私たちの想い。

テーマ:
こんばんは。
からだの美容室サロンNachiのオーナーです。

長野県も午後4時頃から氷点下。雪がかなり舞っています。
被災地のみなさま、寒さの中、がんばってください!

本日まで、サロンとしてお客様に今回の震災について、発言を控えてきましたが、今朝、スタッフとミーティングをして、私たちの方針を決めました。

まず、今回の大震災により、甚大な被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
未だ、ご家族・ご親戚・ご友人…と連絡が取れずにいらっしゃる皆様、お気持ちをお察しするだけで、やりきれない思いになります。
ご家族・ご親戚・ご友人が避難所生活をされている皆様、私たちの分も激励をお願いします。

東北地方のみならず、この一週間、各地で起っている地震により、悲痛な思いでいらっしゃる方ばかりだと思います。

日常の生活を送れている私たちには、皆様の心の痛みを、皆様と同じようには感じられないのが、本当のところかもしれません。


この環境下で「私たちにできることは何か?」スタッフと話をしました。


今まで以上に、皆様に喜んでいただけるよう、一生懸命仕事をすること。

サロンにお越しいただいた皆様に元気になっていただき、その先の皆様にも元気のお裾分けをしていただけるようなサロンにすること。

戦後最大の国難と言われている今、みんなが元気にならなかったら、何もはじまりません!


「被災地の皆様に何かできることはないか?」これもスタッフと話をしました。

サロンを経営している以上、お客様によろこんでいただき、経営を長く続けていくことが使命だと思っています。
私たちが背伸びをして大きな募金をしたら、経営が厳しくなります。
経営は甘くありません。

先日拝見したブログに「日本中の20~60代が100円ずつ募金したら70億円になる」という記事がありました。

「100円の積み重ねなら、私たちにもできる!」という結論になり
お客様の施術・お買い物一回ごとに
100円ずつ募金していくことにしました!

photo:03


photo:02



そしたら…「ここで募金できるの?」「私のも一緒に送ってくれる?」と、お客様から嬉しいお声までいただきました!

みんな、いい人~!

私たちもがんばります!!!!!
みなさんも、もっともっと元気になって、元気のお裾分けお願いします!


そして、私たちのサロンのある下諏訪町では、明日まで支援物資を募集しています。
明日の夜、下諏訪町役場の職員のみなさんが、町のワゴン車で、東北まで物資を届けに行ってくれるのだそうです!

募集していたものは、毛布と紙おむつ。
ほかのものを寄付している人もいると、新聞記事に書いてありました。

これもスタッフと話し合い…

私たちは女性のためのサロンだから、

「生理用品を寄付しよう!」
「紙おむつにちょっと似てるからいいよね!」ということになりました。

報道で “何か必要なものは?” と、マイクを向けられても
「生理用品を!」と言う女性は全然いませんが、絶対に必要なものです。

1軒目のお店でも2軒目のお店でも、箱では売れないというので、買い占めにならない程度に、何件かのお店で分けて購入してきました。

お店に行って、売り場を見て…支援物資のためでも買い占めはダメかも、と思い、サロンにあった、以前プレゼントに使った「ひざかけ×10枚」とイベントに使った「Tシャツ×30枚」を一緒に段ボールに詰めて、早速、下諏訪町役場に行ってきました。

photo:01



すっごい段ボールの数に驚きました!

やるじゃん下諏訪!
やるじゃん青木町長!
と、思いました!


みんなで元気だして、がんばりましょう!



AD

コメント(2)