こんばんわ。ぷなママです。





今年も残り僅かとなりましたね。

今年は、ぷな家にとって





衝撃的な1年でした・・・。





もう、忘れる事のない。

忘れる事の出来ない1年でした。





ぷな家が失ったものは

とても大きく計り知れないもので

ただ、ひたすらに突っ走って来ました。

余りにも必死すぎて















心から笑っていないなぁ・・・。





あの、頬が痛くなるまで笑っていた日々。

懐かしい・・・。















『笑顔のパワーは素晴らしい』





いつもぷなパパは云っていました。





どんなに辛く哀しくても

笑いは頑張る力を増幅させてくれる。





そうだね。

来年は、頑張りながらも笑って過ごせるように精進します。





ぷなパパ・・・。

どうか力を貸してね(〃∇〃)















1年間、ぷな家を応援してくれた方々。

本当に有難うございました。

来年も、力の限り頑張りますので

応援、宜しくお願い致しますm(_ _)m

AD

来年は必要かな?


こんばんわ。ぷなママです。





昨日のぷな娘に続き・・・

本日めでたく、ぷなママも仕事納めです。

さて残すは・・・





大掃除!!(゚Д゚)クワッ






頑張ります。















さて、もう世の中はお正月ムードに向かっているというのに

ぷな家ではこんな質問が・・・。










ぷな娘「いつサンタさん来る?」





サ・・・サンタさん??










ぷな息子「サンタさんは、もう来ないよ。」

ぷな娘「幼稚園のお友達は、みんな来たって行ってたよ。」

ぷな息子「でも、もうクリスマス終わっちゃったもん。」

ぷな娘「うちのサンタさんは、雪降ると来るんだよ。」



そんな法則、誰が決めた??















ところで、ぷな家にサンタさんは毎年来ていたの?










いえいえ。

去年初めて、ぷなパパがサンタどっきりをしました。

ぷなパパとぷなママから貰ったプレゼントの他に

和室にこっそり置いてあったプレゼント。





ぷな娘「え~!!もしかしてサンタさん??」

ぷな息子「でも、どうやってサンタさんここに置いたの?」

ぷな子達「もしかして・・・どろぼうみたいに??」





サンタさんに向かって、どろぼうって( ̄□ ̄;)





ぷなパパ「夜中にピンポンなって、パパがお家に入れてあげたんだよ。」

ぷな子達「ふぅ~ん・・・」





え??納得??





でも、こんなぷなパパサプライズを今年も待っていたのかな?

けど。

去年のクリスマスイブ、雪は降っていなかったはず・・・。

ぷな娘の頭の中は、何とも都合よく出来ているようです。

来年は、ぷなパパサプライズが必要かしら。

悩めるぷなママなのでした。















去年のようなサンタさんは来ませんでしたが

ぷなパパの下に

誕生日兼クリスマスのプレゼントを多数頂きました。





本当に有難うヾ(≧▽≦)ノ





ほんの一部ですが、ご紹介。

クリスマス、リラックマ



ぷなパパが大好きだったリラックマに囲まれて

ぷな家は幸せです。





絶対ぷなパパも喜んでいるね(〃∇〃)










今年も後、2日。

頑張ろう・・・。

AD

こんばんわ。ぷなママです。





今年も後、僅かとなってしまいましたね。

そろそろ仕事納めの方も多いのではないでしょうか。





ぷな家でも










本日、ぷな娘が仕事納めヘ(´∀`)ノ





ぷなママが仕事をしているものですから

冬休みに向けて午前保育に突入してから

今日に至るまで

ぷな娘には、幼稚園のお預かりに行って貰っていました。



ぷな娘「私の仕事はね。幼稚園で元気に遊ぶ事なんだよ。」















午前保育中のお預かりでは

お兄さんお姉さんのいるお友達が、沢山お預かりしていたので





ぷな娘「今日もみんなで遊ぶ~(≧∀≦)b」





通常保育の延長みたいで、意外と楽勝。















でも、冬休みに入ってからは

高額お預かり料に、お弁当持ちという事もあって





ぷな娘「みんな・・・来ない。」





そりゃ、そうですよね。





ぷな娘「クラスの子、全然来ない。年長さんも来ない。」



ショボーン━━(´・ω・`)━━




















これは、危険だΣ(゜◇゜;)



