親名義の不動産についてお悩みのあなたへ~円満な相続後見対策応援します!~

【親名義の不動産所有についてのお悩み解決講座】こんなお困りごとありませんか?•亡き親名義の不動産の名義変更をしないまま今に至っている•我が家の場合、相続税がかかるのかしら?•自宅を売却し、施設の入所費用に充てたい等々、初回相談は無料で受付しております。


テーマ:

父親名義の不動産を子供が住宅ローンを利用して購入したケース(親族間売買)


関係図

相談者の状況


横浜在住の父親(60代)名義が10年前に購入した大田区のマンション(父の住宅ローン残債有)を長男に譲りたいとの相談でした。
大田区のマンションには、長男が住んでおり、長男の持ち家にしてあげたいとの相談です。
住宅ローンは長男が引き継がせたいとの意向であり、長男も了承していました。




当センターのご提案&お手伝い


大田区のマンションには父の住宅ローンが残っていることから、手続きをするにあたって、下記の方法を提案しました。

①長男が住宅ローンを組んで、父名義の大田区のマンションを購入し、売買代金で父の住宅ローンを完済する方法
 ※税理士に確認し、贈与税、譲渡所得税等の余計な税金が出ないよう売買価格を調整が必要
 ※親族間売買で住宅ローンを組んでくれる金融機関を見つけることが必要(大手銀行は親族間売買に積極的に融資をしてくれません)


②大田区のマンションを長男が分割弁済で父から購入し、分割弁済で受け取ったお金で父が住宅ローンの返済を続ける方法
 ※父が借りている金融機関への事前の根回しが必要

③大田区のマンションを長男が生前贈与(相続時精算課税制度を活用)を受け、住宅ローンは父が返済を続ける方法
 ※②と同上
 ※住宅ローンの返済資金を確保するために、子から父へのローン返済相当額の毎月の贈与が必要


結果


検討していただいた結果、
シンプルな①の方法をとることになりました。
親族間売買で住宅ローンを組んでくれる金融機関を当センターで見つけ、無事住宅ローンを組むことができました。
団体信用生命保険が任意加入であったため、団体信用生命保険代わりになる、保険料が安い、保険会社を紹介し、コストを抑えつつ、親族間売買を成立させることができ喜んでいただきました。
今後は、横浜の実家をどうするか、一緒に考えていくことになりました。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

リーガルエステートオフィシャルブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。