こんばんわ。ぷなママです。





今日は、本当に変な天気。

雨が降ったり、やんだり忙しい天候。

そのうえ、夕方には





雷雨!!(T△T 三 T△T)





雷に痛い目を見ているぷなママは、ドキドキ・・・。

そんな、ぷなママの心拍数をよそに





ぷな息子「凄い雷だね。」

ぷな娘「ねぇ。今、光ったよ。(☆Д☆)」

ぷな息子「パパが、カミナリさんとゴロゴロ鳴らしているのかな?」

ぷな娘「きっとパパが、お空の上で太鼓叩いているんだよ。」

ぷな息子「そうか!パパ忙しいね。」





ぷな子達は、雷談義に大盛り上がり。

「雷怖い!」と泣かれるよりは

こっちの方が良いか( ̄Д ̄;)




















今回のお話は、ゴミ袋のお話。





今までは「○○市指定袋」限定使用。

でも、透明袋・半透明袋なら使用可に変更されました。

そういう訳で

お店から指定袋の姿が消えました。





よし。今までと同じ大きさの袋を購入しなくちゃ。

凄く凄く、注意深く観察して購入。





家に帰って、ゴミ箱に袋を早速設置して見ると・・・















あれ?大きさが違う。

同じ、30リットルのゴミ袋を買って来たはずなのに。

首をかしげながら、確認すると・・・










「No.30」ェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエ工










痛恨のミス(≡д≡)





この袋、100枚入りなのに。

勿体無いから、無理やり使おうかなぁ。

それにしても・・・。

何で、間違っちゃったんだろう。

注意しているつもりなのに

考え事をしていて、良くミスをするぷなママ。





自己嫌悪~(-_-;)





落ち込んでいると、ぷな息子帰宅。

ゴミを捨てようと、ゴミペダルを踏んで思わず一言。






































ぷな息子「ちっちゃ!!Σ(゜◇゜;)」





素で突っ込んでしまった、ぷな息子。





ふふふ。

確かに小さなゴミ袋。

それに、こんな小さな事に落ち込んでいたぷなママ。

本当に「ちっちゃ!」だよね。

あ~。

ぷな息子の一言に、元気出ちゃった。(〃∇〃)

AD


こんばんわ。ぷなママです。





今日は、ぷな子達の通う小学校のお誕生日。





学校さん、33歳おめでとうヽ(≧▽≦)ノ





そんな訳で、ぷなママもお仕事をお休みして

浦和美園のイオンに行って来ました。

平日だと云うのに

イオン感謝デーだったからか

想いの外に、人が多く驚いちゃいました。















さて今日は、味覚のお話。





ぷな家のお味噌汁は、時々ピリ辛。

実は・・・






お味噌汁の中に「七味唐辛子」を入れます。

これが、また美味しいのだ。(〃∇〃)

食欲がない時には、おすすめですよ。





でもね。

ピリ辛のお味噌汁では、ぷな子達が飲めないかも。

そんな躊躇いもあり、最初は極少量を投入。

でも今は、ピリピリっとするほど入れています。





今日の味噌汁を飲んでみると・・・





あり?辛いかも。(^◇^;)>





なにぶん、ぷなママの気分で唐辛子を入れるため

辛めに出来上がっちゃったみたい。

いつもよりピリ辛の味噌汁。

ぷな子達は、どんな反応をするのかな?





ぷな息子「ん・・・?」

ぷなママ「どうかした?( ̄Д ̄;)」

ぷな息子「ううん。なんでもない。」





どうやら、飲めないレベルの辛さではなかった様子。

男は、「黙って飲むべし」って感じだったのかな?










まずは、第一関門突破!!










