2017-01-16

2016年企業倒産件数

テーマ:企業再生

2016年の企業倒産件数は8年連続減少の8,446件でした。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 東京商工リサーチが113日発表した2016年の全国の企業倒産件数(負債額1千万円以上)は8446件で、前年より4・1%減った。減少は8年連続で、1990年(6468件)以来の低水準。負債総額は2兆61億円となり、前年を5・0%下回った。

 

 上場企業の倒産は2年ぶりにゼロだった。負債額10億円以上の大型倒産は前年比22・6%減の235件で、89年(166件)以来の少なさだった。倒産件数の減少傾向は、金融機関が中小企業の返済の先延ばしに応じていることなどが理由という。

 

朝日新聞デジタル 2017113日配信 より抜粋

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2016年の年間倒産件数は、引き続き減少傾向にあって1万件を割っています。「倒産」という形式をとらない「休廃業・解散」件数は高水準を持続し、一昨年2015年では、年間の倒産件数3倍になっています。この後、2016年の「休廃業・解散」件数も公表されますが、減少傾向とはいえ、依然倒産件数の3倍程度の件数を示すと予想しています。

 

今後の成長が望めない経済環境の中での中小企業後継者問題は、人口減少問題とともに具体的解決策が乏しいと思います。太陽光発電事業や介護事業等、安易な事業創出支援施策はかえって事業倒産件数を増加させている現況を見ても、一方的な政策だけでは効果が限定的なのだと思います。

 

中小企業の再生を考えるにあたって、中小企業後継者問題は常に直面してくる問題です。

 

 

企業再生人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