秋冬、流行のリップカラー

テーマ:
赤い口紅、来てますね!
秋冬のメイク特集、メイクブランドの広告を見ていても
来てますね~、赤い口紅。

久しぶりに口もとに色が戻ってきたようです。

メイクアップで顔の中で色が使われるのは
肌色をつくるベースメイク、目もとの印象を演出
するアイメイク、そして口もとのリップカラー

この3カ所のカラーコーディネイトがメイクアップの
色使いを考える基本になります。

口もとに鮮やかな強い色である赤がくると、色の
対比効果で、周囲の肌色は明るく白く見えます。

そして一気に顔全体が華やかな印象になります。

そのかわり、顔全体の印象が強くなりすぎないように
目もとと口もとで、色の強さのバランスをとる
ことが重要になります。

顔全体の色の強さを10とするならば、今までの
アイメイク主体のバランスだと目もと8:口もと2
くらいのカラーバランスだったはず。

赤い口紅を使うと、カラーバランスは口もとが
強くなるので、その分アイメイクの色やラインを
弱めに調整してバランスをとってあげると、

口紅は赤いけどナチュラルメイク、という雰囲気に
仕上がって、それほど抵抗無く赤という色を使い
こなせるはず。

赤い口紅が戻って来そうな、この秋に1960年代の
赤い口紅がトレードマークだったマリリンモンローが
映画でも取り上げられます。

多分、その当時のファッションやメイクが新鮮に感じる
ようにトレンドが一巡して来ているような…。

そんな視点で見る10月封切り予定の「マリリンモンロー
瞳の中の秘密」も楽しみです。







AD