次は、ぷな娘が飲み始めたぞ。





一口飲んだぷな娘。

おもむろに立ち上がり、キッチンの方へ。





やっぱり、ぷな娘には辛かったのかな。

きっと水を飲むんだろうな・・・。

そう思った瞬間。





ぷな娘「ママ。これ入れたいんだけど。」





ぷな娘の手には、七味唐辛子の入ったビン。




















へ?追加投入??Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)





今日のは、辛めの筈なんですけど。





ぷなママ「え?入れたいなら、どうぞ。」





ぷな娘の味噌汁を覗いて見ると・・・





































真っ赤ですやん!( ̄Д ̄;)





思わず、突っ込まずにはいられないほど赤い。

それを、とても美味しそうに飲んでいるぷな娘。

小学1年にして、この味覚。

大人になったら、どうなっちゃっているんだろう。

ぷなパパ、ぷな娘の行く末が怖いねぇ。(≡д≡)

AD

心配なんだもん。


こんばんわ。ぷなママです。





今日は、久しぶりに仕事がお休みだったので

ぷなパパの愛車を洗車しました。

まだまだ未熟者で

ぷなパパの様には、洗車出来ないけど

ぷなパパ、喜んでくれたかなぁ。(〃∇〃)










さて、今日はぷな家の困ったチャンのお話。

困ったチャン・・・。

それは




































ぷな娘!!(*ノωノ) イヤン





最近のぷな娘は、とっても心配性。





ぷな娘「ママ。音楽上手に出来ないの。(ー_ー;)」

ぷなママ「音楽?大丈夫だよ。音楽は楽しめば良いのだよ。(o^-')b」

ぷな娘「上手に弾けなくても?」





小学校に入って、初めて経験した鍵盤ハーモニカ。

ぷな娘は、この鍵盤ハーモニカに悪戦苦闘しています。





ぷなママ「まだ、始めたばかりじゃない。大丈夫だよ。」

ぷな娘「だって。みんな出来るもん。(TдT)」





「みんな」って・・・

こういう時、たとえ少数でも「みんな」なんですよね。





ぷなママ「じゃあ、練習しようよ。」

ぷな娘「練習?」

ぷなママ「そう、練習。練習すれば弾けるようになるよ。」





大泣きするぷな娘をなだめ励ますのは、至難の業。

か~な~りのパワーを消費します。





ぷな娘「・・・練習する。」

ぷなママ「じゃあ、一緒に練習しよう。」





本当は、夕食の準備やら何やらしたいけど

出来ないと、毎回大泣きするぷな娘に付き合っていたら

ぷなママのパワーがもたない。(≡д≡)





ここは、早めに対処せねば。(゚Д゚)クワッ
















ぷな娘「うん・・・。明日練習する。」





あ・・・明日??( ̄Д ̄;)





今すぐ練習しないのかい。ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

心配する割には、練習は先延ばし。

これで、ぷなママのパワー消費決定だな。




















ぷなママ「今日は、鍵盤の練習するの?」

ぷな娘「う~ん。ママあのね。プール心配なの・・・。」





は?プール??( ̄□ ̄;)





鍵盤が心配だったんじゃないのかい?

解決しないうちにと言うか、練習も大してしていないのに

今度の心配は、プールかい!!





ぷなママ「で、プールの何が心配なの?」

ぷな娘「だって。泳げないもん。」

ぷなママ「初めから、泳げる人はいないの。練習すれば、大丈夫よ。」

ぷな娘「だって~。(ノд・。)」

ぷなママ「1年生は、水に顔を付ける所から始まるから大丈夫。」

ぷな娘「本当に、本当??私潜れるよ(* ̄ー ̄*)ニヤリッ」






ぷな娘は、意外と負けず嫌い。

誰よりも、優位な位置にいたいタイプ。

「凄いねぇ~。」が、ぷな娘の大好物の言葉。

その言葉の為に、惜しみなく努力を重ねてくれるのなら問題はないのだが

ちょっとでも挫折を味わったら・・・



































大爆発!!!!





本当に扱いづらいぜ・・・(-_-;)





ぷな娘「ママ~。あのね・・・。」





うわっ。またまた心配ごとか?





