朝の占い。

テーマ:


こんばんわ。ぷなママです。


今日も暖かかったですね。


明日から、また寒くなるってホントかなぁ?






ぷな娘「ママぁ。今日のおうし座1位だよ!!(^O^)/」






え??1位?


ぷなママとぷな娘は、おうし座。






ぷな娘「ママ。今日はきっと良い日だよ。お仕事頑張ってね。」






そうかぁ。良い日になるといいなぁ。(*^▽^*)






さて、今日も無事仕事が終わり帰宅。


特別良い事があったわけじゃなかったけど・・・


その「普通」が、1番の幸せなのかもな。






ぷなママ「ただいま~。」


ぷな子達「おかえり~。」






クンクン・・・・。


何だか、良い匂い。





ぷな娘「ママぁ。お味噌汁出来てるよ。ヾ(@^▽^@)ノ」











マジで!?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ








ぷな娘「お姉ちゃんが、ご飯も作ってくれてるよ。」









なぁに~。ご飯ですと~!!Σ(゚д゚;)













太鼓会のお姉ちゃんが


貸していたぷなパパの漫画を返しに来たついでに


冷蔵庫の残り物でご飯を作ってくれました。









占い1位、最高!!(≧▽≦)










ぷなママ、超幸せ者でございます。


4人で楽しく食卓を囲み


占いどおり、今日は良い日になりました。


また、学校の帰りにでも遊びにおいで。


ぷな家は、いつでもwelcomeよ。(*^ー^)ノ


ねっ。ぷなパパ。







AD

こんにちは。ぷなママです。





いや~・・・毎日暑すぎですな。










日帰りの遠出も終わり

少しはゆっくり休息でもとるか・・・










・・・って、あれ??










ぷな息子の顔が赤い・・・










富士急の当日も多少赤みはあったものの



日焼け??



そんな程度だった赤み。










それが頬も腕も足も赤い!!(゚Д゚;)










休息はお預け・・・(-_-;)





ダッシュで皮膚科の病院へε=ε=ε=ヘ(;°∇°)ノ










「りんご病です」










ぷな息子は症状が軽く、熱もなければ多少のかゆみ程度。

伝染病なのですが潜伏期が感染期間。

症状が出ているぷな息子はすでに無害。



この病気は妊婦さんにとっては危険な病気なんだって。

でも、何の症状もない時が感染期間。

防ぎようがないじゃないですかぁ~(゚Д゚)クワッ










そう・・・



感染期間は誰にも分からない。










今朝起きて見ると










ぷな娘の顔も赤い!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)





やっぱり、こうなりましたか(ノд・。)










「りんご」の前は「とびひ」だったぷな娘。



幸い酷くはならずに治りも早かったのですが

毎日の通院に、飲み薬に塗り薬・・・

感染しないように洗濯は別。

洗濯後は洗濯機の熱湯消毒。





時間のないぷなママには更なる試練かと思いましたよ。





とにかく夏場は危険が一杯ですね(^◇^;)>





皆さん、気を付けましょうヽ(≧▽≦)ノ

AD

久しぶりのパソコンアップ。ぷなパパです。




入院中の「携帯版ぷなぷな日記」は結構好評だったようですね♪
これだけ好評なら、普段も携帯アップを使っていこうと思ってます。

コメントを返せないのが難点なんですがねぇ・・・(-_-;)
携帯からコメント返すのは一苦労ですよ。
本文を入力するのでさえ、まだ遅くて遅くて。

いい加減慣れないといけないのは、分かっているんですけどね~(汗)











