起業家 杉本宏之のアメブロ

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」著者・杉本宏之のブログ


テーマ:
今回被害に遭われた熊本の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

僕も個人として、会社として物資を届け、寄付をしました。
社員と力を合わせ、さらなる募金活動もしていますが、こんな時に自分に何が出来るのかを考えさせられます。

日本で生きていく限り、一生付きまとうであろう震災の恐怖。

予告も無く訪れる無慈悲な地震という名の悪魔と戦い、打ち克つには、準備を怠らないこと、そして助け合うことしかない。

多くの方が亡くなり、多くの残された方が深い悲しみと絶望に暮れていると思います。

私事で恐縮ですが、実は僕も一昨日、大切な先輩であり、友人だった人を突然失いました。

人生、経営、アート、色々な事を教わり、親子ほど歳の離れた僕を友人のように可愛がってくれました。

今日ばかりは深い悲しみに暮れています。

悲しみに暮れてばかりでも意味は無い。と理性で思っても、なかなか感情の整理はつきません。

しかし、残された我々の人生は続きます。
その刹那に故人へ、熊本へと想いを馳せ、今自分に出来る事をやるしかない。


{F345330C-8806-4737-B2CB-51CAECF3BB80}

彼が直前に納めてくれたアートを眺めていたら、胸に熱いものが込み上げて来ました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
弊社では昨年から今年に掛けて様々な取り組みを始めています。

⚪︎社内で部活動を奨励し、全社員何かしら入部する事を義務付けました。様々な意図がありますが、主旨としては趣味を生かして仕事にも繋げる取り組みです。

⚪︎福利厚生として一親等以内に要介護者、または重度障害者を抱える社員への補助金、そして出産から6年間ベビーシッター代の補助金支援を始めました。

⚪︎年2回の全社員で社員旅行(一回はハワイ)、大型連休の日数増加、更に決算賞与に加え、売り上げ新記録の時は全社員(アルバイト含)への1万円臨時支給を実施しました。

細かい事を挙げればキリがありませんが、会社としての生産性を上げる為には社員への還元を先に始めようというものでした。

よく経営においては、待遇改善が先か、売り上げを挙げる事が先か、鶏が先か卵が先か永遠に議論がなされていると感じます。

私もこの議論を終わらせたいと思いながらも、14年間迷い葛藤し、迷走を続けて来ました。

売り上げが下がれば弱気になり、売り上げが上がれば強気になり、まさしく躁鬱病のような葛藤を繰り返しながら14年間もの歳月を掛け、ようやく辿り着いた答えが

「社員の心からの笑顔が見たい」という結論でした。

様々な事情を抱え、一人一人にドラマがある人生。人生にも経営にも答えは無いのでしょうが、自分の信じた道を突き詰めて行きたい。

先ず1年間の結果は1億円近い利益が吹き飛ぶ試算でしたが、、過去最高の業績という形で返って来ました。社員への感謝はもちろんなのですが、それよりも大事なのはこれからです。

今は色々な要素が上手く組み合わさり、結果として良い方向に動いていますが、我々にはまだまだ様々な試練が待ち受けているでしょう。こんな簡単な訳がありません。

勝者には何もやるな。

しかし、いつかどこかに一つのゴールがある事を信じて共にゆっくりと走り続けたいと思います。

{E0745213-79B0-4FF8-9B99-41D5CA72D876}
新オフィスが完成しました。
皆様の訪問お待ちしております。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、起業家支援ファンドを運営するMAKOTOさんのトークイベントに登壇させて頂きました。


今回同社が組成するファンドは、倒産を経験した経営者の再起業に特化をした非常に珍しいファンドです。

そのファンドにエクイティを福島銀行さんが全額出資、投資先は福島県内へ本社を誘致し、優良ベンチャーへのハンズオン投資と融資をセットで提供するという画期的な試みです。

千三つと言われるベンチャー投資を銀行がやってのけ、そこに経済産業省が協賛し、福島県が設備投資に補助金を出しと、オールジャパンで福島復興に役立てる計画です。

日本も変わりつつあると改めて実感致しました。

米国では一度倒産を経験し、再起業をする率が47%に対し、日本は13%という統計がありますが、経済に適切な新陳代謝をもたらす為にも、この確率を上げていかなくてはなりません。

ドナルドトランプ、ヘンリーフォード、カーネルサンダース等、名前を挙げればキリが無いほど、米国には破産から再び立ち上がり、世界を代表する会社に育て上げた再起業家が多数います。

日本でも実は破産から立ち上がった経営者は多いのですが、独自の社会風潮もあり、表に出したがらない方もいるようです。

しかし、時代は変わりつつあります。日本に再起業家が多く登場し、倒産経験者にセカンドチャンスが与えられれば、産業振興とイノベーションに役立てると確信します。

それには確固たる論拠もあり、1回目の起業よりも2回目の起業では黒字決算になる確率が18%も上がっているそうです。

同じ道を再び行く訳ですから、当然と言えば当然の結果ですが、私の経験から考えても経験者の知見を生かす事は有用であり、我々グループで再起業家への投資も行なっています。

起業立国日本と言われる為には道程はまだまだ遠いですが、私達の復活劇が日本を少しでも元気付け、再起業を目指す方々に勇気を与える事が出来れば本望であり、それが復活を許容してくれた日本経済界、ひいては日本国に対しての恩返しと考えています。

{6B459D12-2B39-4954-8369-87D07DC488C6}

右より 経済産業省 石井課長、福島銀行 森川社長、第一号投資案件となった株式会社とことん荒井社長、ファンドを運用するMAKOTO竹井代表、クラウドワークス吉田社長








いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース