2017-03-24

2017年 開花宣言

テーマ:企業再生

東京では321日に桜の開花宣言が出されました。東京が全国トップで開花となるのは9年ぶりだそうです。最近は寒い日もあり、まだまだ開花スピードが遅くて実感はありませんが、41日頃が満開になると予想されています。

 

そもそも桜の開花は、地域ごとに決められた桜の木の花が5輪以上あると判断されたら、開花とされるそうです。東京の場合、靖国神社の「標本木」の桜が56輪咲くと開花となります。21日午前10時過ぎ、東京・靖国神社のソメイヨシノの「標本木」に、5輪以上の花が開いているのを気象庁の職員が確認して、東京のソメイヨシノが開花したと発表されました。

 

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

東芝は、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を、今月中に申請させる方向で最終調整に入った。WHで追加の損失が膨らむリスクを今年度中に取り除き、新年度以降の経営再建を確実にする狙いだ。

 

早期の申請は、WHの損失拡大を懸念する主力取引銀行からも求める声が強まっていた。申請で東芝に対する債権を確実に回収できるとの思惑に加え、「今年度中に損失を処理し、新年度に『V字回復』する」(主力行幹部)とのシナリオを描いている。

( 朝日新聞 2017324日配信 より抜粋 )

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

東芝の問題は、粉飾会計を「不適切会計」と呼んだ頃から生じているように思います。あの時に自ら粉飾会計と認め、社内体制へ大きなメスが入っていれば、ここまでのダメージを受けなかったのかもしれません。

 

桜が満開となる41日までに、最大のリスク要因である米原発子会社ウェスチングハウス(WH)に目途がついて、『V字回復』への道筋がつくことを願っています。

 
 

 

 
承認欲求を突いた、見事な交渉術です(笑)
 
 
【掲載コミックはイラストレーター玉利ようこ氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】

企業再生人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