こんばんわ。ぷなママです。



最近、綺麗な満月の夜が続いていますね。

夜空にぽっかり浮かぶ、まん丸お月様。

月の優しい光が、ぷなパパを連想させて

何だか1人、にんまりしちゃいました。(〃∇〃)










11月24日。





関東東北選手権大会





ぷな息子は、型試合(小学生低学年の部)に参加。

空手を初めて半年。

初めての試合にもかかわらず

大きな大会に、無謀にもエントリー。





沢山の人の前での初試合。

緊張のあまり、顔面蒼白なんて事も有り得る・・・。

試合途中、頭真っ白になって

棒立ちなんて事も有り得る・・・。

道場でやる時でさえ、変に緊張しちゃうぷな息子。

ロボット状態になる事も、しばしば・・・。





あ~・・・なんだか





不安要素がたっぷりだよ。( ̄Д ̄;)











試合の前夜。

ぷな息子に、こう話しました。





勝てなくても、それは仕方ない事。

だけどせめて、ぷなパパに聞こえるくらい声出して

気合入れて、試合に望みなさい。






ぷな息子の試合が始まりました。

対戦相手は、2ランク上の緑帯だ。

それに、目前には4人の師範。

昨日話した事、ちゃんと覚えているかなぁ。





































あっ。





ちゃんと動いてる。(;´Д`)





棒立ちもロボット状態もないぞ。



































あっ。





微かだけど、声が聞こえた。( ̄∇ ̄+)





道場よりも何倍も広い体育館で聞こえたって事は

いつもよりは、声出せたんだね。





ちょっと伏目がちで、技のためが出来なかったけど

初試合にしては、上出来でした。





ぷなパパも喜んでいるね。





これからも精進して

2年後の全国大会に参加出来るよう

ぷな息子、一緒に頑張って行こうね。(o^-')b

AD

こんばんわ。ぷなママです。



前回にもアップしましたが

ぷなママは、睡眠薬代わりにゲームをして寝ます。





いつもバタバタと過ぎて行く時間。

唯一、静かになるベットの中。

どうしても、アレコレ考え事をしてしまうのです。





そんなぷなママに、ぷなパパがプレゼントしてくれました。

それは





ポケモン不思議のダンジョン





これがまた、良く眠れるんです。

電源付けっぱなしで寝ても、大丈夫な優れ物だしね。





いつもぷなパパが、ぷなママの代わりに

電源をそっと消してくれていた事を思い出します。

コレがちゃんとセーブしてから消してくれるから

ぷなパパは流石なのだ。(〃∇〃)










そして、今のぷなママの睡眠薬ゲームは





ポケモン不思議のダンジョン<時の探検隊>





ぷなパパが買ってくれたソフトの

続編を購入しちゃいました。(^◇^;)>





前回と同様にいくつかの質問に答えた結果で

主人公が決まるこのゲーム。

レッツ質問スタート。










結果。





エネコ。





あり?

前作と同様の主人公になっちゃった。

それでは、つまらないので

今度は、ぷなパパだったらどう答える?を念頭にスタート。










結果。





ヒコザル。





そういう訳で、今回はヒコザルで冒険です。

名前は、ぷなパパの事を考えながら始めたので

ぷなパパの本名で登録。(〃∇〃)





何だか、ぷなパパと冒険をしているようで





楽しさ倍増!!ヽ(≧▽≦)ノ





ぷなママは、意外と単純に出来ているのです。















それにしても・・・

このヒコザル。





話し方が丁寧と言うか。

何だか変な感じ。

ぷなパパの事を考えながら登録したのに

どうも、なよなよ感が否めない。

ぷなパパのように男らしくいかんかい!!(゚Д゚)クワッ















そんな事を考えながら冒険を進めていたある日。

ぷなママのお友達が

ガイドブックをプレゼントしてくれました。

時の探検隊



お!

