2012-11-09 14:08:36

第5430回「男はつらいよ全集 その48、寅次郎紅の花 リリー:浅丘ルリ子」(最終作)

テーマ:DVD

新稀少堂日記


 第5430回は、「男はつらいよ全集 その48、寅次郎紅の花 リリー:浅丘ルリ子」(最終作、1995年)です。今回で、「男はつらいよ」シリーズ全48作をブログで取り上げたことになります。それなりに長い旅でした・・・・。


「プロローグ 尋ね人欄」

 駅の依託切符販売所で、父と娘が話していました。「この寅って人、家出でもしたのかしら」、新聞を見ての感想でした。新聞の尋ね人欄に小さく書かれていました。「寅 みんなが心配している さくら」、そこを通りかかったのが、寅次郎(渥美清さん)でした、そのことを知らずに通り過ぎます・・・・。


「第1章 柴又にて:寅がボランティア?」

 くるまやでは、寅次郎の安否を気遣っていました。尋ね人欄に出したのも、1年ほど寅次郎が帰っていなかったからです。さくら(倍賞千恵子さん)は「こんな小さな記事じゃねえ」と言いますが、「寅さんは、新聞を読むのかね?」と混ぜっ返されます・・・・。


 そんな時に、阪神大震災でのボランティア活動がテレビで報道されていたのです。寅次郎らしき人物が映っています。やがて、あの四角い顔がドアップで・・・・。寅次郎が、神戸市長田区でボランティアをやっていたのです。ひとまずは安心なのですが・・・・。問題は、満男(吉岡秀隆さん)でした。


 泉ちゃん(後藤久美子さん)が上京したのです。「先輩、わたし結婚することになったんです。でも、その前に、先輩の考えを聞きたくって」、ですが、満男は好きだと言えませんでした。泉ちゃんは、先輩に「結婚なんかやめろよ」と言ってほしかったのですが・・・・。


「第2章 津山(岡山県)にて:満男の暴走」

 泉の結婚相手は、津山の旧家出身の医者でした。今は研修医ですが、将来は父親の跡を継ぐ予定になっています。もちろん、泉のママ(夏木マリさん)は、大喜びです・・・・。願ってもない縁談です。


 しかし、満男は暴走します。ここが伯父の寅次郎との違いですが、婚礼の車列に自動車を割り込ませたのです。もちろん、新郎側は激怒します。満男を袋叩きにした上、「今日の婚礼は中止じゃ!」と新郎の父親は激怒します。もちろん、泉のママも・・・・。


 満男は、靴メーカーに勤めていました。そんな社会人の満男が家出したのです。


「第3章 奄美大島にて:満男、リリーに出会う」

 リリー(浅丘ルリ子さん)は、不審な青年のことが気にかかります。自殺するのではないか・・・・。リリー持ち前の気風が、青年を自宅に招かせることになりました。「居候がいるけど、気持ちのいい人よ」、寅次郎のことでした・・・・。


 満男はリリーの顔を覚えていなかったのです。一方のリリーも、小さい頃の満男しか知りませんでした。こうして、不思議な三人の同居生活が始ります。もちろん、満男は会社にも自宅にも連絡を取ります。会社は、専務の計らいで年休扱いにしてくれていました。


 そんな時に、くるまやに泉ちゃんが訪れたのです。満男の滞在先を聞き出します。泉は、奄美大島(加計呂麻島)に飛びます・・・・。こうして、泉と満男がビーチで再会します。「先輩が好きよ!」、遍歴の果に、満男の恋が実った瞬間でした。


「第4章 柴又にて:リリーと寅次郎の旅立ち」

 満男は泉ちゃんを名古屋まで送ります。一方、寅次郎は久しぶりに柴又に帰ってきました。リリーを連れて・・・・。くるまやの居間で、リリーを迎えて楽しい会話が繰り広げられます。しかし、寅次郎の心ない一言によって、リリーは島へ帰ることを決意します。どこまでとは言わず、寅次郎はリリーを送ることにします。


 「男が女を送るということは、玄関口までのことよ」、口論しながらも愛し合ってる二人でした・・・・。


「エピローグ リリーからの手紙」

 寅次郎は、一週間ほど前に、リリーとケンカして、島を飛び出したそうです。リリーの手紙には、寅次郎への愛情がにじみ出ていました・・・・。


 こうして、全48作は終わります。ただ、山田洋次監督は、全50作で構想していたようです。

「第49作」・・・・ 満男シリーズの完結編、満男はついに泉ちゃんと結婚します。

「第50作」・・・・ 寅次郎は、幼稚園の用務員として働いていました(園長役には、黒柳徹子さんを予定していたそうです)。寅次郎は、園児たちとかくれんぼうをします。隠れた物置(?)で、静かに寅次郎は息を引き取ります・・・・。


(追記) 講談社版「寅さん」シリーズにつきましては、今回で完結です。一話ずつ書いたブログに興味がありましたら、お手数ですが、ブログトップ左側の"ブログ内検索"欄に、"つらいよ全集"と御入力ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kishodoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。