2017-04-10

一般的ルールと新人研修

テーマ:企業再生

桜が咲き誇る中、入社式や入学式もあちらこちらで開催されていました。入社式が終わると、新社会人は新人研修を受けることになります。期待と不安の新人研修です。

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

東芝は10日、2016412月期決算について、監査法人から「適正」との意見が得られない場合、一部を適正とする「限定的な意見表明」や監査意見を表明しない「不表明」で、報告書を関東財務局に提出する方向で調整に入った。決算を既に2度延期しており、前例のない3度目の延期は避けたい考えだ。

 

( 時事通信 2017411日配信より抜粋 )

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

決算発表が3度延期された例はありませんし、この記事のように監査意見が付与されない決算発表(四半期報告書を関東財務局に提出)というのも決算発表とは言わないと思います。このような事態は、東証による一般ルール適用なら上場廃止になる事態です。

 

 

東証は一般的ルールを守るべく動くのか、東芝クラスの企業を上場廃止にするのは影響が大きすぎることを理由に救済的特例措置をとるのか、どちらでしょう?理性面ではどの様な企業に対しても「一般的ルール」適用を遵守すべきだと考えますが、本当に杓子定規に上場廃止にさせるのが正しいのか?という感情面もあります。

 

 

新人研修では「会社のルール」も含めて教えていくことになります。自らが「ルール」を捻じ曲げたうえで新人達に「会社のルール」を教えるのは無理があります。東証の判断はどうなっていくのでしょうか。

 
 

 

 
教え方って本当に難しいです(笑)
 
 
【掲載コミックはイラストレーター玉利ようこ氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】
 

 

企業再生人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