当ブログへのご来訪ありがとうございます。 主に3つのテーマについて綴っています。

(1)企業再生
   セカンド・オピニオン社での「企業再生人」の日々を綴っています。
   (一定期間を過ぎた記事は削除することがあります。)
(2)アジアに学校を創ろう!
   アジア地域に学校建設・教育支援をしています。
     2017年 ラオス 出前幼稚園活動支援Part3 開始しました。
     2016年 ラオス 出前幼稚園活動支援Part2 開始しました。
     2015年 ラオス 出前幼稚園活動支援 開始しました。
     2014年 ラオス 教育養成短大への奨学金支援 開始しました。
     2013年 カンボジア Tra Pang Kranh小学校 開校しました。
     2012年 ラオス パチュドン幼稚園 開校しました。
(3)珈琲順太 Junta Coffee
   セカンド・オピニオン社スタッフの珈琲順太さんが、雑多な日々について綴っています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-24

2017年 開花宣言

テーマ:企業再生

東京では321日に桜の開花宣言が出されました。東京が全国トップで開花となるのは9年ぶりだそうです。最近は寒い日もあり、まだまだ開花スピードが遅くて実感はありませんが、41日頃が満開になると予想されています。

 

そもそも桜の開花は、地域ごとに決められた桜の木の花が5輪以上あると判断されたら、開花とされるそうです。東京の場合、靖国神社の「標本木」の桜が56輪咲くと開花となります。21日午前10時過ぎ、東京・靖国神社のソメイヨシノの「標本木」に、5輪以上の花が開いているのを気象庁の職員が確認して、東京のソメイヨシノが開花したと発表されました。

 

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

東芝は、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を、今月中に申請させる方向で最終調整に入った。WHで追加の損失が膨らむリスクを今年度中に取り除き、新年度以降の経営再建を確実にする狙いだ。

 

早期の申請は、WHの損失拡大を懸念する主力取引銀行からも求める声が強まっていた。申請で東芝に対する債権を確実に回収できるとの思惑に加え、「今年度中に損失を処理し、新年度に『V字回復』する」(主力行幹部)とのシナリオを描いている。

( 朝日新聞 2017324日配信 より抜粋 )

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

東芝の問題は、粉飾会計を「不適切会計」と呼んだ頃から生じているように思います。あの時に自ら粉飾会計と認め、社内体制へ大きなメスが入っていれば、ここまでのダメージを受けなかったのかもしれません。

 

桜が満開となる41日までに、最大のリスク要因である米原発子会社ウェスチングハウス(WH)に目途がついて、『V字回復』への道筋がつくことを願っています。

 
 

 

 
承認欲求を突いた、見事な交渉術です(笑)
 
 
【掲載コミックはイラストレーター玉利ようこ氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】
2017-03-09

新年度にむけて

テーマ:企業再生

早いモノで、既に3月に入り、卒業式の風景をあちらこちらで見掛けます。

 

新年度に向けて企業も様々は施策を打ち出しています。一般的には3月末が会計年度の会社が多いので、年間損益を睨んで3月中に取込みたい利益・損失に帳尻合わせしていく姿も、3月の風物詩です。

///////////////////////////////////////////////

 
東芝が14日までの発表を予定している2016年4~12月期決算を巡り、発表に向けた社内の調整が難航していることが分かった。米原発子会社ウェスチングハウス(WH)で浮上した内部統制上の問題の調査について、日米の監査法人などの意見が分かれ、調整に時間がかかっているという。

東芝は先月14日、WHの経営幹部が部下に「不適切な圧力」をかけ、決算に影響が出た可能性があるとして同日予定していた決算発表を最長1カ月延期した。現在、外部の弁護士を交えて調査を進めているが、WH幹部の言動をどこまで不適切と認定するかなどについて、東芝側、WH側双方の弁護士や監査法人の間で意見の相違があるという。

