親名義の不動産についてお悩みのあなたへ~円満な相続後見対策応援します!~

【親名義の不動産所有についてのお悩み解決講座】こんなお困りごとありませんか?•亡き親名義の不動産の名義変更をしないまま今に至っている•我が家の場合、相続税がかかるのかしら?•自宅を売却し、施設の入所費用に充てたい等々、初回相談は無料で受付しております。


テーマ:

子供がいない夫婦で共に亡くなった時には残した遺産を慈善団体に寄付をしたい方の遺言相談

相談者の状況

横浜市内居住の子供がいない夫婦の遺言相談でした。
共に両親は他界しており、夫には兄弟が2名おり、そのうち1名(長男)は死亡しており、長女が健在です。
長男の子(甥、姪)とは親族付き合いがありません。
妻には、兄が1名います。
お互いが亡くなった時には、配偶者に全財産を相続させたい。
その後、残った者が亡くなった時には、慈善団体に寄付したいとの意向でした。

当センターのご提案&お手伝い

現状のまま何もしなければ、配偶者の他、兄弟姉妹が相続人となってしまうことをお伝えして、遺言の作成を提案しました。
夫婦のうち一方がなくなったときは、相手に全財産を相続させ、残った者が亡くなった時は、慈善団体に寄付するという内容です。

ただし、遺言内容を実現するためには、遺言執行者をつけないと遺言内容が宙に浮いてしまうため、夫婦のうち、一方が亡くなった時には、残った者が遺言執行者となり、残った者が亡くなった時には、兄妹を遺言執行者とすることも併せて提案しました。

両名が亡くなった時に遺言執行者となる兄妹について、
遺言執行者になってもらう関係上、遺言で金融資産のうち一部を渡した方が気持ちよく寄付の手続きを果たしてもらえるため、全財産を慈善団体に寄付とするのではなく、金融資産のうち一部を兄妹に渡すことを提案しました。

結果

当センターの提案に沿い、遺言を作成することになりました。
遺言で寄付を受け付けてくれる慈善団体を数か所ピックアップしてご提案をさせていただき、寄付する団体を決め、夫婦共に遺言を作成しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

リーガルエステートオフィシャルブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。