何か手を打たなくては。





ぷなママ「ママに協力して、元気にお預かりを頑張ったら・・・」

ぷな娘「何か買ってくれる??(☆Д☆)」





やっぱり、そう来ましたか。

でも、頑張った子にはご褒美だよね?パパ。















そんな訳で

頑張ったぷな娘の戦利品。

戦利品








お預かりに行く前は

仲良しのお友達が来ないと淋しがり

帰宅後の夕方には

慣れないお預かりに疲れるのか、我儘全開。





そんなぷな娘を、少しでも元気に幼稚園に送り出してあげようと

あの手この手で、ぷなママも頑張りました。

そんな、やりとりも暫くお休みです。





いや~、親の勤めと分かっていても大変ですね( ̄□ ̄;)

さて次のお預かりまで、ぷな娘も休息です。





ぷな娘、お預かり良く頑張ったね(*´∀`)ノ

AD

こんばんわ。ぷなママです。





今日は、冷たい雨が降っていますね。

こんな日は、寒いから大掃除もお休みしようかな・・・。

ぷなパパの誕生日会が終わった途端

いきなり大掃除のペースダウンです。



「ぷなママらしいな・・・」



そんなぷなパパの声が聞こえて来そうです(^◇^;)>




















時はさかのぼり、ぷな息子の終業式の日。





ぷな息子「パパ~。ママ~。僕、初めて賞状を貰ったよヽ(≧▽≦)ノ」





しょ・・・



賞状??Σ(゜◇゜;)










ぷな息子が賞状を持って帰って来た?

これは、ぷな家の重大ニュース入り間違いなしだぞ。





ぷな息子「まず、パパに見せるヘ(´∀`)ノ」





運動全般、苦手なぷな息子。

勉強の方だって、決してトップの方とは云えないし・・・

一体どんな賞状を貰って来たというのだ?

ぷな息子が、パパに見せている賞状を横から覗き見。










ドキドキ・・・わくわく・・・。




































『金賞』





金賞??(☆Д☆)キラリーン♪





ぷなママ「ママにも見せて。見せて。」




















市内理科展『金賞』



理科展?

身に覚えがないぞ?

まさか。

他の子のを間違えて持って帰って来てしまった、なんてオチ??










名前は・・・




















2年生全員。





ち~ん・・・( ̄□ ̄;)

こりゃ。身に覚えがなくて当然だ。

ま・・・。良く頑張りました。良かったね。

次は、ぷな息子だけの名前入りをぷなパパに見せられるといいね。

でも、とっても素敵な物も貰って来ました。





それは・・・



































『皆勤賞』





軽い喘息持ちのぷな息子。

風邪を引くと、いつもぷなパパがベポラップを塗ってあげていて

皆勤賞とは、ずっと無縁かと思っていた。





ぷなパパ。

いつの間にか、ぷな息子も強くなっていたんだね。

沢山の事が巻き起こったにも係わらず、皆勤賞。

ぷな息子が頑張った証拠だね( ̄∇ ̄+)

ぷなパパが、ぷな息子を褒めてあげている光景が目に浮かびます。





ぷな息子。偉いぞ。


こんばんわ。ぷなママです。





随分とご無沙汰更新となってしまいました。



ノロウイルス??



いやいや、全然違うので安心して下さいね。

とにかく、少しでも手の空いた時間は

大掃除に全力を注いでいたのです。





何故かって?



































