『山手町探偵クラブ』

読書記録です。

連休前に図書館へ行ったときに見つけた児童書『山手町探偵クラブ』。
表紙の絵が藤子不二雄系で、目を引いて、
探偵クラブなんて面白そうだなと思って、かりてみました。

主人公は小学4年生の少年と、その子のおばあちゃん。
少年はパッとしないんだけど、おばあちゃんがいきいきしていて、
おもしろくて、いっきに読めてしまいました。

娘は小4だし、こういうのは好きで読むのも速いです。

1冊174ページあるし、息子にはまだちょっとしんどい文量かなと思ったけど、少しずつ読んでいました。

このシリーズは、あと2冊出ているみたいなので、探して読みたいと思っています。図書館になければ、リクエストしておこうかな〜と。





AD