ぷな娘「英語って勉強するんでしょ?心配なの。」





英語心配って・・・





あんた、1年生じゃん。(TロT)





ぷなママ「英語は中学生になってからだから、大丈夫よ。」





次から次へと心配ごとが出て来ては

大騒ぎするぷな娘。

この爆発娘と相性が良く、扱いも上手だったぷなパパ。





対処方法を教えて~゜・(ノД`)・゜・





一体次は、どんな心配ごとを付きつけられるのだろうか。

ぷなママも心配です・・・。

AD

始めのい~っぽ。


こんにちは。ぷなママです。



またまた、凄く久しぶりの更新となってしまいました。

毎日、毎日。





これでもか!!(゚Д゚)クワッ





・・・って程に時間が足りないのです。










仕事もしなくちゃ。

家の事もしなくちゃ。

ぷな子達の勉強も、教えてあげたい。

でも、自分の時間も出来たら欲しいな・・・。





ぷなママは、とっても欲張り。

もっと有効な時間の使い方を考えなくてはいけないですね。















さて昨日、ぷな息子が




































空手道場に入門しました。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ





ぷな息子「ボク、空手やる。」





突然の意思表明をきっかけに

練習見学に行った、4月後半。





ぷなママ「どう?見学してみて、空手がどういうのか分かった?」

ぷな息子「うん。ボク、空手やるよ。」





見学したら、ちょっと尻込みするかもと思っていただけに





ぷなママ「へ?(°Д°)やる?」





ぷな息子の意外な意思の強さに、ビックリ。





ぷなママ「じゃあ。今度、手続きしに行こうね。」





でも、その後。

G.Wや試合のため、練習お休み。

その上、なかなか師範にお会いする事が出来ず

コレだけ時間が空いちゃうと





ぷな息子の気持ちも薄れてしまうか?





そんな心配も過ぎりましたが

それでも「空手、行く。」と云ったぷな息子。

頑張って欲しいです。(〃∇〃)















空手から帰宅後・・・





ぷな息子「パパ。ボク、空手に入門したよ。頑張るね。」





ぷなパパに早速ご報告。





ぷな息子「ねぇママ。あの着るヤツ、僕にも買ってね。」





着るヤツ?

ぷな息子の目に、空手着は相当眩しく映ったようです。





それにしても・・・

ぷな息子は、形から入るタイプなのね。(^◇^;)>





まぁ。

何はともあれ。





頑張れ!ぷな息子!!(o^-')b





ぷなパパも、きっと応援しているよ。

気になるあいつ。


こんにちは。ぷなママです。





やっと、体調も徐々に落ち着いて来て

ホッ・・・と胸を撫で下ろしています。





ぷな家を応援して下さっている皆様。

本当に、ご心配をおかけしました。m(_ _)m

いや~。

今回の咳は、とにかく手強かった。

もしかしたら、ぷなパパとご対面?

そう感じるレベルでした。















さて、今回は気になるあいつレポート!!





あいつとは・・・





































目玉のおやじ汁ヽ(≧▽≦)ノ





「目玉のおやじ汁」の味を教えて・・・。

そんな熱いお言葉を沢山頂き、さっそく試飲。





ぷなママ「パパ。おやじ汁は、美味しかった?」

ぷな娘「ママも飲んでみなよ、だって。」

ぷなママ「よし。飲んでみるか。パパ、味はどうだったの?」

ぷな娘「おやじ味だったって、云ってるよ。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ」

ぷなママ「おやじ味??(≡д≡)おやじ風味って事か?」





「よし飲むぞ」と缶を手に取ってみた。











何ともリアルな絵柄・・・。





































飲めな~い。・゜・(ノД`)・゜・





仕方がないので、試飲会にしてみました。

強制的に試飲会に参加決定したのは、太鼓会の皆さん。





ぷなママ「まずは、色チェックをしてみよう。(o^-')b」





透明のコップにおやじ汁を注いでみた。

色は、濁った白。





続いて、匂いを嗅いでみた。

柑橘系の匂い。





ぷなママ「何だ。思ったより普通だね。」





ふと・・・缶に目をやってみると





ゆずはちみつ味。





今日の、目玉のおやじは・・・










ゆず風呂だったのかぁ~(゚Д゚)クワッ





急に、この濁り具合がリアルな物になってしまった。

味的には、決して悪くない代物。

でも、缶を見てから飲むと・・・複雑。( ̄Д ̄;)