やっぱキーボードが最高ですなっ!(゚Д゚)ノ








さて、日曜日に通常の声を無くしてからもう3日。
相変わらず不自由な生活が続いております。

声がまったく出ない訳ではないので、生活は出来ます。
でも、一生懸命発声しても「小さなかすれ声」なのです。




最初は本当に本当にショックでした。





首のリンパ節の所で、腫瘍が大きくなりまして、
その腫瘍が「横隔神経」や「反回神経」を大きく圧迫しまして、
ぷなパパの左側の声帯の動きを奪ってしまったんです。


「もう元の声には戻りません・・・」



そう告げられました。
でも、ぷなパパは人とおしゃべりするのが大好きです。
子供と歌を歌ったりするのが大好きです。

これじゃあ大好きな和太鼓の練習も出来ないじゃないですか。




とても納得いくものじゃありません。
声は・・・声は絶対に諦めませんっ!!(゚Д゚)クワッ

入院中、先生にある事を直訴しました。













放射線治療。






体中にガン細胞が転移しているぷなパパにとって、
もう、放射線治療はあまり意味の無い治療かも知れません。

でも声を戻す可能性は微かにあるのです。

腹部や肺の腫瘍にでは無くて、首のガン細胞に特化した治療です。
100%の声に戻ることは無くても、80%まで回復するかも知れない・・・。
このまま声を失ったままじゃあ、生きる楽しみが減るんです。


微かな可能性に賭けて、昨日から放射線治療が始まりました。
しばらくは自宅から通いの治療になりますが、こんなのヘッチャラですヽ(≧▽≦)ノ



この文章を打つのにも、肩を上下に大きく呼吸しながら書いてます。
体力もかなり落ち込んでるので、集中力も落ち気味ですよ(泣)

書いていて、かなりまとまりの無い文章になってしまいましたが、
5月一杯は、放射線治療に専念して頑張ります!!







また元の声で、みんなとおしゃべりしたい・・・。






ぷなパパの今、1番の願いです。
負けませんよっ!(゚Д゚)ノ負けてたまるものですかっ!!(゚Д゚)ノ

放射線治療が少しでも効果が出ることを信じていますから・・・。








読み返して見て、「まとまりの無い文章だな~」と苦笑い。
体調も悪く、今回の入院で体力も底まで落ちました。
長文のブログを更新するのにも、体力が必要だというのを実感しました(汗)

放射線治療を続けつつ、少しずつ体力も付けていかないといけないなぁ~っと思ってます。
さあ、今日はもうパソコン落とします。
ゆっくり休んで、明日の放射線治療に向けて体調を整えないといけませんからヽ(≧▽≦)ノ

AD
dame


ブログの更新もだいぶ滞っております(´・ω・`)


副作用なのか病気のせいなのか、体調が悪い日が続いているのです。

いろいろやりたい事や、やらなければいけない事が
たくさんあるのですが、何も出来ません・・・。

困ったもんです(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

外は春。でも・・・

テーマ:


ご報告。ぷなパパです。




ここ数日の体調は最悪です(-_-;)

何とも例えようのない気分の悪さと、
激しいお腹の痛みに襲われております。








治験の為、4月14日に入院します(゚Д゚)ノ





詳しくは、また後日お知らせしますね。
少し休みます。今までに無い体調の悪化に少々戸惑っています。
あ~、チョコレートパフェが食べたい・・・(笑)


激痛物語 第一章。

テーマ:
最強の痛み。ぷなパパです。




治験まであと3週間。

「気付けばあっという間」が理想だったんですが、
人生そう上手くはいかないものですね(泣)



今週は、だいぶ更新も滞ってしまいました・゜・(ノД`)・゜・


その最大の理由は・・・、






















超弩級の痛み(゚Д゚;)











もう、何もする気が失せるほどの痛みです。






首の腫瘍も3ヶ所に増えましたし、この1週間でかなり大きくなりました。
微熱も上がったり下がったりを繰り返していますし・・・。

MSコンチンとオプソ(モルヒネ)の併用で、
痛みを抑えているのですが、飲むタイミングを間違えると、
痛みのビッグウェーブが襲いかかって来ます(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


最初にも書きましたが、治験までまだ3週間あります。


















こんなに時間がゆっくり感じるとはっ!ヽ(゚Д゚;)ノ




布団に横になるとお腹の腫瘍が痛むので、
パソコンの前にジッと座って、「SIMCITY4」をやってます(笑)