ぷなパパの誕生日があったから・・・。



パパの誕生日は、綺麗なお部屋でお祝いをしたい。

ただ、それだけの理由。















ぷなパパは、クリスマスイブ生まれ。



今年は、2日間連続でお祝いをしました。















前夜は、親族とお祝い。



みんなでケーキにろうそくを立てて

ぷな息子が代わりに吹き消し・・・。





『ぷなパパ、お誕生日おめでとう。』





これからもずっと

みんなで集まって、お祝いする事は続けて行きたいです。















当日は、お友達とお祝い。



大阪からお祝いに来てくれた、ゆぇちゃん。

リラックマグッズを沢山持って来てくれた、マルちゃんご夫妻。

サンタの格好で登場してくれた、あひるさん。にバリー。

ケーキを焼いて来てくれた、凍結男さん。

凍結ケーキ

凍結チョコケーキ

今も沢山の人に愛されているぷなパパ。

本当に嬉しいです(ノд・。)



ぷなパパに代わりまして・・・





みんな本当に有難う(〃∇〃)




















ぷなママだけ歳をとって行くのは、とっても悔しいので

ぷな家ではクリスマスではなく

これからも、ずっと・・・ずっと・・・

ぷなパパのお誕生日会を開催する予定です。

パパ・・・。

これからも、一緒に歳を重ねて行こうね。










ぷなパパ。

改めて・・・





お誕生日おめでとう。

私は虜。


こんばんわ。ぷなママです。





先日、愛車のタイヤがパンクしてからというもの

ぷなママの心は


































タイヤ一色( ̄□ ̄;)





いらっしゃいませ~・・・タイヤどうしよう。

お会計は・・・タイヤ。

寝ても覚めてもタイヤ。タイヤ。











今思うと、この状態でよくミス無く仕事をしてこれたなと

自分の事ながら、ビックリ。















さて。

どうして、こんなにもタイヤの虜になってしまったのか。

それには理由があったのです。





このままスペアタイヤでは危ないから

早く手を打たなくちゃいけない。

それは、車無知のぷなママにだって分かる事。

ただ・・・










タイヤをパンク修理で安く仕上げようという意見と

ちゃんと新品を購入した方が良いという意見。

その狭間でぷなママは悩んでいたのだ。





確かに年末で何かと物入り。

安く仕上げられるのなら、それに越した事は無い。

だけど・・・










ぷなパパの大事な車。

修理で本当に大丈夫なのか??

すぐに助けに飛んで来てくれていたぷなパパは

遠いお空の身。

車に関しての決断は、いつもパパ任せ。











・・・どうしよう。










凄く悩んだ結果。







































安全を買った。





ということで、新品を購入して来ました。










出費は凄く痛かったけど

「この決断は間違いじゃないよ」とぷなパパは云ってくれるハズ。

これからも、ぷなパパの愛車をぷなママなりに大事にして行きたいです。




















それから、ぷなパパにお願いした甲斐があったのか





良い事がありましたヽ(≧▽≦)ノ


































・・・ぷな子達に。



ぷなママの弟が、遊園地に連れて行ってくれたのです。



弟よ。有難うヘ(´∀`)ノ





ぷなパパ。

次は、ぷなママに良い事あるよう頼みますm(_ _)mペコリ。


こんばんわ。ぷなママです。





大掃除の方ですが

仕事後、ぷな息子の勉強を見ながら

地道に進行中です。





そんな、ぷなママのサポートに来てくれたあひる。さん



どうも有難うヽ(≧▽≦)ノ



さすが、ぷなパパの親友ですね。

ぷなママの手伝いをしてくれって

ぷなパパから依頼でもあったかな?