結局、「美味しい」と言ってくれたのは





1名だけでした。(^◇^;)>










ぷなママ「おやじ汁さ。コップじゃなくて、おわんで飲めば良かったね。」

太鼓会「・・・そんなんじゃ。飲めないよ~!!」





おわんで飲むのだとしたら

ちょっとした、バツゲーム状態に発展出来ます。

皆さん、お試しあれ。















この、おやじ汁を飲んだ瞬間。

ぷなパパの声が、聞こえたような気がしました。





ぷなパパ「家のトイレの匂いがするだろ?」





確かに、ぷな家のトイレの芳香剤は柑橘系。

更に、飲めなくなったのは

言うまでもありませんね。(=_=;)

7歳になったよ。


こんにちは。ぷなママです。





5月11日は、ぷな娘のお誕生日。

それから、ぷな息子の遠足でした。





凄い強風の中、土手を歩いてイチゴ農園へ。





ぷなママ「お弁当、しおりには土手って書いてあったけど・・・」

ぷな息子「うん。土手でお弁当食べたよ。(*´∀`)ノ」





うそ~ん!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)





この、台風並みの強風の中

土手を歩くのだって、大変だろうに

その土手で、お弁当??





そのチャレンジ精神に、乾杯。( ̄Д ̄;)





それにしても、おかず飛んじゃった子はいないのだろうか。















ぷな娘「ねぇねぇ。イチゴは?いっぱい食べた??」





とっても、イチゴが気になるぷな娘は

気分だけでもイチゴを楽しもうと

本日の髪ゴムは、イチゴちゃん。





ぷな息子「食べたよ。(o^-')b」





おっ。食べられたんだ。




































ぷな息子「頑張って、2個!!(* ̄ー ̄*)エッヘン。」





ぷな娘「え~。2個?もっと食べれば良かったのに( ̄-  ̄ )」





イチゴ大好きぷな娘には、納得のいかない数字なんでしょう。





ぷな息子「え~。それ以上は、無理~( ̄Д ̄;)」





そうだね。イチゴ食べて来ただけでも奇跡もの。

それも、2個も食べて来たんだから

凄いよね。ぷなパパ。(〃∇〃)















そして、夜はぷな娘の誕生日会。





去年のぷなパパは、入院中だったけど

ぷな娘と約束したからと、無理に外泊してくれて

一緒にお祝いをしたね。





その時、ぷなパパが買ってくれたチョコケーキ。

ぷな子達は、口いっぱいにほおばって

とっても、幸せそうに食べていたよね。





ぷなママ「よ~し。パパが買ってくれたケーキを買いに行こう!!」

ぷな娘「ケーキ。ケーキ。パパケーキ。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ」





でもね。





せっかく買いに行ったのに、残念ながら売り切れていた・・・。

ごめんね。ぷな娘。

ぷな息子の誕生日には、予約しよっと。





ぷな娘「ママ。ケーキ、コレにする。」

ぷなママ「ん?これ?」





選んだのは、生チョコケーキ。





ぷなママ「じゃあ、ママ達は・・・。」

ぷな娘「コレが、いいんじゃない?」





イチゴが乗った、チョコロールケーキ。





ぷなママ「上のイチゴが、食べたいのねヾ(-д-;)」





ピンポーン(≧∀≦)b





・・・ははは。大正解ですな。

まぁ。1年に1度の日ですから、コレにしますか。















ぷなママ「さぁ、ケーキ食べようか。」

ぷな子達「ケーキ。ケーキ。」





イチゴのチョコロールを開けると・・・





ぷな息子「ママ。イチゴ取ってね。」

ぷな娘「ママ。イチゴ、こっちのケーキに乗せてね。」





同じ兄妹なのに、云ってる事が真逆だよ( ̄Д ̄;)





ぷな息子は、イチゴをどかして貰えてご満悦。

ぷな娘は、イチゴを乗せて貰えてご満悦。





まぁ。うまく出来ている事。





ぷな息子「ママ・・・。このケーキ・・・」

ぷなママ「何?どうかした?」

ぷな息子「中にもイチゴ入ってる・・・(≡д≡)」





ゴロンと掘り出された、丸ごとイチゴ。





ぷな息子「もう、イチゴはいいよ・・・。(-_-;)」





もう、イチゴは見たくないよ張りに

溜息つくぷな息子を横目に





イチゴ・・・(* ̄ー ̄*)ニヤリッ





1人、ニヤツくぷな娘。





2年後のぷな娘の遠足は

イチゴ狩りでありますように・・・。











なにわともあれ。





ぷな娘。





7歳のお誕生日、おめでとう!!