絵とか描きたいんですけど、痛みでとても集中出来ません。
もう少し・・・もう少し・・・。
もう少しだから、頑張りますねヽ(≧▽≦)ノ

raiya

猫も好き。ぷなパパです。





今日は、がんセンターに行ってきました。
治験のお話をする為です(´ー`)ノ

最終的には3種類の治験のお話を頂きました。
治験が始まるのは、順調に行けば4月の3週目くらいになりそうです。

直前の検査に引っ掛かると、治験に参加出来なくなるそうです。
あと1ヶ月。何としてでも体調の維持に努めます(゚Д゚)ノ





以前、首のリンパ節に転移した腫瘍が
少しずつ大きくなっているようです。

お腹の痛みも確実に酷くなってきています。
1ヶ月は正直長いですね・・・。


でも頑張ります(≧◇≦)
治験に参加したくても出来ない人は確実にいますし、
新薬の認可を何年も待ち望んでいる方々もたくさんいます。

副作用が辛くても苦しくても、そんなのは贅沢な悩みです。
毎回言ってますが、いつでも笑って乗り越えてみせます。





ぷなパパは幸せ者ですヽ(≧▽≦)ノ











絶対に負けません。生き続けますから(゚Д゚)クワッ





今日は絶不調です(泣)
お腹の痛みがハンパじゃありません。ですのでまた明日・・・。

あっ、それともう一つ。
最初の写真は、奥さんの実家で飼っている猫ちゃんです♪
お気づきの通り、記事には全く関係ありません(笑)







(23:30追記)
ぷなぷな日記を読んでくれている地元中学生のみんなへ。
ちょっと早いけど、卒業おめでとうヽ(≧▽≦)ノ

少しずつ大人になっていく時期ですが、無理に背伸びする必要はないと思います。
たくさんの出会いと、たくさんの別れを経験してください。
たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん遊んで、たくさん学んでください。

無限大の可能性を秘めた自分という原石を、たくさん磨いてくださいね。
眩しいくらいキラキラの心。大切にしてください(´ー`)ノ

新しい風・・・。

テーマ:


新しい風。ぷなパパです。




ブログを休んで約1週間半が経ちました。
昨年の4月からブログを初めて早くも10ヶ月、
「ガン」と告知されてから1年が過ぎました。

「ぷなぷな日記」休んで思った事・・・、








あ~、ブログ書きてぇ(゚Д゚;)








そうなんですよ。
ちょっと面白いもの見ると「ネタが出来たな~」とニヤける・・・。
面白い事があると「どういう風に記事書こうかな?」を考える・・・。

ぷなパパにとって、ブログは生活の一部になっていたんですね。
休んでみて、ブログの面白さを再確認しました(゚Д゚)ノ















ハイ。確実にブログ中毒ですよ(笑)

















さて、話は変わりまして、
この日記をお休みしている間に起こった出来事を書いていきましょう。

14日のバレンタインデーは国立がんセンターで精密検査がありました。
この日は昨年、「ガン」と告知された日です。
時間が経つのは本当に早いですねぇ。もう1年ですか・・・(´・ω・`)


そして23日、その結果を聞きに再びがんセンターに行ってきました。



実は最近判明したのですが、首のリンパ節にガンが転移してしまったのです。
以前手術で摘出したところに近い部分に転移が認められました。

転移もしてしまい、痛みも酷かったので、
正直、「これはヤバイな・・・」と思いましたよ。

内臓への転移も覚悟していました。



結果は・・・、
「首のリンパ節に転移はしたものの、内蔵への転移は無く、
急激な悪化はしていない」
とのことでした。




良かった・・・( ̄∇ ̄+)



とりあえず安心しました。

しかし、背骨と胃の間にある腫瘍は、確実に大きくなっていました。
痛みの原因はこの腫瘍が、神経を圧迫しているからなので、
大きくなるとこれから先、もっと痛みが増す可能性が大ですね(泣)

腫瘍マーカー(AFP)も5790(正常値は9.5未満)と高いままです。
お腹の中にある小さい腫瘍もいくつか確認されています。

相変わらず、内臓への転移の可能性は高いままです。
いつ爆発的な悪化を起こすか分からない状態のままなので、
楽観視できることではないですし、油断はできませんね。






そしてもうひとつ、先生から思い掛けないお話を頂きました。















「新薬の治験(臨床試験)に参加してみませんか?」











新薬や新しい治療法の効果や安全性を調べる試験を「臨床試験」と言います。
中でも、承認前の薬が「有効かどうか」や「安全かどうか」を調べる試験や、
既に、承認済みの薬について新たな効能を確認するための試験を「治験」と言います。

ここで有効性と安全性が確かめられてはじめて「薬」として世に出ることになるんです。

現在使われている「抗がん剤」や「治療法」は、
過去にたくさんの患者さんが、様々な臨床試験に参加して
そのデータを基に改良・研究され築き上げられたものです。
(もちろん「ガン」に限らず、ほかの病気も同様だと思いますが、今回は「ガン」についてのお話としますね)



治験には段階がありますが、今回ぷなパパがお話を頂いた治験は、
全部で三段階ある内の、第一段階の試験(第Ⅰ相試験と言います)です。

この試験では「人間に対する副作用の種類と程度を調べ、
治療に適切な投与量を検討するための試験です。


はい。ここで気付かれた方もいらっしゃるでしょうか・・・。






「人間に初めて投薬する試験」ですよ・゜・(ノД`)・゜・






今回、2種類の治験のお話を頂きましたが、
『肺がん』や『乳がん』や『胚細胞腫』などの、
固形がんに有効性が期待出来る新薬だそうです。

薬の名前は公表することは出来ませんが、AとBとしましょうか。



Aの新薬は、ラットなどによる動物実験で成果が上がり、
今回、第Ⅰ相試験が行われる事になったそうです。

Bの新薬は、欧米で300人程度の治験が行われて、
今回、初めて日本人で第Ⅰ相試験が行われるお薬です。




この治験の参加枠はAが2007年5月までの期間で30名。
Bが2007年12月までの期間で18~24名です。
(第Ⅰ相試験は日本全国でこれだけしか参加枠がないんですよ(゚Д゚)ノ)


抗がん剤の治験は、手術・放射線・市販の抗がん剤での
治療法が無くなってしまった人・・・。
つまり、ぷなパパのような状態の患者に打診されるのです。

そして第Ⅰ相試験の場合、リスクがかなり多いのです。
そもそも目的が、どんな副作用が出るのか?適切な投与量はどれ位か?
というのを調べる試験なので、体に与えるダメージは予測出来ません。

しかも自分の腫瘍に対して有効かどうかは、全く未知数な訳ですし・・・。



先生も仰っていました。
これは適切な言葉ではありませんが、言い換えれば・・・


















「人体実験」










でも現在確立されている「がん治療」は
こうした臨床試験に参加した、多くの患者さんの上に成り立っているんです。

「未来へのがん治療」の進歩を考えると、こうした試験は必要不可欠だと・・・。








ぷなパパは何の迷いも無く、2種類の新薬の治験に
参加する意思を伝えてきました。







3月から仕事に復帰する予定でしたが、
治験が3月の中旬頃から始まるので、復帰は難しいかも知れません。

週明けに、会社には報告してこようと思います。

そのとき会社から退職を勧められたら断れませんね(´・ω・`)
1年間の約束だった休職期間が3月中に切れてしまうからです。


せっかく仕事復帰に向けて、関係者の方々が動いてくれていたのに・・・、
申し訳ない気持ちで一杯です。
ぷなパパの我が儘のせいで、大変なご迷惑をお掛けすると思います。





でも、どうかご理解下さい。


























私は生きたい。








これから先、もっと生きていたい。
死ぬのは怖くありません。でも死にたくない。




もっと仕事がしたい。
もっと和太鼓を叩きたい。
もっと家族でお出掛けしたい。
もっと親孝行をしたい。
もっと子供達の成長を見続けたい。
もっと奥さん孝行もしたい。
もっとたくさんの人と出会いたい。
もっとたくさんの人と話しをしたい。
そしてたくさん笑っていたい。

やりたいことは数え切れない程あります。
将来、息子と一緒に酒を飲みたいし、娘の花嫁衣裳も見たい。

ずっとずっと生きていたい・・・。





微かに見える可能性を逃したくありません。

自分のガンに効くかどうかは分かりません。
かなり苦しい治験になると、先生から伝えられました。

でも、きっと無駄にはならないはずです。
この薬が将来、固形ガンの特効薬になる可能性だってあるんですから。

もしそうだとしたら、「薬」として正式に認可されるのは、
1~2年先の話になります。間に合うか分かりません・・・。
ぷなパパには、そんなに時間の余裕がありません。

それなら治験に参加して、実際に効果があるのか
自分の身をもって確かめてきます。



治験参加の打診は、運にも左右されます。
タイミングが良くないと、打診はされません。
そういう意味では、ぷなパパは幸せ者なのかも知れませんね。
ホスピスに入った患者さんの多くは、
新薬の認可を首を長くして待っているのですから。

まだ正式に書類は提出していませんし、
事前の検査も必要ですので決定はしていませんが、
参加が認められたら「ぷなぷな日記」にアップしますね。







今まで散々、痛いことも苦しいことも耐えてきました。
治療も打ち切られ、目標を失いかけた事もありました。
これから今まで以上に苦しい思いをするかもしれませんが、




辛くても苦しくても負ける気はありませんっ!(゚Д゚)ノ





どんなときでも笑って生きましょう。
周りを見れば、たくさんの人が応援してくれています。
自分だけが辛いんじゃない。苦しいんじゃない。
決して下を向くことなく、自分を見失わないこと。
涙を流してもいい。でも最後は笑っていましょうね。



ぷなパパはやりますよっ!!












笑って勝つぞっ!!ヽ(≧▽≦)ノ










久しぶりの更新ですが、ものすごい長くなってしまいました。
しかも内容もずいぶんお堅い話になってしまいましたね~(汗)
まとまりの無い文章ですが、自分の気持ちを素直にぶつけたつもりです。
ココまでお付合いしてくださって、ありがとうございましたm(_ _)m

そろそろブログ再開しようと思ってます。
もう充電は充分過ぎるくらいですよ( ̄∇ ̄+)

ブログ仲間の皆さんのブログ、毎日楽しみに読ませて頂いてました。
コメント残せなくて恐縮です(TдT)

コメントと言えば、前回の記事のコメント欄での
ガビーさん発案の企画「ぷなパパに元気玉を!」(仮)、すごく嬉しかったし力になりました。
ガビーさんを始め、参加してくださった皆様、
本当にありがとうございます。感謝感謝です!゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚




それと最後に、来週入試を迎える中学生のみんなへ・・・。
悔いが残らないように戦ってきてください。
ぷなパパは嬉しい報告を楽しみに待っていますヽ(≧▽≦)ノ





しばしの別れ。ぷなパパです。




突然ですが「ぷなぷな日記」をお休みします。



お腹の痛みも酷く、眠れない日もあります。
パソコンの前に座っているのも辛い時があります。

正直、悩みました。
でも、少しだけ休む事にしました。



またすぐに戻ってきます。
みなさんの元気をもらいに帰ってきます。
それまで少し・・・ほんの少しお休みしますね。







genkidama

決めたのです。

テーマ:
mirai


決意。ぷなパパです。





「ガン」と告知されて、もうすぐ1年。
緩和ケアに移って2ヶ月が経ちました。


現在は、体調の管理をしながら自宅静養しています。
自分に残された人生が、どのくらいあるのかは分かりません。
ただ、そんなに長いものでもないと思っています。



1日1日を大切に生きて行こう・・・。



そう決意して、緩和ケアを受け入れたわけです。
でも。現実はそう甘いものではありません。


ぷなパパは、ごく普通のトラックドライバーでした。
当然、お金持ちではありません。

長男が小学校に上がるまでには、マイホームを買おうと、一生懸命働きました。
そして何とか小学校入学前に、家を買いました。
さあ、これからまた頑張ろうと思っていた矢先の「ガン」宣告でした。




条件の良い生命保険に入っていたおかげで、
治療費も問題なく払うことが出来ましたし、
ここまでの生活も、無事に送ってこれています。

でも、蓄えもいつまでも残っているわけではありません。
子供達も高校は当然としても、専門学校や大学に行く事もあるでしょう。



先のことを考えたら、今のままではやっていけません。



ぷなパパは決意したことがあります。
自分の中で考えて考えて・・・出たのがこの結論です。







仕事に復帰します。






周りに心配もされました。反対もされました。
当然ですね。逆の立場なら、ぷなパパも反対したでしょう。


限られた時間なんだから、自分の好きなように生きるのが良いのか?
身体に負担が掛からないように、静かに余生を過ごすのが良いのか?


答えは、NOですね。
確かに、パソコンの前に座ってイラスト描いたり、ブログを更新したり、
大好きな読書をしたり、天気の良い日に散歩したり・・・、
そんな毎日を過ごしていれるなら、それはそれで幸せなのかも知れません。
























でも私は父親です。








ぷなパパには、2人の子供を育てる義務があります。

子供達には、お金のことで苦労させたくない。
子供達には、自分が学びたいと思っていることをやってもらいたい。

お金がないからと言う理由で、夢を諦めさせるような事はしたくないんです。
なるべく好きな事を、学びたい事をやらせてあげたいと考えるのが親です。

しかし、ぷなパパは時間が限られています。
今やらなければいけない事は、少しでも子供達の将来を支えてあげること。


ぷなパパは、そう考えています。





妻は、私に「1日でも長く生きてもらい」と言います。
これは当たり前ですっ!(笑)

ぷなパパは、別に「命を削ってでも働く」と言ってる訳じゃないんです。
考え方、発想の転換ですよ。


毎日元気に仕事をこなせるのが、自信につながれば良いじゃないですか。
もともと仕事は好きですから、これを生きがいにしていけば良いんですよ。
上手く「ガン」と付き合いながら、仕事を続けていきたいですね( ̄∇ ̄+)


どんな時も下を向かず、前を向いて歩いていきましょう。
仕事をしながら、「ガン」と一緒に生きていきます。



『ケセラセラ』どうにかなるさ・・・(´ー`)ノ










簡単に人生諦めて、終わりを迎える事なんて出来ません。
健康な人よりちょっとだけ人生が短いだけですよ。

意味のある、中身の濃い人生にしたいですね。
全然辛くないんですよ~。不思議と。









「死を待つ人生より、生き続ける人生の方が辛く厳しい事がある」




自分だけが不幸だと思ってはいけない。
自分だけが悲劇のヒーローを演じてはいけない。

余命宣告された自分だけが辛いんじゃない、
それを聞いても何もしてあげられない妻や両親のほうが辛いんです。
ぷなパパがこの世を去った時、残された子供達のほうが辛いんです。

死んでしまえば、楽になる。
でも残された者は、その死を乗り越えなくてはならないし、
その先もずっと生き続けていかなければいかないんですから。



その事を想像すると、胸が痛いです・・・。






ぷなパパに許された時間が、どれだけあるか分かりませんが、
家族4人で、気持ちの整理をしていかなければならないと思っています。
どんな事態になったとしても、冷静に受け入れる準備をしていきたいと思います。


これを書いている今も、お腹の腫瘍は残酷にも痛み続けています。




負けません。まだまだ負けません。
娘が成人するまであと15年。その時、息子は22歳。

娘の成人式で、お腹の腫瘍に「相手が悪かったな・・・」って
ダンディーに決め台詞が言えるように頑張ります(笑)







さあっ!気合いの入れ直しですっ!!(゚Д゚)ノ









本日は、ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました。
何だかまとまりのない、ダラダラとした感じの文章になってしまい、
さぞかし読みにくかったことでしょう(汗)

伝えたい事を、一生懸命伝えようとするほど乱れていってしまいました・・・。

でも、今日はこれで良いかな~って思ってます。
ぷなパパの気持ちを、少しでも多くの皆様に聞いて頂けたなら幸いです。
1度しかない人生ですもの。明るく楽しく笑って行きましょ。


ブログで知り合えた皆さんに感謝。「ぷなぷな日記」やってて、本当に良かったです。
今まで応援してくださいまして、ありがとうございました(´ー`)ノ


最後に試験本番直前の中学生軍団へ。
自分を信じて、今まで積み重ねてきたものを全部ぶつけてきて下さい。
全部終わったら、みんなで宴会だ!(笑)工工エエエェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエ工