葬儀司会マニュアルを販売しております。

仏式葬儀の司会台本から無宗教葬儀の開式から閉式までの司会例。更に葬儀ナレーションの例文も多数掲載しております。

葬儀司会マニュアルのご購入・お仕事の依頼は下記をクリックしてください。

(株)いづみなでしこレディのホームページへ


元日本代表 城彰二さんとの葬儀対談

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-20 23:38:36

葬儀ナレーション全文「写真」

テーマ:葬儀ナレーション 一文。

急に寒くなってきましたね。

これからは特に体調管理が大事な季節。のどのケアを怠らず、良い仕事が出来るように司会道を歩んでいきたいと思います。

ナレーションを掲載するのが久々だったので、今回は全文を掲載します。

 

故人様のお名前は仮名です。ご夫婦のご主人がご他界され、奥様が喪主を務めて下さいました。お子様はいらっしゃらなかったという事で、二人で支え合ってきた仲の良いご夫婦です。交友関係も広く、ご友人の皆様にも恵まれて、豊かな人生を歩んで来られた故人様。

 

100枚を越える思い出のお写真が飾られた式場。そのご葬儀での開式前のナレーションです。

 

「間もなく開式でございます。式場内に飾られたいくつものお写真。アルバムに収められていた数多の思い出を、共に過ごして下さった皆様にも見て頂きたいと奥様がご用意して下さいました。幾多のお写真に眼を向ければ、あの日あの時の思い出が走馬灯のように胸をよぎるかと存じます。

 

毎週楽しみにしていらっしゃった卓球クラブ。体育館に響く太郎様の大きな声が練習に活気をもたらしてくれました。得点を競い合ったボーリング。ストライクを取った時のはにかんだ笑顔とみんなで交わしたハイタッチ。一緒に眺めた旅先の景色。いつもしっかりものの太郎様が計画を立てて下さいました。

 

当たり前だった風景は、色褪せない大切な思い出に変わり、太郎様の面影はいつまでも皆様の心の中に、生き続けてく事と思います。

 

このお写真をご準備して下さった奥様が、語って下さったお言葉があります。「1人で思い出すと辛い思い出も、皆様とだったら笑顔の思い出に出来そうです」と。

 

1人では無く、みんなで送りたい。太郎様を愛したみんなで。

 

その想いがこの数多の写真に込められております。これからの葬送の時。太郎様との思い出を皆様で紡いで頂きながら、共に過ごされた日々にありがとうのお気持ちを添えてお過ごし頂ければと存じます。間もなく開式でございます。」

 
思い出に包まれながらのご葬儀は、悲しくも温かく、皆様の真心がこもったお時間となりました。
 
全てはこの掛け替えの無い時間の為に・・・

葬儀司会者:奥山茂

葬儀司会者の奮闘日記葬儀司会マニュアルを販売しています。詳しくはこちら。

打ち合わせの進め方、葬儀の開式から閉式までの司会例をはじめ、各種ナレーション例や無宗教葬儀の台本も掲載されています。

 

特別版には「ショートナレーション50編」を

掲載。ナレーション作りにお役立て下さい。

 

 

ベーシック版 A4サイズ 58ページ ¥3,900(消費税・送料込)

著者:奥山茂

 

婚葬祭ランキング参加中です。

よろしければワンクリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ

 

 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-13 09:56:03

葬儀ナレーション作りについて。

テーマ:ブログ

ブログを見て頂いている皆様。

いつもありがとうございます。

 

先日、葬儀司会講座を行いました。やはり地方によって求められるナレーションの質も量も違いますね。

先日お越し下さった受講生の方はかなり長めのナレーションを求められる地域の方でナレーション作りにとてもご苦労をされているご様子でした。

 

実際にナレーション作りから読みまでを行って頂いたのですが文章力もおありで、即興で作られたナレーションもしっかりとした形になっていました。

それでも、現場で長いナレーションを作るとなると一苦労だそうで、ことばの引き出しを増やすにはどうすれば良いのかと悩まれているご様子でした。

 
私も日々、言葉の引き出しを増やす為に、本を読んだりテレビやラジオのナレーションを聞いたりしているのですが、それ以外に、私は「詩集」からインスピレーションを受ける事があります。

 

最近ん読んだ詩集で印象に残っているのは

長谷川紘子さんの詩集「キヨ子」です。

愛する人の死と向き合って綴られた詩集になっています。

 

 

詩集から受け取る印象は人それぞれだと思いますが、表現方法や言葉の選択の仕方など、とても参考になります。

よろしければ読んでみて下さい。

 
全てはこの掛け替えの無い時間の為に・・・

葬儀司会者:奥山茂

葬儀司会者の奮闘日記葬儀司会マニュアルを販売しています。詳しくはこちら。

打ち合わせの進め方、葬儀の開式から閉式までの司会例をはじめ、各種ナレーション例や無宗教葬儀の台本も掲載されています。

 

特別版には「ショートナレーション50編」を

掲載。ナレーション作りにお役立て下さい。

 

 

ベーシック版 A4サイズ 58ページ ¥3,900(消費税・送料込)

著者:奥山茂

 

婚葬祭ランキング参加中です。

よろしければワンクリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-08 09:36:12

お墓参り。

テーマ:葬儀司会者のつぶやき。
皆さんこんにちは。
いつもブログにお立ち寄り頂きありがとうございます。

今回は、お墓参りの事を書かせて頂きます。

私の家の菩提寺は山梨県にある洞雲寺という曹洞宗のお寺です。
{7402723E-1A60-4418-A220-7B4A19D5797D}

今住んでいる場所からは少し距離があるので、普段はなかなか行けないのですが、先日葬儀の仕事が急遽キャンセルになったので、「これは御先祖様が呼んでいるのかも…」と思い、お参りして来ました。

山深い場所にある洞雲寺。お墓も山の中腹にあり、到着してみると、季節柄、枯葉や枯れ枝がお墓に沢山落ちていました。きっと御先祖様が「たまには掃除しに来いー!」と言っていたのでしょう。 

お墓を綺麗にして、祖父母が大好きだったビールとコーラをお供えし、心静かに手を合わせてきました。

お寺の周りは美しい紅葉です。
{6461ED4D-DE75-453B-A4D2-230B756DBB67}

そして、私はお寺の鐘つき堂からの眺めが好きです。
{89EFEE3B-421F-469E-9670-2527A3BC10BF}

ご住職にご挨拶をさせて頂き、お寺を後にしました。
余談ですが、帰りにリニアモーターカーの見学をしました。時速500キロを間近で見ると、あまりの速さに乗ってみたいような、乗ってみたくないような… 

でも確実に日本が縮みますね。東京にいながら、名古屋や大阪の現場にも日帰りで行ける時代になるのでしょうね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。