起業家 杉本宏之のアメブロ

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」著者・杉本宏之のブログ


テーマ:

旭化成建材の杭偽装問題が世を騒がしています。

デベロッパーとして、当社も対岸の火事とは捉えられない事件です。

三井不動産側は全棟建て替え、あるいは損害賠償で200億円程度の補償を見込んでいるようですが、住民の方の精神的な負担や実際の引っ越しに掛る時間や手間を考えると、それだけでは済まされない気もします。


我々のようなベンチャーデベロッパーは、こんな事があれば一発で会社は吹き飛んでしまいます。

しかし、大企業には大きな資本があります。

例えば三井不動産や三菱地所なら家賃収益だけで年間1000億円以上、自己資本は共に1兆5000億円を優に超えます。旭化成も自己資本は1兆円以上です。極論ですが、何もしなくてもこれだけの収入と資本があるので、200億円の補償をしても企業としてはびくともしないわけです。


そこに組織としての慢心が出て来てしまい、大企業病の一つになるのだと思います。

今回の事件の当事者達は、創業者や先人達が築き上げた資本と歴史の重みに想いを致す事が出来ていたのでしょうか。


東芝、ヴォルクスワーゲン、鹿島建設、そして旭化成

最近の相次ぐ大企業の不祥事は一部の悪意ある担当者の責任と言われています。


確かにそうなのでしょうが

今改めて思うことは、企業は人であり、法人と書く古来よりの意味に考えさせられます。

どんなに大企業になったとしても、仕事をするのは人間です。

杓子定規なマニュアルで固め、表層的な社会人としてのマナーやモラルばかりを教えるよりも、会社の理念や存在意義、そして人としてどうあるべきかを説く事がいかに大切かということ。

そして、希望を与えられない会社は人間と同じく衰退してしまうのだと強く危機感を感じました。


我々グループも果たして大企業になった時、同じような問題を抱えるのかも知れません。

ある一定の確率で必ず犯罪が生まれるように、撲滅することは難しいのかも知れません。


それでも会社は家であり、社員は家族である。

私達の家族はこうありたいと何度も伝えていきたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

早いもので今年も10月に入りました。

年々時間の流れが速く感じるようになるのは歳を重ねた証拠でしょうか。


さて、社内向けにもご報告なんですが

9月期の私達グループの売り上げが過去最高記録を塗り替えました。


関連会社も含め月間87部屋のマンションを自社販売させて頂き

設立から累計で3000戸、年間900戸、売り上げ200億円まであと一歩のところまで来ました。


しかし、数字は一つの指標に過ぎず、究極の目標と理念には成り得ません。

あくまでも一つの結果であり、それ以上でもそれ以下でも無く、新記録には特段何の感慨も達成感も無いのが正直な感想です。


決して社員の皆さんへの感謝や敬意、現場での労苦を忘れたわけではありません。

皆さんの直向きな姿が我々を突き動かし、あくなき執念と燃え滾る情熱の一つの要因になっているのは言うまでもありません。


一言で言い表すなら

お客様、社員、創業から支えて下さった皆様への感謝は結果を出し続ける事でお返ししなければ意味が無い。それが経営の厳しさであり、只ひたすらそう思い続けています




いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース