こんばんわ。ぷなママです。



皆さん。

この度は、本当にご心配おかけしました。m(_ _)m





むち打ちは、後日症状が出るから気を付けて。

困った事があったら、言ってね。





みんなに心配して貰って・・・





ぷなママは、幸せ者だなぁ。(〃∇〃)





こんな事を再認識している、めでたいぷなママです。(^◇^;)>

全く、もっと注意しなさい!!ですよね。

本当・・・反省しております。










衝撃日の次の日。

朝起きると・・・





ん??首回りが重い?

これが噂に聞く、むち打ちの症状なのか?





でも、とりあえず起き上がって首を傾げてみるか。





パキパキパキッ・・・。





えっと。いつも通りじゃん。(^◇^;)>










さて。大丈夫なようなので

今日も元気に、ぷなパパへ朝のご挨拶。ヘ(´∀`)ノ





ご飯お供えして、線香立てて・・・

チ~ン・・・合掌。( ̄-  ̄ )





昨日は、心配かけてごめんね。

身体も大丈夫なようなので、今日も頑張るからね。





お話を終えて、目を開けると・・・





うわっ!!Σ(゜◇゜;)





ぷな子達「何々??ママどうかしたの?( ̄□ ̄;)」





パ・・・パパの位牌が















































動いてるよ~!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)





ぷなママ「定位置より、前にあるんだよ。ヽ(゚Д゚;)ノ」





昨日は、地震なんかなかったし

ぷな子達が触る事は、ないし・・・。





ぷな息子「パパ。ママが心配だったんだね。( ̄∀ ̄*)」

ぷな娘「もう・・・心配かけちゃ駄目だよ。(* ̄ー ̄*)」










そっか。

ぷなパパ、心配かけてごめんね。(ノд・。)
AD

衝撃的な出来事。


こんばんわ。ぷなママです。



今日は、ぷな息子の遠足の日。

いつもより早く登校しなくてはならない、ぷな息子。





ぷな息子「ママ。早く行くから、早目にお弁当ね。」

ぷなママ「はいはい・・・。」





って・・・





まだ、5時前じゃないですかぁ(゚Д゚)クワッ






本当に勘弁して下さいよ。(-_-;)

あなたの集合時間は、7時半ですよ?










お弁当作りを済ませ、朝ご飯タイム。





ぷな息子「なんか・・・気持ち悪いかも。」





え~!!Σ(゜◇゜;)





こんな調子で、楽しくハイキングが出来るのか?





ぷな息子「ママ。学校まで送って。」





ん~。まぁ、仕方ないか。

そして・・・。

ぷな息子を学校に送り届けてから、事件は起きた。





ぷなママ。





初めて













































事故を起こしちゃいました。(≡д≡)チーン





あ~。ゴールド免許だったのに・・・。

いつも通らない道を通ったのが、運の付きだったかも。





あ。

ショック受けている場合じゃない。

ぷな娘が、登校前で家に居るんだった。





ぷなママ「もしもしぷな娘?ママ事故しちゃった。」

ぷな娘「え?事故??」





電話のぷな娘は、とても冷静だった。





ぷなママ「うん。暫く帰れないから、時間見て自分で学校行って。」

ぷな娘「分かった。」

ぷなママ「ごめんねぇ。( ̄Д ̄;)」

ぷな娘「事故しちゃったんだから、しょうがないでしょ?」





あ~。ぷな娘ってば・・・










大人じゃ~ん。(;д;)










仕事から帰宅すると、ぷな子達が勢揃いしていた。





ぷなママ「ぷな娘。今日は、本当にごめんね。」

ぷな娘「まぁ。仕方ないじゃん。」

ぷなママ「えっと。それでね・・・。」





ぷなママ「事故しっちゃったから、また節約に協力してね。(^◇^;)>」

ぷな子達「( ̄△ ̄;)エッ・・?」

ぷな娘「もう。お金ないって言うのに!!」





ママ。もっと気を付けなさい。(゚Д゚)クワッ





ぷなママ「すみませ~ん・・・。」





う~・・・。

やっぱり、ぷな娘って





すっげぇ、大人じゃ~ん。(;´Д`)





皆さんも、事故には気を付けて下さいね。

AD

こんばんわ。ぷなママです。



近頃、積極的に

自分のやりたい事を言ってくる、ぷな息子。

自己主張が、とっても苦手なぷな息子なので





良い傾向ですな~。( ̄∇ ̄*)





ぷな息子「ママ。僕、ハイキングしてみたいな。」

ぷなママ「ハイキング??」





こんな申し出があった後





ぷな妹「みんなで、旅行に行こう!!(≧▽≦)ノ」





思わぬ、旅行計画。

そして・・・





ぷな妹「鋸山の観光をしよう。」

ぷなママ「鋸山??」





鋸山って・・・





ハイキングコースじゃない。(〃∇〃)





思わぬところで、ぷな息子の夢実現。

ぷな妹さん。本当に有難う。m(_ _)m










さぁ、元気に





夢実現にレッツゴー!!ヘ( ̄▽ ̄*)ノ





って・・・








鋸山コース

こりゃ、意外と広いかも。

それに加えて







鋸山の石段


上り下りの石段三昧!!Σ(゜◇゜;)





ぷな子達、頑張れるかな?

そんな、ぷなママの心配をよそに





ぷな娘「凄く、楽し~い。ヘ(´∀`)ノ」





石段を駆け上がって行く、ぷな娘。

全く、何かの修行のつもりかよ。





ぷなママ「ぷな娘アホじゃな。あれじゃ、最後までもたないよ。」

ぷな息子「そうだよね~。( ̄∀ ̄*)ニヒヒ」





って、ちょっと待って。

分かれ道が多いから、ぷな娘迷子になっちゃうよ。(゚Д゚)クワッ





ぷなママ「迷子になるから、待て~。」

ぷな息子「そうだよ。大変だ。ストップしろ~。ヽ(゚Д゚;)ノ」





心配して追いかける、ぷなママとぷな息子。

その姿を見て・・・





ぷな娘「わ~い。競争だ。ε=ε=ε=ヘ(°∇°)ノ」

ぷなママ「こら~。スピードアップするな~。」

ぷな息子「ボク。もう無理~。( ̄Д ̄;)ヘロヘロ」





ぷな娘は、迷子にならずに済んだけど

とんだ体力トレーニングになっちゃいました。(-_-;)





ぷなママ「ねぇ。ハイキング楽しかった?」

ぷな息子「ハイキング楽しかったけど・・・暫く、いい。(-_-;)」





だ・よ・ね~(≡д≡)















そんな、ぷな息子に大事なお知らせが・・・

今年の遠足。

筑波山ハイキングだって・・・。





え??ハイキングΣ(゜◇゜;)





その反応、分かるよ。

だけど、今度はぷな娘が居ないから

ゆっくりハイキングを楽しんでおいで。(o^-')b

AD


こんばんわ。ぷなママです。



毎度の事ながら

皆さん、お久しぶりでございます。m(_ _)m



最近は、新人さんの研修+ぷな子達の家庭教師で

パソコンに向かう気力が・・・。

でも、今日は





元気に行ってみよ~。ヽ(≧▽≦)ノ





ぷな息子「ママ。僕。やってみたい事があるんだ。」

ぷなママ「やってみたい事?何?何?」



ぷな子達が望むなら

色々な体験をさせてあげたいのが、親心ですからね。



ぷな息子「あのね・・・。」














































夜の学校探検!!( ̄∀ ̄*)イヒッ





夜の学校探検ですって?

唐突に、何を言うかと思ったら・・・。





ぷな息子「先生のいない学校。夜の理科室だよ。」





こういう事に興味を示す、お年頃なのかしら??





ぷな息子「ガイコツが動き出したりして・・・。」










うぉおおおお。怖ぇ~ヾ(≧∇≦*)〃










何だか、1人で盛り上がっております。( ̄Д ̄;)





ぷなママ「ねぇ。どうして、探検したいの?」

ぷな息子「だって、お化け屋敷みたいじゃん。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ」





お化け屋敷みたいって・・・

あんた。

怖がっちゃって





入れた事ないじゃん!!(゚Д゚)クワッ





面白そうだから

今度、お化け屋敷に入れてみよっと。( ̄∀ ̄*)ニヒッ





あっ。

でも、待って。

ぷなママもぷなパパと一緒じゃないと

お化け屋敷、入れないや・・・。(-_-;)


こんばんわ。ぷなママです。



GW・・・終わっちゃいましたね。

今年のぷなママは、2日間お休みが取れました。





2日間も、自由だ~。ヽ(≧▽≦)ノ





お休みの日ぐらい、時間に縛られずに過ごすぞ!!

そんな意気込みで望んだ、GW。





でも、結局。





家族サービスに太鼓の本番。

そして、お友達とのお茶会。

寝る間も惜しむほどの

ガチガチのスケジュールになっちゃいました。(^◇^;)>





おかげで、全然休んだ気がしなかったけど

ん~。










楽しかったから、良しなのだ。( ̄∀ ̄*)











昨夜、ぷな家地方で地震が起きました。





ガタガタ・・・。

あっ。地震だ。

でも揺れが小さいし、すぐ治まったから心配ないか。





ガタガタ・・・。

ありゃ?また地震だ。

今夜は、何回も地震があるなぁ。





最近まで一緒の部屋で寝ていた、ぷな子達。

今は、それぞれ自室で寝ています。

怖くなって、ぷなママの部屋に逃げてくるかな?










ガタガタガタガタ・・・・。










うわ。これは、さっきより大きいかも。

ぷな子達の様子を見に行こうかな?

それとも、避難経路の確保か?

いや。ガスの元栓を締めに行くか?










ピン・ポン・パン・ポ~ン・・・。










『ただいまの地震。震度4でした。』





あっ。防災アナウンスだ。

そうか。あれで、震度4か。

もっと大きいのが起きたら、嫌だなぁ。





『みなさん。落ち着いて行動しましょう。』





落ち着いてか・・・。

そう言えば、ぷな子達は騒がずに落ち着いてるな。

うんうん。偉いぞ。ヘ(´∀`)ノ















ぷな子達「ママ。おはよう~。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ」

ぷなママ「おはよう。昨日の地震凄かったね。」

ぷな子達「・・・地震??」

ぷなママ「え?防災アナウンスだって、かかっていたじゃん。」

ぷな息子「本当にあったの??」

ぷなママ「うん。ほら・・・。」





テレビでは、昨夜の地震のニュース。






ぷな子達「わっ!!本当だ。(°Д°)」

騒がずに偉いなと思っていたぷな子達は・・・





爆睡していただけだったのね。(-_-;)





今回の件で、ぷな子達。

震度4程度では、反応しないことが判明。





どんだけ鈍感なんだよぉぉぉ。(>д<)