しおた和久ブログ

思い立ったことを書いていきます。


テーマ:
昨日からいわゆる9月議会が始まった。この9月に約一か月かけて何がメインかというと平成26年度の予算の使われ方を確認する決算議会である。そんな中でまず初日に議員全員が参加の会議での出来事・・・
 大きく3つあり7月に起きた大和田交差点付近の公共工事におけるクレーン車とバスの事故報告、児童発達支援センター建設予定地における発掘調査の延期の話、そして固定資産税等の賦課誤りに伴う全件調査の話。
 覚えている方も多いと思うが以前メディアを騒がせた税金を取りすぎていた(取らなさ過ぎていた案件も多数発覚)問題はまだ終わっていないんです。説明ではS45~59の増築・建築・駐車場に転換等がしっかり納税額に反映されていない、当時の担当者もいないということである。
 税金を取りすぎていた人には陳謝し返せる分(税法上)は返還する、この作業も大変である。しかしここで今まで正規の金額より今まで少なかった人への対応は今までの分は市のミスであることからさかのぼっての支払いは無いがこれからは正規の金額を出すという作業が思ったより時間がかかっているとのこと。確かに急に税金が上がるとなると普段の生活にも影響がでる。しかし公平性を保つためにも今までのことを陳謝し納得してもらえるようにしなければならない。今年度中の完了を目途に進めていくとのことであるが一刻も早く市民の不安を取り除かなければ。
 この一か月の中でもちろん一般質問もあり私個人は9月14日(月)の4番目になります。今回は図書館運営、自転車置き場の防犯対策、プレミアム商品券の運営、ふるさと納税、障がい者の避難誘導いついて行います。お時間ご都合がよろしければ傍聴を新座市議会は100席あります。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
新国立競技場の建設費の問題が言われていますが、若い世代はどのように感じているのであろうか。新しい建物ができるという単純な視点で・・・。「今は景気が悪いから」「お金が無いから」等の理由で納得するものでしょうか。景気が悪いなどは私が学生の頃からずっと言われてきて(どうしても比較がバブル経済期と比較されるので)いる。
 ここで自分自身のことを思い出してみた。私が中学生の頃はちょうど2002年のサッカーW杯のためのスタジアムを全国に建設する計画があり実際に当初の計画数より減ったが住んでいた街にもできた。10代の学生だった私は何とも思ってなかったと言えば違うが、予算がどれだけかかりその後どのくらいコストがかかるのか、それを誰が負担するのか。考えられなかっただろう。学校の先生が教えてくれても実感を持つことはなかっただろう。選挙権は来年引き下げられる、今まで以上に熱心に伝えることをしなければならない。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

早朝、5時46分・・・もちろんその瞬間は時間など気にもできなかったしまず何が起きているのかを理解する事もできなかった。震災発生後に当時中学生だった私は両親に「学校はいつから再開できるんだろう」と聞いたら「わからない」と返事が返ってきたのは覚えている。 私の実家は須磨、長田と隣接しているが比較的にライフラインは早く復旧したが通っていた学習塾のとなりの大型店は倒壊していた。テレビでは毎日のように死者数が増えていく・・・6434人が亡くなった。学校が再開されると他の地域から避難してきた生徒が自分のクラスにも合流、新学期の前には近所の公園に仮設住宅もできていた。

 その数年後に大学進学で上京した後にみる街並みは空港ができたり地下鉄の新しい路線が開通したりしている。今回の20年の報道で一番気になったのは神戸市民を当時を知らない人(震災後に生まれた、転入した)が半数近くになっているということである。よく「復興が進み記憶が風化してくる」などの話がでてくるが経験をしていない人が増えてきている。もちろん震災の教訓はいかされ建物の耐震化はいの一番に取り組まれ全国に広がるきっかけになった。新座市でもここにきて小・中学校をまず、そして他の施設、残されたのは市役所庁舎であり民間にも補助をしてきている。災害はいつ、どのような状況で発生するかわからないという事を経験した者が語り部として伝えていき、できる対策はしていきたい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 新座市内の小・中学校は明日より夏休みに入ります。 昼頃に学校帰りの子どもの「宿題多いしな~」「校長の話は長かった~」といった声(このあたりは昔と変わらないんですね)が聞こえてきました。

