起業家 杉本宏之のアメブロ

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」著者・杉本宏之のブログ


テーマ:

私は経営者になってから、週3回ビジネスに意義のある会食をすると決めています。

つまり、起業をした24歳の時から数えると2200回以上の会食をしてきたことになります。


そこから生まれたビジネスの例を挙げれば切がありませんし、人脈、知識、見識、多くを会食の場で学ばせて頂いてきました。


今思い起こせば、マンションを買って頂いたお客様との出会い、企業のきっかけとなった出資者の方々との出会い、影響を受けた先輩方との出会い、会社の仲間達との出会い。


全ては会食から始まったと言っても過言ではありません。


しかし、ここで気を付けなければならない事があります。


会社が成長し、外部に目を向ける余裕が出来た経営者が陥り易いのが、居心地の良い会食が仕事のようになってしまい、毎晩深酒が続き、いつの間にか社内が疎かになって内部崩壊・・・というパターンです。


若くしてある程度の成功を収めれば、行くところに行けば毎回誉めそやされ、ちやほやされ、やもすれば自分を見失う事になります。


私も20代の頃に反省をする機会が多かったのですが、ここで大切なのは外部一辺倒の会食ではなく、いつも頑張ってくれている社員、お叱りや薫陶を頂ける先輩、プライベートの友人など、バランスのある会食が望ましいという事です。


このバランスを間違えず、何かを学ぼうという意識を持って臨む会食の効用は

「最もビジネスマンを成長させてくれる修行の場である」と確信しています。


pickerimage.jpg














いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日、オフィスでトイレ掃除をしているお姉さんがちょうど便器を磨いていたので

「いつも綺麗にして頂いてありがとうございます」

と声を掛けさせて頂きました。


すると、お姉さんは笑顔で

「こちらこそいつもありがとうございます」

と返事を返してくださいました。


何気ないやり取りだったのですが

「こちらこそいつもありがとうございます」という言葉に

凛としたプライドが見えたような気が致しました。


ふと我に返ると

最近自宅のトイレも自分で掃除をしていない事に気付き

翌日土曜日、早速便器を自分で掃除をしました。


妻は「旦那様、あら珍しいですね」

と訝しがりながら私の様子を見ていましたが笑


私は便器を磨きながら、会社を設立したての頃、先輩から教えられた言葉を思い出していました。

「下足番を命じられたら、日本一の下足番を目指せ。そうすれば誰も君を放っては置かぬ」

トイレ掃除も、下足番も、経営も実は基本は一緒なのだということです。


地道にやり続け、結果を出し続ければ、必ず社員もお客様も見ていてくださる。

逆に言えば慢心し、驕り高ぶり、現場を忘れれば必ず足元を掬われる。


それが経営者としての王道なのだと思います。



追伸

社員のみなさんからの寄せ書きが今年一番嬉しい誕生日プレゼントでした。

改めて感謝です。

pickerimage.jpg

pickerimage.jpg


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月25日38歳の誕生日を迎えました。

お蔭様で沢山の仲間にお祝いをして頂きました。


心より御礼申し上げます。


また、社員の皆様も色々とお気遣いありがとうございます。


IMG_3021.JPG


こうして誕生日をお祝いして頂いていると

より身が引き締まる想いです。


今の私は沢山の仲間、支援者に支えられています。


24歳の創業、上場、そして民事再生、二度目の創業。


5年前、薄暗い雑居ビルに4人で創業した時

誰も今の姿を想像出来なかったと思います。


「再びエスグラントを超える会社を創る」

この合言葉が当時の私達を支えた言葉ですが、もう必要は無くなりました。


感慨に耽っているわけではないのですが

改めて仲間達、相棒に感謝です。


初心を忘れず、お客様と社員の為

人生二度目の挑戦をやり遂げます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース