今回は、
やっと、上顎に取り残されていた八重歯1本に、針金を引っ掛けるための器具が付けられました。
光をあててボンドみたいなのを固めているのを見ると、どうしても3Dアーツペンを連想してしまいます。まあ、技術的には歯科の方が先行していたものでしょうけど。

上顎に関しては、八重歯に器具が貼り付けられたけれど、今はまだ針金は通さず、現状維持でした。無理に引っ張るような状態を避けるためだそうで、時期をみています。

下顎の方が進展があり、奥歯7番左右ともほぼ完全に生えてきた(早い!)ので、5番6番の間と6番7番の間にゴムをかけられて、器具を入れるための隙間作りをすることになりました。
これは、すぐに拡がるものだそうで、7〜10日以内に受診するように言われました。
下の歯はあまり歯ならび悪くないんですけど(だから急がなくていいって言ってたのに、7番が出てきて状況が変わっちゃったのか?)、上下のバランスもあるし、噛み合わせがうまくいくようにっていうのもあるのかな。

このゴム、かなり違和感を感じるそうで、一日中「なんか変な感じがする」って娘は言ってました。
そりゃそうですよね。奥歯にものが挟まったら、私だってわかりますもん。
翌朝には、「もう慣れてきた」って言ってましたけど。


娘の歯列矯正を見ていて、上顎拡げただけでは八重歯が自分で降りてこないっていうのがよくわかりました。歯列矯正の装置のチカラって、すごいな〜。








AD