 ここで毎年国内で必ず発生してしまう水の事故についてであるが、この夏休みを前にして先日朝霞のワクワクドーム(現在休館中※理由は事故ではない)でも死亡事故、先月は秩父市の小学校のプールの授業中の死亡事故。

 県内でも事故が起きている中でこれまで以上のやりすぎ位の安全管理が必要だと考える。市内にも学校以外に小さな子どもに大好評の大和田プール、片山プールもある。私は上記にあげた事故が起きているということを周知するためにもまわりの大人の受け入れ体制の強化も大切だと考えている。小さな子どもは「ほんの少し」「本当の一瞬」目を離しても場所によっては危険と隣り合わせであり怪我につながることもある。

 6月の一般質問で監視員の増員についても発言をしたが、行政側はよく再発防止という方法をとる。何かおきてからでないと動きにくいからである。是非とも今後は事前対応をしてもらい、保護者も、子どもも海にプールに思いっきり良い思い出をつくる夏になって欲しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、一昨日と報道されてます長年にわたり税金(固定資産税・都市計画税)が多く徴収されていた事について、納税された方が時期的に多いのもあり、私にもたくさんの連絡をいただきました。もちろん内容は「うちは大丈夫なんだろうな?」ということです。

 まずこのような誤りがあってはなりませんが現状、新座市では毎年10件ほど発生している(新座市だけではないようですが)との説明がありました。この問題については市内全戸を調査するとのことですが市民の側からすると正解(正式な納税額)がわかりにくさがある。10万円と言われれば10万円、15万円と言われればそれが正解と受け取る、いわば大多数の市民の方が市を信じて納税しているのである。だからこそ税務行政だけでなく市政に対する信頼確保の為にも約6万戸の調査は早急な対応が求められる。

 今回問題になっているのは発覚する前に市民の方の自宅が公売により家を失ってしまっていることである。延滞金には利息がつくと雪だるま式に増えていき返済の力も意欲も低下してしまう。そうなる前に行政側は相談体制を・・・今後さらに充実させなければならない。

 市民税・県民税の通知が今きている時期であるが、もし不安なことがあれば相談できる人(もちろん市役所も)に声をかけてみるのも絶対に大切であるし、今後このようなことがあってはならない。

           

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ここのところテレビや雑誌でも先日、日本創成会議がだした消滅可能性の自治体(全部で896)の話がよくでてくる。もちろん自分の住んでいる街の事が気になるので確認は最初にしてあるが、名前は挙がって無かった。正直ほっとした気持ちもあるが、どうだろうか。
 現在30代の主婦の方(こどもは2人)と今日話をきいたら「本当はもう一人、二人欲しい」・・・これを聞いた次・・・「今の世の中じゃ簡単に子どもはつくるのは怖い」。
 よく一人の子どもを成人させるのに何千万・・・なんて話はありますけど、この女性の方はまさにこの経済的な心配が先にきてしまうと。
 最初にでてきた日本創成会議の話は20~39歳の女性人口の予想減少率からきているとのことであるが、女性にとって魅力のある街・・・強い街にはここがポイントなのだろうか。
 私が最初に飲食店を開業した時に何人かの人に言われた・・・女性がたくさん来てくれるようになれば良い店になる、女性のお店選びはシビアだという。これは住む場所も同じでか・・・以前不動産屋の知り合いが男性と女性では賃貸の部屋を決めるまでの内覧数は女性の方がたくさん見てから決める人が多いと言っていた(知人談)。
 どちらにせよ消滅などと少し物騒な言葉ではあるが逆に人口が増えるようにしていき、10、20、30年後に人口減少時代なんて言われてましたが、そうでは無かったとなっていなければ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

埼玉県で最近だと2年半前に川口市と鳩ヶ谷市が合併したのが記憶にも新しい。なぜ今日この話かと言うと川口市(旧鳩ヶ谷在住)、春日部市(旧庄和町在住)、久喜市(旧鷲宮町在住)の方とお話する機会があったからである。 ま、それぞれが自分の街の話をするわけでしたが驚いたのは上記の3人の共通している話が「市の予算は全部中心部に持っていかれた」、「合併して何が良かったのかわからない」ということ。3人ともくっついた他の街と比較すると吸収という言葉は使いたくないが人口比では少ない方の街になる。 もちろん予算は合併後の市議会でちゃんときめられているはずだが、不満のある市民も少なからずいるし↑の3人中3人もそうであった。 

 しかしこれはよその問題かというとそうではない。新座市でも同じ思いの人がいるはずで(実際に「こっちの地域は行政は誰も見てくれてない」なんて言葉を頂いた事も)、小さな声も汲み上げて

いかなければならない。ま、新座市はもともと新座町でその前(昭和30年まで)は大和田町と片山村という地名であった。今でも「大和田は~」「片山は~」という方もいらっしゃる。

 新座の合併は60年前の話で全くよその話かというと・・・10年以上この街にお住まいならご存知と思いますが朝霞、志木、新座、和光の4市で合併の話がありました。住民投票の末、この話は無くなったのですが、もし4市合併が行われていたら・・・どうなっていたんでしょうね。

 今、言えるのは16万人の住む新座市の行政サービスの地域格差の総点検は常に行われる必要があるということです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
お昼休みの時に控室で年配の女性が「孫か親戚の子が地方から来年新座市内の大学に進学するから賃貸アパートを探している」の様な相談をしていた。担当した者は不動産屋を訪ねたり、学校に相談するのも・・・などのアドバイスをしているのを聞いていて自分が高校を卒業する直前の事を思い出した。
 高校は三学期(1~3月)はあって無い様なもので、私は地元の先輩の家に1月末から2ヶ月ほど居候させて頂いた時期があった。 そこは八王子の駅からは少しはなれた場所であったが親元を離れた生活は初めてで何もかもが新鮮であった。もちろんお金はあまり無いのでスーパーでカップ麺を買って家でストーブのヤカンのお湯を入れて食べたりもしていた(ガスが無いアパートで、いわゆる風呂なしトイレは有るワンルーム)。 その先輩はお金無いのに中古で外車を買っていつもガソリンはE(エンプティー)の少し上かEのランプがついていた。 二人で引っ越しのアルバイトをして日払いで貰った給料で先輩のガソリンメーターが満タンになった時は私まで喜んでいた。
 私は大学が始まる前に新聞屋の寮(その販売店の元作業場だった所だったが・・)に入れたので、その先輩との生活は2ヶ月程であったが、一言でいうなら楽しかった。
 既に進路の決まった者は春が来るまで時間はたっぷりある、良い住まいが見つかる事を望みます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
宣伝、広告、昨今では方法も変わってきたかもしれない。テレビコマーシャル一つ取っても様変わりしてきた。インターネットの普及、テレビ離れも言われている。
 そんな中で先日電車に乗って目を引くものがあった・・・
$しおた和久ブログ
これは中刷り広告である。一瞬少し遠くから見ると何の宣伝なのか? スポンサー獲得ができずに鉄道会社が装飾の一つで飾っているのか? 気になって近づいてみると・・・・・・なるほど。
答えから言うとディズニーリゾートのクリスマスシリーズの広告であった。それも文字はごくごく最小。ま、デザインした側からすると私みたいな物は思うつぼだろう。 
しかしこんな場所にも気配りをしている所は感心する。私の周りをみてもディズニーランドやディズニーシーは一度行った人がまた行きたくなるらしい。 しかし先週から一気に寒さを感じる様になってきた。まさに広告の通り雪もそろそろ・・・こたつが欲しい。 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、学校公開日ということで地元の小学校に伺わせて頂いた。
$しおた和久ブログ
あいにく午前中は天気も良くない中たくさんの方が来られていた。年に何回あるかのこういった機会に我が子の学校生活を見学できる。こどもの立場からするとギャラリーがいる中でテンションもあがる子もいるだろうが、どう見ても見学者側の方が目がギラギラしている。
 ここで一つ気になったのが、公開授業はあくまで授業
で、授業中はフラッシュ有る無し関係なく撮影禁止とのこと。 確かに教師側からするとバンバンガシャガシャ撮影され続けられるとあまり良いものではないだろうしこどもも集中できないだろう。
 近年、携帯電話でも簡単に写真が撮れる様になってから画像というものが一気に身近になっている。しかし運動会や卒業式をみると一眼レフというのだろうか・・・高価なカメラも人気があるようだが、撮影禁止になったのは以前やりすぎ(授業の妨げになるくらい)た人がいたのだろうか・・・。
  
この学校を公開する取り組み、授業参観とはまた違う緊張がお互いにありとても良いものだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。