残念ながら、この誕生日会の後

とうとう、ぷなママの電源が落ちてしまいました。

次の日、仕事お休みで良かった。

誕生日終了まで、体力をもたしてくれたのは

やっぱり、ぷなパパの力かな・・・(〃∇〃)





ぷなパパ。有難う。

遠足のおやつ。


こんばんわ。ぷなママです。





連休も終わり、諸手を挙げて





万々歳~!!ヽ(≧▽≦)ノ















・・・のはずでしたが





連休の疲れからか

喉を痛めてしまい、咳が止まらない(≡д≡)





その上

やっと、お弁当から開放されたと思ったのに

連休明け、2日目にぷな娘遠足。

そして、明日はぷな息子遠足。





どうやら・・・

万歳できるのは、まだ先のようです。(-_-;)




















さて、明日はぷな息子の遠足。





ぷな息子が帰宅したら

遠足の楽しみの1つ。

おやつを買いに行かなくちゃ。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ





ぷな息子「ただいま~。」

ぷなママ「お帰り~。遠足のおやつ買いに行くよ。」

ぷな息子「おやつ?いらないよ。」





・・・へ?いらない??( ̄Д ̄;)





遠足なのに、おやついらないって・・・。

機嫌が悪いのか?

それとも、学校で嫌な事でもあったのか?

ぷなママの頭の中は、グルグル高速考え中。





ぷなママ「どうしたの?具合悪いとか??」

ぷな息子「ママ。遠足のしおり見た?」





しおり?





ぷなママ「一応、目を通したけど?」

ぷな息子「持ち物に、おやつ書いてないでしょ?」



































本当だ~!!Σ(゜◇゜;)





ぷな息子に指摘されちゃうなんて・・・。

こりゃまた、1本取られたな(^◇^;)>





だけど、遠足におやつなしって・・・。















そうか。

ぷな息子の遠足先は、イチゴ農園。

イチゴが、おやつなんだね。






でもさ。

ぷな息子は、イチゴ食べないんだよね。

おやつもないし、ただ農園まで歩く遠足?

それって・・・





楽しいのか~?( ̄~ ̄;)ウーン





イチゴ狩りで、イチゴ食べないんだもんなぁ。

イチゴ大好きぷな娘が

この遠足だったら、云う事なかったのになぁ。

ね。ぷなパパもそう思うでしょ?





ぷな息子「ママ。せっかくイチゴ狩りに行くから

     イチゴ1個、頑張って食べてくるね。(*´∀`)ノ」





なぬっ( ̄□ ̄;)イチゴ食べる??





ぷな息子が、自らイチゴ食べる発言をするなんて。





































奇跡だ!!ヾ(≧▽≦)ノ





せっかく食べる1個のイチゴは

吟味して、吟味して

1番美味しいのを採るんだよ。(o^-')b





ぷなパパ。

1番美味しいイチゴの場所を、教えてあげてね。


こんばんわ。ぷなママです。





やっと、連休が終わりましたね。

朝、ぷな子達を通学班の集合場所に送り





ぷなママ「パパ。ただいま~。子供達、送って来たよ。」





その後は、もう・・・





































万歳三唱!!ヽ(≧▽≦)ノ





やっと、家の中が片付く。

やっと、お弁当から開放される。

やっと、少し自分の時間が持てる・・・かも。





ルンルンと足取り軽く、掃除をして仕事に行けました。





でもね。












明日は、ぷな娘の遠足。

また明日も、お弁当作りか・・・。(-_-;)