こんな画面表示も出来たのか。

新たな発見。

早速切り替えてみちゃお。

他にも、発見ないかなぁ~(* ̄ー ̄*)ムフフ





ふぅ~ん。

オス・メスで性格も姿も微妙に違うのか。

え?

オス・メス??

と言う事は・・・主人公にも?






































NO~!!(T△T 三 T△T)





ぷなパパヒコザル。





オカマヒコザルになってました。(-_-;)





何故、気が付かなかったのだ?

あの言葉遣いは、メスだったから・・・。

全てつじつまが合うじゃないか~(*ノωノ) イヤン





ぷなパパごめんなさい。

ぷなママの不注意で

ぷなパパヒコザルが、オカマ言葉。















ぷなパパ。

どうか、笑って許してちょ。(*´∀`)ノ


AD


こんばんわ。ぷなママです。



昨日は、県民の日で学校がお休み。

今月は、ぷな息子のお誕生月でもあったので

ぷな息子に行きたい場所を聞いてみました。





ぷな息子「ボク、鉄道博物館に行きた~い。ヽ(≧▽≦)ノ」

ぷなママ「じゃあ、そこにしようか。」





案外、すんなりと目的地決定。










でも・・・

月曜日のNACK5で、衝撃事実を知ってしまいました。

学校の代休日に鉄道博物館に行ったリスナーさん。





平日にも係わらず、入場に1時間待ち。





平日に1時間待ち??

ぷな家が行くのは、みんながお休みの県民の日。










こりゃあ、大変じゃ~!!ヽ(゚Д゚;)ノ










入るのに、どれだけ待たされるのじゃ?

こうなったら、交渉だ。





ぷなママ「ねぇ。博物館、凄く混んでいるんだって・・・。」

ぷな息子「・・・。」

ぷなママ「沢山待たないと、入れないんだって・・・。」

ぷな息子「・・・。」

ぷなママ「だから今回は、違う所にしない?」

ぷな息子「ママ。違う所にして欲しいの?」

ぷなママ「だって、沢山待つの嫌でしょ?」

ぷな息子「うん。じゃあ・・・。」

ぷなママ「じゃあ?」








































ぷな息子「トーマスランドにするのは、どう?ヘ( ̄▽ ̄*)ノ」





トーマスランドですとぉぉ(゚Д゚;ノ)ノぉぉおお





それって、富士急ハイランドじゃないですか。

交渉不成立です。

全く、どさくさに紛れて何を言い出すんだか。(-_-;)





ぷなママ「トーマスランドは、遠いので行けません。」

ぷな息子「じゃあ、やっぱり鉄道博物館!!(o^-')b」





だ~よ~ね~。

こうなりゃ、1時間越え待ち覚悟で





いざ。鉄道博物館だ!!(゚Д゚)クワッ















当日ぷな家は、開場10分前に到着。

入り口に向かって歩いていると

うわぁ~。並んでる、並んでる。





人・・・人・・・人。





ぷな娘「ママ~。あそこ、毛虫みたいだよ。」





え?(°Д°)毛虫?





ぷな娘が指差した先は、開場待ちをしている人達の列。

うごうご蠢いている黒い頭が、毛虫に見えた様子。





ぷな娘「ね?毛虫に見えるでしょ?気持ち悪いねぇ~(゚Д゚)ノ」





えっと・・・。

あなたももうすぐ、その毛虫と合体ですが( ̄Д ̄;)















毛虫と合体する事、30分。

思ったより早く、入場する事が出来ました。






でも、中は毛虫状態で身動きが取れないだろうと混雑予想。

あれ?