今月14日までに決算発表ができるかどうかについて社内では、現時点で「五分五分」(幹部)との見方も出ている。東芝広報は「期限までの決算発表を予定している」としている。
 
( 朝日新聞デジタル 2017年3月9日 配信 より抜粋 )
 
///////////////////////////////////////////////

 

東芝決算は期限内(1ヶ月延長済み)に提出できるでしょうか?既に今年度の債務超過は認容しているので東証2部への移動は既定路線ですが、さすがにここで期限内提出が出来ないと、上場維持に赤信号がともり、企業解体が加速してしまいます。何とか、再挑戦可能な状態で新年度に向かって欲しいです。

 
 

また、私の周囲には会計士・税理士の先生も多いので、この時期は個人の確定申告や12月決算の税務申告が重なって、多忙の方も多く見掛けます。寒暖差の激しい折、是非体調には気をつけて欲しいと願っています。

 

 

 

スーツサイズが気になる私は笑えない・・・
 
 
【掲載コミックはイラストレーター玉利ようこ氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】
2017-02-21

残業上限60時間規制

テーマ:企業再生

新規制となる残業時間上限60時間に向けて、労使双方の団体が交渉しています。大筋では双方合意しているので、微調整といったところでしょうか。

 

///////////////////////////////////////////////////////

 

連合の神津里季生会長と経団連の榊原定征会長が、残業時間の上限規制問題をめぐり、週明けの27日にも東京都内で会談する方向で調整していることが21日、明らかになった。労使はともに年間の残業上限を720時間(月平均60時間)とする新たな規制を受け入れる方針を固めているが、繁忙期に認める月単位の上限などでは隔たりがあり、トップ会談でこう着状態の打開を目指す考えだ。

榊原会長は21日に広島市で行った記者会見で、残業時間の上限規制について「3月中旬に予定する(政府の)働き方改革実現会議に向け、(労使で)合意点を見いだしたい」と語った。 

 

( 時事通信 2017年2月21日配信 より抜粋 )

 

///////////////////////////////////////////////////////

 

 

残業が常態化しているのは、雇用の硬直化に起因していると個人的には考えています。日本の労働法律では、正規雇用者が過度に保護されていて、会社(使用者)側が安易に雇用の増加(正規雇用者の増加)に踏み切れないからではないでしょうか?

 
正規雇用者の労働条件が保護される一方で、その対応策として非正規雇用者への依存度が高まり、非正規雇用者との格差がさらに拡大してしまわないか危惧しています。
 
 
  
残業が続くと心と顔の余裕が失われます(笑)
 
 
【掲載コミックはイラストレーター玉利ようこ氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】
2017-02-14

ブログ管理人からお知らせ

テーマ:珈琲順太
ブログ管理人の珈琲順太です。
 
2月10日掲載の「玉利ようこコミックの再開です。」を、イラストレーター玉利ようこさんのBlogでもご紹介頂きました。玉利さん、ありがとうございます!
 
 
 
昨年まで掲載させて頂いたコミックの主人公ネコ&パンダは、相変わらず大活躍しています(笑)。コチラでは、ニューキャラのウサちゃん&キツネくんのコミックでお楽しみ下さい。
 
 
当ブログは全面リニューアルを予定しています。玉利さんもBlogやFacebookページ(イラストレーター玉利ようこ)をとても綺麗にリニューアル済みなので、少しプレッシャーを感じていますが、助っ人「くぎみー」さんも合流してくれるので、きっと何とかなると思います!
 
 
2017-02-10

玉利ようこコミックの再開です。

テーマ:企業再生
2016年も当Blogで掲載させて頂いたイラストレーター玉利ようこさん作のコミックの掲載を再開します!キャラクターも新たに、またBlog記事の内容に合わせてコミック内容もビジネスネタが多くなる予定です。
 
是非お楽しみ下さい!
 
 
 
まるで、政治家の答弁のような詭弁ぶりです。
 
 
【掲載コミックはイラストレーター玉利ようこ氏の作品です。無断転載は固くお断りします。】
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>