今回の連休。





ぷなママは、ほとんど仕事でした。

その間ぷな子達は、仲良く留守番をしてくれていたので

ご褒美を兼ねて、連休最終日は

池袋に遊びに行って来ました。(o^-')b















目的は・・・





ぷな息子は、プラレール博。





沢山のプラレールの展示に





ぷな息子「うわぁ~(☆Д☆)!!」





見渡す限りの、レール。

走りまくる電車に新幹線。

目をキラキラさせて、楽しんでいました。










ぷな娘は、水族館。





ぷな娘「ここ、パパと来たよね。これ。パパと見たよね。」





ぷなパパとの想い出を

一緒に振り返りながら、楽しんでくれました。















連休中、何かと忙しくて

喉を痛めてしまい、咳が止まらなかったけど

最後は、ぷな子達の笑顔が見られて





疲れも吹っ飛んじゃった。(≧∀≦)b





ぷな子達の笑顔は、ぷなママの栄養源ですね。















残念ながら

ぷなパパと、一緒に行った時のように

あちこちと見て回る事は、出来ませんでしたが

ぷな子達の目的を果たせたので、良かったです。





他には・・・

展望台で、鬼太郎イベントをやっていたので

ミニ鬼太郎ショップを発見。


おやじ汁


「目玉のおやじ汁・・・Σ(゜◇゜;)」





何とも、ぷなパパ好み(〃∇〃)

そんなわけで、ぷなパパのお土産に決定!!





それにしても、面白いグッズが盛り沢山。

ぷなパパが一緒だったら、絶対、展望台にも行っただろうな。










さて、連休の疲れを引きずらないように





明日も、頑張りましょう!!(*´∀`)ノ




こんばんわ。ぷなママです。



またまた、大変ご無沙汰してしまいました。(^◇^;)>

G.W.も、いよいよ後半戦。

皆さん、楽しんでいますか??










ぷなママにとってのG.W.は・・・




































拷問だよぉ~。( ̄□ ̄;)





仕事は、毎日激混み。

仕事が終わると、息つく暇なく

ダッシュで、ぷな子達の元へ。





そして、帰宅すると

お腹が減ったと





ピーチク・パーチク。(≧◇≦)





ぷな子達がお出迎え。

お留守番用のお弁当におやつも用意してあるのに。





何故なんじゃ~L(゜□゜L)!!





ぷな子達「ママ。お帰り~。」

ぷなママ「はい。ただいまです。」

ぷな子達「ママ。お腹減ったよ。」

ぷなママ「ふぅ~ん・・・お菓子食べれば?」

ぷな子達「お菓子いらない。」

ぷなママ「お菓子いらないって・・・何、食べたいの?」




































ぷな子達「チャーハン(〃∇〃)」





(°Д°)ハァ?

おやつにチャーハン?





こんな調子な物ですから

米消費率が、非常に早くて・・・。

ぷな子達が、育ち盛りになったら

毎日、米何合炊きだ?( ̄~ ̄;)ウーン





そんなわけで、ぷなママのG.W.は

いつも通りの仕事に、プラスα。





このαが、とにかくデカイ!!





早く、G.W.終わらないかなぁ・・・。




















さて本日は、仕事をお休みして

大凧マラソンに参加して来ました。





大凧マラソンとは云っても

マラソンをして来た訳ではありません。

毎年、ランナー応援の太鼓をするのです。





去年の大凧マラソンは、ぷなパパと一緒に参加しました。





この時のぷなパパの体調は

モチロン叩く事は、不可能。

それどころか

動く事だって、かなり厳しい状態でした。

それでも、ぷなパパは





ぷなパパ「せっかくのG.W.だし、出かけるか。」





そして、交通規制がかかるため

徒歩にて会場入り。





どんなに辛い状況下でも

家族のために踏ん張ってくれる。

そんな、家族想いのぷなパパでした。










そんな思い出深い、大凧マラソン。

今年は、なんと・・・




































ぷな息子、本番デビュー。ヽ(≧▽≦)ノ





デビューとは云っても

マラソンスタート時の、ほんの数分間だけ。

たった、それだけだったけど

暑い、日差しと共に





良く頑張ったなぁ。(*´∀`)ノ





ぷなパパの声が、降り注いだような気がしました。

さて、残り2日間。

ぷなパパに負けないように、乗り切るぞ。





オ~!!\(*´▽`*)/