一段づつの祈り

テーマ:
植物屋 ジャルにできること。

第一段。(第一弾ではなく、、)

植物屋ジャルのブログ


コンビニをはじめ、街中にはもうたくさんの募金箱が
あって皆、感じる事はあると思います。


考えすぎたら、よりわからなくなるので
シンプルに最初の思いに立ち返る事にしています。


杉の間伐材でできた募金箱。


みつばちが、少しづつ、少しづつ蜜を
あつめるように、この募金箱にも
栄養たっぷりの皆様の愛があつまれば
いいなあと、願っています。


みなさまのご協力どうぞよろしくお願い致します。


集まった義援金は、
森林を愛する「スギダラケ倶楽部」 http://www.sugidara.jp/
を通じて、日本赤十字社におくります。


植物屋ジャルのブログ
AD

お見舞い

テーマ:
被災地の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
言葉がみつかりません。
一人でも多くの方が一刻も早く救済されること祈るばかりです。
今朝の新聞であらためて、被害状況、人々の様子を大きな写真をみると、
今自分がこの静かな朝を迎えた事さえ、
いたたまれない気持ちでいっぱいです。

これから自分達が何ができるか考えてみます。
AD
お客さまよりご友人の開店お祝いのアレンジを承りました

おめだい感じにと、紅白2色の花を咲かせる、伊丹市名産の南京桃をオススメしました。  

南京桃は、今から150年くらい前に中国から八重咲きの花桃が伝わり、伊丹で伝統的手法により誕生したものです。

今回は、個性的にいきたいとのご要望で、お客さまのアイデアもあり、南京桃の下にセダムなどの色鮮やかで個性的な形の多肉植物をアレンジさせていただきました。

植物屋ジャルのブログ

植物屋ジャルのブログ

植物屋ジャルのブログ

植物屋ジャルのブログ

当店では、お客さまのご要望やアイデアやご予算をお伺いし、そのシーン・目的にあった植物をコーディネートさせていただいております。もちろん全国配送OKです。

ご自宅用も、贈り物も、、お気軽にご相談ください。

一緒に素敵な植物の楽しみ方を探りましょう!!!
AD
3月8日は国際婦人デーです。

イタリアではこの日、男性が日ごろの感謝を込めて女性にミモザの花を贈るそうです。

そのため「ミモザの日」Festa Della Donnna!(フェスタデラドンナ)とも呼ばれ、この日を迎えると街中にミモザの花が見られるようになります。

フランスでもミモザは春を告げる花として親しまれており、「Borme les Mimosas(ボルム・レ・ミモザ)」というミモザ祭りが行われます。

JALのお隣のイタリアンレストラン「Porta Nuova」さんから、今年もお客さんに贈るためのミモザの花束のご注文いただきました。「Porta Nuova」さんは、石窯で焼いた美味し~いピザが食べられるお店です。感謝の気持ちが少しでも伝わるように心を込めて花束を作らせていただきました。

植物屋ジャルのブログ

植物屋ジャルのブログ