プロフィールお仕事の実績TWCセミナー日程お申込・お問い合わせお仕事のご依頼読者登録はこちら


Twitterボタン
【2015年TWCセミナー日程】
  2月1日(日)開講 目からうろこのセミナーの作り方
  4月26日(日)開講 第6回次世代栄養士養成講座Basic1
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-23 21:00:36

バセドウ病とスポーツ栄養

テーマ:スポーツ栄養士になるには


先日こんな記事がありました。

星奈津美選手がバセドー病手術




お客様から

「いつか公表してちょうだい。こうやって身体を思う通りに動かせるのも松田さんのサポートあってだから」

と言われていたので今日はお話しようと思います。

お客様は中学生から80代まで。身体の機能を最大限に活かすTWCの個人指導は運動・食事・メンタルの3つの要素で行います。  世界選手権メダリストから地域の子供のサポートまでTWCのアスリートサポート  運動・健康・スポーツ栄養・メンタルトレーニングなど身体についての執筆、監修、メディア、講師のTWCへのご依頼はこちらから

バセドウ病とは甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気で甲状腺機能亢進症を起こします。


簡単に言うとエネルギー消費が激しくそんな強度の高い運動ではなくてもすぐに疲労してしまうと言うことがおきます。


私のクライアントにもバセドウ病の方がいます。その方は競技者ではなくフィットネスレベルの方です。


この場合、疾病の理解と臨床栄養の知識が必要なのは言うまでもありません。そこでお客様にあるチャレンジをしたいとお話しされました。


「ダンスの発表会に出たい」


内容を聞いていると「それフィットネスレベルではないでしょ?!」と言うくらいのハードな練習。


疲労が残り、筋肉の動きが悪くなることも想定されます。ここで臨床栄養+スポーツ栄養の組み合わせです。


結果、クライアントは無事に舞台にたつことが出来、発表会を終えることが出来ました。

その時、クライアントが言った言葉。

「なんかアスリートになったみたいね、私」

ハードになればそれだけ緻密に対応しないとならないのが甲状腺機能亢進症。トップアスリートであれば皆さんの想像以上だと思います。


アスリートでもフィットネスレベルでも、その人を観てサポートする大切さを感じる事例でした。

フィットネス業界初の日本体育協会公認スポーツ栄養士でパーソナルトレーナー松田幸子のフェイスブックページ  パソコン、スマホがあれば日本全国どこでも聴ける!!毎週土曜14:00~14:28インターネットラジオ練馬放送 TWCの練馬一ゆる~い健康情報局on air  全員栄養士資格取得者。スポーツ現場で活動する土台と現場力を実践するTWCスポーツ栄養サポートチーム。楽RUN×楽SHOKUで栄養講座、日本工学院スポーツカレッジテニスコースの年間サポートを実施。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>