こんな風に毎日を、地道に頑張っているぷなママですが

今日はショッキングな出来事が・・・。















思わず、天を仰いでしまいましたよ。



「パパ、助けて・゜・(ノД`)・゜・」って。



そのショッキングな出来事とは・・・









































車のパンク。





ぷなママは、高校生の時に車の免許を取ったのですが

今まで、パンク経験なし。

始めて、パンクしたタイヤを見ちゃいました。










今まで車のトラブルがあれば

ぷなパパに電話。



道に迷えば

ぷなパパに電話。



困った事があれば

ぷなパパに電話。




















・・・もう電話出来ない。















自分の力で何とかしなくちゃ。



まず、ぷな娘のお迎えに間に合わないから

幼稚園にお預かりの依頼。





ぷなパパ、どうか力を貸してヽ(゚Д゚;)ノ





始めてのタイヤ交換。

まずは・・・









ぷなパパ何をしたら良い??










ジャッキの場所を探して

スペアタイヤ探して・・・。





車について無知なぷなママが

こんな作業をする事になるとは、思いもしなかった。

こうやって、更にぷなママは強くなっていくんだな(; ̄Д ̄)










ぷな娘は、幼稚園で預かって貰うから良いとして

あまり遅くなると

ぷな息子が心配するな。





・・・・という訳で





途中から、あひる。さんに助けに来て貰いました。

度重なり、あひる。さん



どうも有難うm(_ _)m



お礼にぷなパパが、毎晩夢に出てくるかもよ(〃∇〃)










今日は、とても運の悪かったぷなママ。





明日は良い事ありますように・・・。



ぷなパパ、頼みますよ(≧∀≦)b


こんばんわ。ぷなママです。





何だか随分ご無沙汰をしてしまいました。

ご無沙汰になってしまった理由は・・・



大掃除!!



子供を相手しながらだと

絶対に年末だけでは終わらなさそう。

そんな危機感から、早めにスタート。
















でも・・・





平日は仕事。

帰宅したら、夕食準備にぷな息子の宿題も見なくちゃいけません。

ぷな息子に宿題をやらせながら

せっせ・・・せっせ・・・(」゜ロ゜)」



ぷな息子「ママ。終わったからマル付けして~。」

ぷなママ「よし。じゃあドンドンマル付けしちゃおう。」



でも、すぐに終わらないのが低学年のセオリー??

間違いを教えているうちに、時間は刻々と過ぎて行くのだ。











休日は用事&子供達の相手。

とにかく暇だから、ぷな娘が随時絡みまくり。



ぷな娘「ママ~。折り紙やろう。」

ぷなママ「・・・掃除中なんだけど。」



せっせ・・・せっせ・・・L(゜□゜L)



ぷな娘「ママ~。手裏剣一緒に折ろう。」

ぷなママ「じゃあ、1つだけだよ。」



せっせ・・・せっせ・・・(」゜ロ゜)」



ぷな娘「ママ~。もう1つだけ折って~ヘ(´∀`)ノ」



いつの間にか、掃除をしているのか

折り紙を折っているのか分からない状態。





もう集中して、大掃除に取り組める状態じゃない。





こんな状態のぷな家の大掃除。

進行状態は・・・











云うまでもなく、スローペース。





ぷなママ「なかなか掃除がはかどらないよ(TдT)」

ぷな子達「ママ。パパの大事なお家なんだから、ちゃんと掃除してね。」





工工エエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエ工





そう来たか・・・。

そう思うなら、手伝っておくれよ。

そう。










邪魔をしないというお手伝いをね(o^-')b




















明日は、ぷなパパの月命日。



もう、半年経っちゃうんだね。

この半年間が、全部嘘だったらいいのに・・・。

何度もそう思った。

でも、誰もが挫けずに頑張れたのは

ぷなパパが、陰で支えていてくれたからかもね。

明日は、皆でお墓参りに行くよ。

だから、待っててね。

こんばんわ。ぷなママです。





日に日に寒さが増して来ていますね。

車のフロントも

洗濯干すベランダも

凍って来ている・・・( ̄□ ̄;)










さて、持久走大会の季節到来です。



ぷなママは、持久走は嫌いだったけど

いつも10位以内に入る成績でした。



なので・・・



せめて、ぷな子達にも中間には入って貰いたい親心。

でも、ぷな息子はメチャクチャ苦手・・・だったりする。





ぷな息子「ママ。今日の練習で37位だったよ。」

ぷなママ「37位?頑張ったじゃん。」





・・・ところで、何人中の37位なのだ??










