2017-02-21

残業上限60時間規制

テーマ:企業再生

新規制となる残業時間上限60時間に向けて、労使双方の団体が交渉しています。大筋では双方合意しているので、微調整といったところでしょうか。

 

///////////////////////////////////////////////////////

 

連合の神津里季生会長と経団連の榊原定征会長が、残業時間の上限規制問題をめぐり、週明けの27日にも東京都内で会談する方向で調整していることが21日、明らかになった。労使はともに年間の残業上限を720時間(月平均60時間)とする新たな規制を受け入れる方針を固めているが、繁忙期に認める月単位の上限などでは隔たりがあり、トップ会談でこう着状態の打開を目指す考えだ。

榊原会長は21日に広島市で行った記者会見で、残業時間の上限規制について「3月中旬に予定する(政府の)働き方改革実現会議に向け、(労使で)合意点を見いだしたい」と語った。 

 

( 時事通信 2017年2月21日配信 より抜粋 )

 

///////////////////////////////////////////////////////

 

 

残業が常態化しているのは、雇用の硬直化に起因していると個人的には考えています。日本の労働法律では、正規雇用者が過度に保護されていて、会社(使用者)側が安易に雇用の増加(正規雇用者の増加)に踏み切れないからではないでしょうか?

 
正規雇用者の労働条件が保護される一方で、その対応策として非正規雇用者への依存度が高まり、非正規雇用者との格差がさらに拡大してしまわないか危惧しています。
 
 
  
残業が続くと心と顔の余裕が失われます(笑)
 
 
【掲載コミックはイラストレーター玉利ようこ氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】

企業再生人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