入ってみると、広いフロア。

毛虫は何処へやら

ゆったりと展示車両を見て回る事が出来ました。





だけど、ミニ運転列車は予約制。

運転シミュレータも予約制。

唯一、予約なしで乗れるミニシャトル列車は





120分待ち・・・。





なので、それは・・・次回のお楽しみにと言う事で。

列車には乗れなかったけど





ぷな息子「ママ~。見て~。」

ぷなママ「なぁに?」

ぷな娘「ママ。私、連結されちゃったよ。(〃∇〃)」





展示されていた本物の列車に

ぷな娘を連結して、喜んでいるぷな子達。





う~ん。マニアックだ。( ̄□ ̄;)





ぷな子達なりに楽しんでいるから、良しとするか。

今度来た時には、ミニシャトル列車に乗ろうね。

AD

最強取り立て屋。


こんばんわ。ぷなママです。



今日は、ぷな娘の遠足にまつわるお話です。





ぷな娘「ママ~。遠足のお手紙だって。」





ふむふむ・・・。

その手紙には、遠足の場所決定報告がされていました。





ぷなママ「遠足は、動物園に決まったんだってよ。」

ぷな娘「それで、それで?」

ぷなママ「え??それだけだよ。」

ぷな娘「それだけって、お金はどうするの!!ヽ(゚Д゚;)ノ」





どうするのと云われても・・・。

それしか書いてないし。





ぷなママ「後から、連絡来るんじゃない?」

ぷな娘「ママ。お金は、学校に持って行くの?それとも銀行??」





だから、分からないっちゅうの。





ぷな娘「いくらだって?」

ぷなママ「だ~か~ら、この手紙には行く場所しか書いてないの。」

ぷな娘「ママ。ちゃんと銀行にお金入ってる?」



































・・・( ̄Д ̄;)ちゅどーん!!










しっかり者と言えば、聞こえはいいが

しつこ~い!!の一言です。(゚Д゚)クワッ















そんなぷな娘も無事に遠足を終え、平和な日々。

遠足に行ってしまえば、煩くなくて良いね~。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ





ぷな娘「ママ。手紙持って帰って来たよ。」





持って帰って来たのは・・・。





遠足の集金袋。





そんな訳で、ぷな娘は終始・・・。





ぷな娘「ママ。お金入れた?」





集金袋には、おつりなしで入れなくてはいけません。





ぷなママ「まだ、入れてないけど・・・。」

ぷな娘「ちゃんと入れてね。」

ぷなママ「ちゃんと入れるから、大丈夫だよ。」

ぷな娘「じゃあ、また後で言うね。(o^-')b」





また、言うのかよ~(-_-;)





そんなに頻繁に云われても

今日は、小銭ピッタリないですから・・・。





ぷなママ「今日は、用意出来ないよ。」

ぷな娘「じゃあ、明日も言うね。」





明日も・・・かぁ。(*ノωノ) イヤン





次の朝、登校直前に公約決行。





ぷな娘「ママ。入れた?」

ぷなママ「え??だ~か~ら~・・・まだ!!!」

ぷな娘「じゃあ、帰って来たらまた云うね。」






また云われるのか・゜・(ノД`)・゜・





その日。仕事が終わって、帰宅準備をしていると

ルルルル・・・

ぷな娘から電話がかかって来ました。





ぷな娘「あ、ママ?」

ぷなママ「ん?どうした?これから帰るよ?」

ぷな娘「ママ。遠足のお金お願いね。」










何てこったい!!Σ(゜◇゜;)









何とも、容赦のない取立て屋のぷな娘です。

この電話を切った後

すぐさま小銭を用意して帰宅したのは、言うまでもありませんね。





ぷなママ「お金ちゃんと入れたからね。(゚Д゚)クワッ」





コレで、文句ないだろう。

コレで、やっと平和な日々が取り返せると

鼻息荒く、集金袋を渡したら・・・





ぷな娘「ママ。ありがとう。じゃあ、金曜日に渡してね。」





集金袋を持って帰って来たのは、月曜日。

お金を集めるのは、金曜日。

金曜日の朝に、集金袋をぷな娘に渡すまで

今度は「忘れずにお金渡してね。」の攻撃か・・・?





先生、お願いですから

次回は、早めに回収して下さい。(≡д≡)