その日の夕方。

個人面談で、先生に言われました。



先生「大体50人位の中で、37位でした。」



もう、完走さえしてくれれば良いです(TдT)

ぷな息子は、1年生の時も同じ事を云われました。

もう少し、力が出せると思うのですが・・・。










そう。

ぷな息子は、競って争っての闘志むき出しタイプではないのです。

せっかく皆で参加するのだから



楽しんでやろうよヽ(≧▽≦)ノタイプ。



確かに平和主義で良いのですが

ぷなママはちょっと心配(; ̄Д ̄)















持久走大会前日。



ぷなママ「持久走大会、ママお仕事で行けないけど頑張ってね。」

ぷな息子「うん。また、パパ見に来てくれるかな?」



去年、やっぱり仕事で応援に行けなかったぷなママに代わり

闘病中だったぷなパパが、応援に行ってくれたのです。



ぷなママ「うん。絶対応援に来てくれるよ。」

ぷな息子「そうか。頑張ろう。」















持久走大会終了。



ぷなママ「持久走どうだった?」

ぷな息子「42位だったよ。」



手渡された、順位とタイムが書かれた「完走賞」

1年生の時と比べて

10秒しかタイム縮まってない・・・。

そこに追い討ちをかけるぷなママお母さん情報。



ぷなママお母さん「ぷな息子、ビリから5番目だったよ。」















ガ~ン・・・(; ̄Д ̄)





ぷなパパだったら、ぷな息子にどう声をかけたかな?

ぷなママは、もっと体育も頑張って欲しいけど・・・。





ぷなパパは


きっとぷなママに





人間には得手不得手があるから




温かく見守ってやろうや。




そう云ったかな。


こんばんわ。ぷなママです。





師走に入り、又一段と寒くなりましたね。





ぷな娘「ママ。数、数えるから聞いてて。」



どうやらぷな娘は、絵柄の数を数えるようです。



ぷな娘「ひとつ。ふたつ。」



ん・・・?その数え方か。

ぷな娘は、どこまで正しく数えられるかな?



ぷな娘「みっつ。よっつ。」



おっ。なかなか頑張っていますね。

下の子って、特に教えなくても

上の子の陰に紛れて、多少覚えてしまうんですよね。






































ぷな娘「・・・ご!!(≧∀≦)b」





はい。終了~!!



やっぱり、そう簡単には行きませんね。





ぷなママ「『ご』はね。『いつつ』って言うんだよ。」

ぷな娘「そっか。いつつ・・・。」



ぷなママに続いて、ぷな娘は復唱中。



ぷなママ「最後は『とう』」





ぷな娘「最後は、との!!ヽ(≧▽≦)ノ」


































・・・ち~ん(; ̄Д ̄)





とのって・・・聞き間違いにも程があるでしょ。

ま。面白いから良いか(〃∇〃)















ぷなママ「お兄ちゃんは、パパに教えて貰ったから完璧??」

ぷな息子「モチロン!!(≧∀≦)b」



ぷな息子は、この数の数え方をぷなパパに教えて貰いました。



ぷな息子「ひとつ。ふたつ。・・・ななつ。やっつ。」



さすが、お兄ちゃん。好調ですね。

ぷなパパに教えて貰った事、しっかり身になって・・・



ぷな息子「ここのつ。」


































ぷな息子「とうか!!(* ̄ー ̄*)」





おしい!!・゜・(ノД`)・゜・



でも、ちゃんと身にはなっているようです。










ぷなパパが、ぷな息子の為に書いてくれた『数の読み方表』

これからも、ずっとダイニングテーブルに挟んで大事にするね。

さて次は、ぷな娘に学習して貰いましょ。