記録に追われています>_<

テーマ:
来月に実地調査が入ります

それに伴って記録の見直しをやっています

今は報告書を書かなくちゃいけなくて
容態が悪くなっている方々の計画書も立て直したりしています

訪問は入院の方やお亡くなりになったりで少し減ったのですが
何故か私の訪問は減っていません

だから勤務時間内に記録を書くのが無理な状態です

最近は朝7時前に出勤してみんながやってくる8時までにパソコンに向かっています

これまでの記録も見直してみると
抜けてる記録が多くて…

自分で自分の首を絞めているようなもんですガーン

夜は疲れて何もできないのでブログもアップできません




看護師 ブログランキングへ

AD

熊本の雨…

テーマ:
連日熊本はすごい大雨にみまわれていました

母は老人ホームに入っていたので
増水する家の裏の川を見る事は無くなりました

増水する川を見ていることがかなりの恐怖だったので
老人ホームに入所した事は良かったと思っています

しかし家がどうなっているのかを考えると
母は毎日ハラハラだったと思います

確認ができませんから…

私も毎日母と連絡を取っているのですが
実際はどうなのか分からないので
母と同じくらい不安でした

浸水してたら
誰も住んでいないからと言って
ほかっても置けません

浸水したら片付けに行かなきゃいけないのではないかと思案していました

ネットで調べても
警報や避難指示や勧告がいつでたかは分かるのですが
浸水しているのか、いないのかは分かりません

とりあえず熊本に降り続いた雨は上がった様です

どうか浸水していませんように…


AD

今日は朗読の日

テーマ:

子どもに読んであげたい本は?


親が読んであげたい本と

子どもが興味がある本とでは違うんだと思った本がありました


それは地獄絵本でした

絵がとにかく怖いガーン

{2C616050-8A9F-49CC-991A-8135216F8947}

{90E3058C-0836-4D53-9F37-7E031CE13DC5}

三途の川を渡った五平さんが針地獄に落ちそうだったのですが
生前に川に落ちた子どもを助けた事があったので地獄に落ちる事を免れたのです

地獄の様子を生き返って伝える様に閻魔さまから任命を受けました

親より先に死んだ子どもは賽の河原地獄に落ち際限なく石を積み上げなければいけません

この本を何度も読んでと頼まれました

聞いている時の2人の子どもの顔は真剣でした
しっかり目を見開いて聞いていました

25年位前のお話しです

3歳くらいの時
まだ話しができなかったのですが
この絵本に書いてある仏教用語の難しい漢字を覚えて書いていました

私には見ても書く事が出来ない漢字でした

紙に大きく書いてあって
何だろうと思っていたのですが
この絵本に出てくる漢字でした

言葉が遅くて発達障害と言われていた頃です





▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう





AD

看護学生さんの実習で…

テーマ:
看護学生さんの実習が3クルー目です

今回の学生さんとは週初めから関わっているのでアセスメントの仕方を細かく教えています

特に腹部と胸部についてです

腸の動きをどこまで把握できるか
腹部マッサージがどれだけ効果が出るのか
自分たちのやったケアがどうだったのか評価できるように事細かく教えています

呼吸器に関しては
呼吸音を聞いてどれだけの情報が得られるか
体位をかえたり
呼気介助したりしながら
肺の働きや痰の状態を見極めていく方法を教えています

呼吸リハビリがどれだけ効果が上がったかを評価するには
呼吸音がどう変わっていくかを聞かせていきます

どうしてこの手技を選択したのか
根拠を分かりやすく伝えています

私は色んなケアの中で
その人に1番あった方法を考えて選択しています

そしてその方法はどうだったのか評価するにもアセスメントはとても重要となります

2人の学生さんは
この実習が面白くてしょうがないと先生に話していた様です

根拠に基づいたケアをやる事で
必ず成果は上がってきます

その成果が出たことで
学生さん達は嬉しくて…
そして看護の面白さや楽しさに気がついてくれてる様です

残り1週間
来週も楽しみです

看護の奥深さを感じてもらい 
看護の質を高め極めていく事の面白さを知ってもらえれば
看護師という職業を選んだ自分に誇りが持てると思うのです

{EDC635F4-35B6-4E0F-93E5-11F39B7E4589}

うちのステーションの名前と一緒のアオイですラブ

訪問看護5年目となります…

テーマ:
早いもので訪問看護師になって今日から5年目になります

15日締めなのですが
先月は131件の訪問をこなしました

うちのステーションは30分の訪問は受けていないので最低で1時間の訪問となります

それで月の訪問が131件です
多分多いのではないかと思います

たくさんの方と接する事が出来るこの仕事は
私にとってはありがたい限りです

昨日も癌の末期の方で肺炎を起こしたお家に訪問しました

帰りにお嫁さんから
「あなた達は夜も昼も無く
来てくれて本当に良くしてくれて…
あなた達は天使に見えますよ」

って声を掛けていただきました

5年目となる今日から
また気を引き締めて
在宅で療養を続ける方々に
笑顔と安心感をプレゼントできるように
がんばってきますウインク